雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)
じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。
ゴーグルへ
グローブへ
バラクラバへ

雪山装備の小物|特徴と失敗しない選び方

登山時のゴーグル

ゴーグルといえば、曇る!という悲鳴がつきものです(笑
いろんな方と歩いていて、ゴーグルが曇らない方のほうが少ないくらいです。後を振り返ると、真っ白に凍ったゴーグルをつけて、足元を探りながら歩いています。あと、ゴーグルが曇ったからといって、水中眼鏡を持ってきた方もいました。な、なるほど…じゃない(笑
そもそもゴーグルがなぜ曇るのでしょう?
内側が曇るのは汗です。外側が曇るのは息の蒸気と雪です。その他に、小屋の中などに入ると急激な気温差で曇ったりします。
外の曇りはいいとしても、内側は困り物です。いったん曇ると、現場で拭いたりするのが困難です。けっきょく曇ったまま歩くようなことになります。
ポイントは、ゴーグルはむやみやたらに装着しない!、が正解(笑
よほど風のあるときか、稜線からの下山時など、汗かかない状況でつけるのが良いです。それまではなるべくケースに入れて保護しておきます。ポケットや頭の上につけておかないこと。

雪山用ゴーグル

私は、スキー用のPOCのゴーグルをつかっています。2重の曇りにくい構造で、視界が広いゴーグルです。
曇りにくい構造&視界が広いレンズがベストです。
ファン付ゴーグルなどあるようですが、値段と使用チャンスと使えるかどうかを考慮してみてください。
あと登山用でレンズ面が皮膚から近いものがありましたが、これも曇りやすいのではないでしょうか。

 

 

サングラス

ちなみにサングラスは、一般的なスポーツサングラスでいいと思います。色が薄いと、晴れた日はまぶしいです。偏光レンズが理想ですがなしでもOKです。金属フレームはよろしくないです。最近はゴーグルのようなサングラスも登場していますね。防風性があるというか・・・。密閉すると曇ります。私はオークリーのサングラスを使っています。

 

雪山用グローブ

雪山ではグローブも悩ましいものです。
グローブは2重構造や3重構造、それらが一体になったもの(シングル)、などがあります。最近は3重構造でも2重になっているものが増えています。
シングルグローブなのか、2重グローブなのかは、インナーグローブも想定して、あまり複雑にならないようにしてください。
ピッケルなどを持ちますので、掌は革製かそれに類する素材のグローブがいいです。
グローブにはリーシュがついているものと付いていないものがあります。
リーシュはある意味便利ですが、ジャマなことも多々あります。
基本的にはグローブを外すときはジャケットの中に押し込む習慣をつけましょう。
いづれにしても、予備のグローブを必ず持って行きましょう

 

オーバーグローブの選び方

まず、暖かいものが前提です。グローブに書いてある気温は、あまり参考にはなりません。日本の雪山は湿度との戦いという面もあるのです。-5℃くらいでもかなり寒い時もあります。あとは、本人の寒さに対する感じ方です。
そしてフィット感。硬めのオーバーグローブは、指がやや曲がった形に成型されていますが、その状態で手が楽でないといけません。
また、フィットのズレもあるでしょうが、オーバーグローブをつけると、操作性が著しく低下します。指先がブカブカというのは困りますが、指先が当たるのはもっと悪いです。
防水性は欲しいところですが、真冬の積雪期はそれほどきにしなくていいでしょう。
できれば高山・厳冬季用と低山・春山用に分けておくとよいでしょう。
厳冬季用は、3フィンガーのミトングローブがおすすめです。指が温かいし、人差し指が使えるので、五本指と操作性はさほど変わりません。
春山用は防水素材の2重グローブやシングルグローブが良いです。昼前には雪が融けだしますので足回りも腕周りもずぶぬれ、なんてことも想定できます。

こちらの記事に詳しく雪山グローブの紹介も掲載しています

山グローブ・手袋の種類と選び方

 


ブラックダイアモンド ソロイストフィンガー
ソロイストロブスターの最新モデル。保温性と操作性の中立を目指したハイエンドな厳冬用グローブで、中身はプリマロフト、さらに防水透湿素材(BDRY)を採用。ナイロンシェルは4ウェイストレッチで掌はゴートレザーとケブラー補強。私もロブスターを使っていますが、指先の冷えも軽減され、操作性もよく、なによりお値段もお手ごろなので非常におすすめです

 


マウンテンハードウェア タイフォングローブ
これも使っています。2重構造のグローブです。ナイロンとゴートスキンのアウトドライ防水グローブです。操作性も動きも良い感じです。中はウール混紡のフィット感のあるインナーグローブがついています。保温性はソロイストほどではないので、厳冬期はちょっと寒いでしょう(人による)

バラクラバ・目出し帽子

雪山では必携です。軽アイゼンレベルの初級者では、バラクラバ同様に皮膚を出さないような組み合わせの帽子やマフラーなどをするように案内していますが、アイゼン&ピッケルの世界では、バラクラバが必須です。これ以上操作性の良い帽子はないからです。バラクラバならどれでもよいかというと、そうではなく、形と生地はチェックします。
形は、皮膚が出ないような形であることが条件です。スキー用などにみられるゴーグルの着用を想定したものは、ゴーグルの部分だけに丸穴が開いたものだったりします。凍傷で多いのは、鼻先や頬のほか、メガネフレームがあたるコメカミのところだったりします。サングラス着用時でも皮膚が露出しにくいものを選びましょう。
生地は普通にウールやフリースなどの保温素材でよいと思います。分厚すぎるものは必要なく、適度な薄さで良いでしょう。ヘルメットを着用する場合はそれも考慮しましょう。
なかなかバラクラバもレンズの曇りの問題や、低温時のゴムの伸びの問題など悩み多いアイテムですが、中には、部分ごとに生地を変えたりしてハイテクなアイテムも出てきています。
また、息が苦しい!という方におすすめなのは、鼻や口の部分が完全に穴が空いたタイプのネオプレーン系のバラクラバもあります。サングラスやゴーグルが曇らないという意味で、大いに有効なアイテムだと思います。

 


パタゴニア キャプリーン4バラクラバ
これが無難に使いやすいです。薄さも良いです。ただやはり低温で伸びます。

 


スマートウール バラクラバ
私も使っていますが、軽くて薄くてなかなか良いです。ただ激風があたるとちょっと痛いです。

 


マウンテンイクイップメント バラクラバ
パワーストレッチ素材の目出し帽子です。かなり気になります!

 


ホグロフス バラクラバ

 


ファイントラック バラクラバビーニー
いつも意表を突いてくれるファイントラック。ウールとポリエステルのミックスアイテムです。

雪山登山|初心者のための雪山入門教室 基礎知識編

雪山,冬山,初心者,準備,講習,講習会,知識,おすすめ 雪山・冬山は危険というイメージがあります。それは本当です。逆に言えば、危険だからこそ、行くのです。真っ白な厳しい自然の中に身を委ねたときに、そこから得られる感動という体験は、ある意味夏山を凌駕してしまいます。だからこそ、雪山の魅力にはまった人は「雪山こそ本物」と言えるのです。

≫続きを読む

雪山・冬山の服装U初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, 初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。夏山登山の基本の服装に関しては、登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編を確認してください。

≫続きを読む

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山,登山靴,冬山,選び方,重登山靴,ブーツ,革靴 雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ

≫続きを読む

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山,アイゼン,ピッケル,選び方,種類,冬山,講習,使い方 アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう

≫続きを読む

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山,ゴーグル,グローブ,バラクラバ,目出し帽,選び方, ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。ゴーグルへグローブへバラクラバへ

≫続きを読む

雪山でゴーグル・サングラスが曇る!傾向と対策

登山,雪山,ゴーグル,サングラス,曇る,凍る,方法 サングラスやゴーグルが曇ったり凍ったりして、もうどうにもこうにも着けていられない!っていう経験はありますか?雪山初心者ならずとも、この問題は切実ですので、ちょっと込み入った話を書いてみたいと思います。

≫続きを読む

間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

雪山,初心者,入門,あるある, 最近は山の経験も浅いのに、雪山を始める方も増えています。いきなり厳冬の八ヶ岳・赤岳なんかに登るかたも多いことでしょう。でも、登る前に、技術や全体的なことを身に着けておくことのほうがよっぽど大切だとは思いませんか?ガイドツアーでは、山に登る前に、富士山の講習会に来てもらうほうがすごくあとあと役に立つこ...

≫続きを読む

アイゼンの研ぎ方|丸くなった爪を自分で研いで見る

アイゼン,研ぎ方 アイゼンも数年使っているうちに、いつの間にか爪が丸くなってしまいます。丸くなったアイゼンは、雪山では危険です。定期的にチェックして、研いでおきたいもの。しかし、きれいに研いでくれるショップや知人がいない場合、自分で研がなくてはいけません。そこで、アイゼンの研ぎ方を紹介します

≫続きを読む

やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

雪山訓練,滑落停止,雪山,講習,講習会 冬場になるとあちらこちらで雪山の講習会が開かれます。そして、必ず目にする滑落停止訓練。参加者である雪山初心者たちが目指す、雪山講習会というのは滑落停止訓練のことだったの!?

≫続きを読む

富士山 雪山講習|初めての雪山・初心者ツアー

雪山,初心者,ツアー,講習,講習会,ガイド,アイゼン 2017-18初心者向け雪山講習会!富士山冬山初心者講習会のご案内

≫続きを読む

雪山!八ヶ岳 天狗岳登頂|初心者雪山講習

雪山,雪山講習,八ヶ岳,ツアー,天狗岳, 雪山 天狗岳八ヶ岳 雪山講習と天狗岳ツアーのご案内

≫続きを読む

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習 雪山 八ヶ岳 赤岳に登る赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です本格雪山では外せない山です。コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。初日にアイゼンの練習と確認講習をします初めての参加可能です。装備や経験・ご年齢などを考慮させていただき...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

北海道大沼駒ヶ岳の地図 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。体力について雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。天候や雪のコンディションなどによって左右されますコース自体はそれほど長いルートではありません。装備についてハーネスとヘルメットが必要となります...

≫続きを読む

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山!西穂登頂ツアー 冬の穂高へ雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 大同心稜

4/1(土)〜4/2(日)バリエーション 体力★★ 技術★★★★ 定員2名コース1日目:小淵沢駅又は茅野駅10:00くらい…美濃戸口…美濃戸…赤岳鉱泉2日目:…大同心稜…(横岳)…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…小淵沢駅または茅野駅15:00くらい宿泊 赤岳鉱泉(1夕1朝)ガイド料金40000...

≫続きを読む

雪山へのステップ|北アルプス 唐松岳

冬山、雪山の唐松岳登頂ツアー 北アルプスに登ってみたい北アルプスの唐松岳に登頂します。八方ゴンドラを乗りついで、八方尾根から頂上を目指します。初日は八方池山荘に泊まります。八方尾根上部がやや狭い稜線になっていますが、比較的初級者でも目指せるコースです。稜線からは、天候がよければすばらしい雪峰が姿を見せてくれるでしょう。体力・技術...

≫続きを読む

北アルプス 槍ヶ岳|めざす春山

北アルプス 槍ヶ岳登頂!3日間 2018/4/27(金)〜4/29(日)本格登山 体力★★★ 技術★★★ 定員3名程度 コース1日目:塩尻駅・新島々…沢渡(10:00)…上高地…槍沢ロッジ 宿泊2日目:…槍沢…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 宿泊3日目:…槍沢…上高地…沢渡…温泉入浴…新島々・塩尻...

≫続きを読む

北アルプス 白馬岳主稜|雪山バリエーション

雪山!春の白馬岳主稜のガイドツアー 春の白馬岳主稜へ!雪山バリエーションの殿堂。白馬主稜を目指します。このルートは雪山の経験が試される、とってもエキサイティングなコースです。一度は登って欲しいルートです。2泊3日の日程時間的な配慮から、登頂後に白馬山荘に宿泊して3日間のゆったり日程です。この時期ならではの北アルプスの醍醐味を味わいまし...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内