富士山登山の持ち物|とりあえずこれだけは用意しよ

富士山登山の持ち物|とりあえずこれだけは用意しよ

富士山登山の持ち物|とりあえずこれだけは用意

富士山登山の持ち物

これから富士山登山を目指す初心者登山者の方へ。
富士登山に必要な持ち物や装備、とりあえず持っていったほうが良い装備を山岳ガイドが紹介します。


富士登山の装備 これだけは必携です

登山装備の3点セット

登山靴・雨具・ザック(リュック)

富士山は小石や砂・ジャリの道が続きます。柔軟性のあるトレッキングシューズが無難です。
スニーカーでも可能ですが、必ず紐靴で、ランニングやトレイルランニング用が後悔しません。
ローカットの場合、砂が靴の中に入ってきますので、スパッツは必携かと思います。
雨具は、ゴムカッパでば、衣服が濡れてしまいますので、スポーツ用の汗を外に逃がす素材のもの。できれば登山用(ゴアテックスなど)がよいでしょう。
リュックは自宅にある遠足用?も可能ですが、登山用ザックは背中のフィット感や荷物の重心が上にくるように設計されていて、疲れにくい構造になっています。街用のリュックでは、防水性もなく、大きめだと持ち物が底のほうだけになって、後に引っ張られる感じがします。

※登山用装備が無い場合は、レンタルも手軽です。参考記事

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

 

帽子・手袋・サングラス・日焼け止め・UVリップ

富士登山の持ち物として、必携です。山では、寒いことも暑いことも想定しておかなければいけません。
帽子は夏用キャップのほかに、保温用のニット帽子などもリュックにいれておきます。
手袋は軍手よりも濡れても暖かい素材のものがよいでしょう。
山では紫外線もかなり強いです。サングラスのほかに、日焼け止めやリップクリーム(UVカット)もあったほうがいいでしょう。
けっこう下山してから、唇が紫に腫れてしまったなんてこともあります。

富士登山の防寒着

真夏といえども4000m近い場所は過酷です。リュックの持ち物の中に必携なのは、防寒具です。これは、保温という意味と、防風という意味が含まれます。
せっかくの暖かいフリースやセーターでも、風が吹けば寒いです。基本は、雨具が防寒となりますが、さらに、インナーダウンやウインドブロックの薄手のウインドブレーカーやソフトシェルなどが威力を発揮します。

 

水筒・マグボトル

行動中に必要な水分は摂取しましょう。水は山小屋で(高いですけど)販売しています。節約派なら、2Lくらいは持っていったほうがいいでしょうが、体力と相談してください。
また、お湯や温かいお茶、コーヒーなども威力を発揮します。山では暖かい飲み物を一口飲むだけでも、体力が回復するものです。

 

ヘッドライト

夜行登山をしなくても、持ち物として必携であるのがヘッドライトです。登山ではいろんな用途に使えますし、緊急用としても一つは用意しておきましょう。

 

ティッシュ・ビニール

水がないという山は意外に珍しいかもしれません。富士山では、水がないために不便なこともあります。鼻をかんだり、トイレなどではティッシュは必携です(ポケットティッシュは水に溶けません)。それに加え、ビニールも何枚かあったほうが便利です。ゴミ入れやイザというときに使えます。密封のジップロックがおすすめ。
ちなみに、リュックの中身は、基本的にビニールや防水ケースにいれて濡れても大丈夫なように処置しておきます。

 

登山中の行動食

登山中のエネルギー補給は重要ですので、もっていきます。糖分・塩分をバランスよく持っていきましょう。山小屋でラーメンなどを食べてもよいですが、ちょっとした休憩時に食べられるものを、ジップロックなどに小分けして持っていきましょう。
参考ページ

初心者登山の食料計画|山のおすすめ行動食

 

 

山で使うたくさんの小銭

小銭(100円玉)を多めに持っていきましょう。山で水や食べ物を買ったり、トイレのチップ、金剛杖の焼印代などで結構使います。

 

富士登山の持ち物 あったら便利

膝・腰を守るストック・サポートタイツ

体力や膝・腰の負担を軽減するアイテムとして、登山の世界ではもはや必須的なアイテムになっているストックとサポートタイツ。
ストックに関しては、T型のババくさい杖よりも、ストレートストックが、下りにも威力を発揮します。
長さと軽さを考慮しましょう。
サポートタイツに関しては、確かにテーピング効果や着圧を期待できますが、低酸素下での締め付けは、万人に有効ではなく、中にはタイツの締め付けがきつくて高山病を誘発しているのではないか?という事象が経験上あります。
なので、自分が高所に向いているのかも考慮して、選んでください。

もしものときのファーストエイド

富士山,登山,持ち物,富士登山,装備
基本的にもってきてほしいのですが、グループで一つあればOKです。ただし、各自で絆創膏などちょっとしたアイテムはもっておいたほうがいいでしょう。そのなかで、あったほうがいいのは、テーピングと目薬です。テーピングは、捻挫したりしたときの固定のほか、道具のトラブル(例えば靴底が剥がれたとか)にも有効です。
目薬はというと、富士山では森林がなく、上部は風が強いことがあります。砂ぼこりがひどく、目に入りやすいのです。おまけに水もまったくないので、目を洗うということが困難になってきます。仲間同士で使う場合は使い捨ての目薬もおすすめ。その他、カイロや湿布などあったらOK.エアーサロンパスはNG(くさい)。
そして、一番大事なのは、水!です。
怪我をしたとき、傷口を洗う、目を洗う、うがい、とにかく何かと使います。200ml程度でよいので、飲料以外の緊急用の水(未開封)を持っておきます

 

山小屋で眠るための快眠セット

山小屋で仮眠や宿泊を考えているなら、当然、夜中でもうるさい&明るい、ということを想定しておきましょう。
暗くて静かでないと眠れないなら、耳栓やアイマスクなど快眠アイテムを準備しておいたほうがいいですね。
布団の中にインナーシーツをいれると快適かもしれません。使い捨てボディタオルとかも。

 

富士山にかかる雨雲や雷をチェック

緊急のためにスマホは必要かもしれません。まぁ常識的に持っていく人が多数だと思います。
スマホは夏季は、ドコモ、AU、ソフトバンクともたいてい電波はつながります(中継局が夏だけ出張しています)。
なので、キャリアは問題ないのですが、気象サイトなどをみて小まめに雨雲などをチェックしましょう。
とくに、雷や強風などは急にやってきます。逃げ場がないことも想定できますので、慎重な行動をしてください

 

富士登山の不要な持ち物|それは無くてもいんじゃない?

富士山,登山,持ち物,富士登山,装備

アルコール

飲用アルコールですね。登頂祝いとか、そんなのは下山してからにしましょう(笑

 

無駄に多い食料類

まぁ自由ですが、山とお花見と混同している人もいます。富士山は日本一高い神域です。そんな思いで登ってほしいものです。

 

食べる酸素、飲むO2類のおまじない?!

うーん。まぁ使っていただいて結構ですが、これがあったから効果があった!というのをこれまで一度も聞いたことがありませんそれより、1日でも多くトレーニングしまよう。

 

スキー用ジャケットやダウンジャケット

防寒具として、まったく無用の長物です。細かく重ね着する方法でいきましょう。

 

調べつくした知識

はっきりいってこれが一番いらない。知識と情報を入れすぎて、予定した行動をしたとしましょう。
なにがそこに感動があるのか・・・
山は「思いもよらぬ」ことに感動するものです。

 

 

こちらの記事も参考に!

間違いだらけの富士登山|初心者が注意したい11の注意点
富士山登山できるかな?|富士登山初心者体力診断

登山・トレッキングの服装|基本がわかってないんじゃない!?

登山,服装,トレッキング,初心者,ウェア,ハイキング 山ガールや登山ブームでファッション性が先行していますが、実際の山登りの服装に対する基本って知ってますか?初心者など登山知識や経験がない方は、登山の服装、ウェアをどのようなものにすればよいのか分からないと思います。山岳ガイドという職業上、多くの時間を山にいますからあたりまえの服装ですが、まったく分から...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズ|おすすめメーカーで選んではいけない

登山靴はおすすめで選んではいけない 初心者というか、多くの登山経験者が、まず失敗する経験が多いのが、登山靴だろうと思います。店員のおすすめやクチコミ、あるいはデザインが良いという理由で買ってしまうものです。ガイドをやっているかく言う私も、何度も間違った登山靴やトレッキングシューズを買ってしまった経験があるからです。よって、初級者・初心...

≫続きを読む

登山のリュックとザック|違いや特徴と必要な容量知ってる?

リュック,ザック,違い,容量 はじめに山を登るときは、たいていリュックサックというもので歩く方が多いと思います。登山の世界では、あまりリュックという言葉を使うことはないです。そのかわりにザックという呼び方をして、特化された登山用バッグを使います。ザックの選び方については、こちらの記事を参考にしてくださいザックの選び方アレコレ|自...

≫続きを読む

レインウェアを買う前に|登山用の雨具の選び方

レインウェア,登山,おすすめ,アウトドア,ミズノモンベル 登山用のレインウェア、どんなものが良いのでしょうか?様々なブランドやメーカーからでている雨具ですが、最近は機能的なだけではなく、おしゃれなものが多くなってきています。選択を間違えないように選び方のポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山計画書と登山届|山の計画の立て方

登山計画書,登山届,登山計画, 登山をするにあたって、計画をたてることは、登山の楽しみのひとつでもあります。そして、登山計画を立てることによって登山全般の技術というのも上がるはずです。さらにたてた計画の登山届けを出すことによって、安全性もあがります。まずは楽しく計画を立てる。このことが大事だと思います。

≫続きを読む

登山の持ち物わからない!?|装備と道具

登山,持ち物,装備,道具,リスト ここでは、初心者向けに登山で必要な持ち物を紹介します。登山では、万一に備えてなんでも道具を持っていけばいいというものでもありません。当然装備がたくさん増えれば、荷物も重くなります。最小限の持ち物を用意してスマートに山歩きを楽しみましょう!

≫続きを読む

富士山登山の持ち物|とりあえずこれだけは用意しよ

富士山,登山,持ち物,富士登山,装備 これから富士山登山を目指す初心者登山者の方へ。富士登山に必要な持ち物や装備、とりあえず持っていったほうが良い装備を山岳ガイドが紹介します。

≫続きを読む

間違いだらけの富士登山|初心者が注意したい11の注意点

富士登山,富士山,登山,服装,初心者 毎年多くの人が登る富士山。山はやらなくても登りたい、富士登山はやってみたい、という人は後を絶ちません。山小屋にも泊まったことが無く、登山の装備や服装すらままならない、そんな方も多いかもしれません。現在情報やウェア・登山靴といったレンタル店の出現などで、登山スタイルもかなりよくなってはいますが、実際に...

≫続きを読む

初心者登山の食料計画|山のおすすめの行動食

登山,食料,食事,行動食 登山の食料事情も様変わりしてきました。山でたべるご飯としてより味・鮮度などにこだわった食事から、さらなる軽量化や簡素化されたアスリート行動食まで、たくさんあります。ここでは、初心者の登山者向けに、食料をどう考えるかを提案してみます。基本、日帰り、もしくは縦走などの持ち歩く食料・行動食です。

≫続きを読む

山でよく聞かれるガイド泣かせのあの質問|回答と本音

登山,質問,Q&A 山でさんざん聞かれる質問があります。毎回これに答えているのですが、参考のために記載してみます。これらを質問される方はやはり初心者の方が多く、要は安心したいのだと思います。質問するのは大いに結構なのですが、こればっかりは自分で経験するしかなさそうです。そして、まず自分で考える・行動をとることも大事だと...

≫続きを読む

富士山登山できるかな?|富士登山初心者体力診断

富士山,登山,富士登山,初心者 富士山にはじめて登るという富士登山初心者のための、勝手に体力適正診断。自己評価の参考にしてください。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内