登山のグローブ・手袋|種類と選び方

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

山グローブ・手袋の種類と選び方

山のグローブ・手袋

グローブも、難しいですね。選び方が。
ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。
というのが現状です。
当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、
ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・
ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグローブ選びを考えたいと思います。

 

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒

グローブの基本も3レイヤー?!

そうですね。ウェアと一緒です。
いろいろな素材やらなんやら出回っていますが、手袋の場合も、発汗(アンダー)・保温(ミッド)・防風防水(アウター)というのを考慮します。
@インナー系の薄手の化繊手袋(ブレスサーモなど)
 ファイントラック、手袋、グローブ
肌着的な手袋。グローブを外すことなく細かい手作業用などに適している。保温性や撥水性。

 

Aストレッチ性にすぐれたフィット感のある手袋(ポーラテック系)
モンベル、手袋、グローブ ブラックダイヤモンド、手袋、グローブ
フィット感があり使いやすい。私もメインに使っています。防風性のウインドブロック仕様の手袋もあるがややゴワゴワしてくる。

 

B濡れても保温力のある予備アイテム(ウール系)
スマートウール、手袋、グローブ
ウール手袋は暖かいし風合いも良い。若干分厚くなるものが多い。

 

C防風性・防水性を重視したトレッキング専用(撥水ストレッチナイロン、ゴア)
イスカ、手袋、グローブ アクシーズクイン、手袋、グローブ
雨のときに有効。天気が良いときは真夏は暑くて使えないことも。予備のアウターとして使える。

 

D保温力を重視したインサレーショングローブ(ダウン・プリマロフト)
アウトドアリサーチ、手袋、グローブ ヘリテイジ、手袋、グローブ
空気を逃がさない!保温力に長けたグローブ。モコモコするので操作性がマイナスとなる。ミトンタイプが多い。

 

Eアウター専用(撥水ナイロン・ゴアテックス・ケブラー・革)
マジックマウンテン、ミトン、グローブ
アウターのナイロン生地だけのグローブ。すでに持っているインナーやミッドグローブと合わせる場合に便利。もし、インナーも買うつもりなら、一体型になっているモデルのほうが操作性など無難。

 

F冬季用2重グローブ
ノースフェース、手袋、グローブ ブラックダイヤモンド、ミトン、グローブ マムート、ミトン、オーバーグローブ
アウターの中に、独立した化繊やダウン・フリース素材のインナーグローブがセットもしくは一体になっている。5本指グローブのほかミトンタイプなどもある。

 

たいていはこれらの組み合わせです。
※クライミング用グローブを追加後記しました

 

要は手袋の組合せ

たとえば、夏山に使うものは、防風・撥水素材のナイロン1枚のものや、保温素材にグリップとなるナイロンを配したもの、薄型フリース素材など、これらは、用途に応じて使い分ければよいです。
これが、春秋になると、保温・防風・通気性のあるものが必要です。
つまり、グローブは二つは必要になります。保温・防風用のグローブと、晴天時の通気性のあるものです。気温が低かったり、風がある稜線などでは、晴天でもグローブがないと手が冷たくなります。かといって、ナイロングローブでは暑過ぎることもありますね。
冬場は当然分厚いオーバーグローブが必要になります。予備グローブも必要ですし、3つくらい持っていきます。迷うのは組み合わせかと思います。
手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒

雪山で使うオーバーグローブについて

ではこのオーバーグローブはどういうものがいいのか?です。
中綿とアウター(ゴアシェルなど)が一体になっているタイプとセパレートタイプがあります。
それも、超ゴッツいものから、簡単なスキー用の薄っぺらなものまでいろいろです。
冬季にどのような登山をするかにもよりますが、登攀でなければ、ひとまずは2層になっているセパレートタイプをオススメします。
雪山ではとくに、登山中に素手を出すということはやらないといわれています。
ちょっとした作業(靴ヒモだったりジッパーやベルクロ操作)を行うときに、慣れていないと、すぐに素手でやってしまいがちです。
本当は、オーバーグローブをつけたまま作業ができるというのがベストです。が、なかなか中高年の方などに、はじめからそれを要求してもむつかしいかもしれません。
なので、かならずアンダーグローブをしてもらい、オーバーをはずしても素手にならないようにしてください。(そして、本来ならば自宅でグローブをつけてアイゼン装着やジッパー上げ下げなどの練習をしてみることです)
このとき、場合によっては中のグローブが濡れたりしますので、予備としてウールなどのグローブももっておきます(ザックの奥にいれないこと)
また、グローブを置きっぱなしにして、風で飛ばされないように。(私は胸のジャケットのなかに突っ込んでおきます。リーシュを使う人はリーシュの癖をつけます)

アウトドアでの防寒レベルを確認(理解)

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒

たいていのオーバーグローブには、グローブの厚さによって対応温度というのが表示しています。
5℃〜-10℃ といったように。
でも、これ、あくまで目安です。湿気やボディのほうの防寒しだいで、寒さがもっと増すこともよくあります。また、人によっても差がありますし、サイズがきついと血行を阻害して冷たくなります。
はじめに書きましたが、グローブも一つですべてOKというものはないので、組み合わせや目的をしっかり考慮しましょう。
まずいのは、サイズだけ合わせて、対応温度すら見ずに買っている方も多いようです。そりゃ暖かいお店で試着すれば、寒さは感じませんが、、、、そこは、、、考えましょうw

五本指とミトンとどちらが良いのか?!

ミトンというのもあります。親指以外の4本が一体となったグローブですね。
操作性はほぼ、なしです。ドラエモンよりマシな程度(そういえばドラエモンはどうやってスイッチとか押してるんだ?)
ミトンの良いところは、なんといっても保温性です。指がグローブの中でくっついている、というのは、凍傷にたいするかなりの防御があります。最近はこのミトンの人差し指だけが独立したタイプが多く出回っています。グローブでの操作には限界がありますが、人差し指が開放されたミトンは、五本指グローブの限界近くまで操作性を向上させています。

グローブのサイズとフィットとデザインについて

以上のようなことを踏まえてある程度理想のグローブを決めますが、問題は、そのグローブが自分の手に合っているかどうかです。 もうね、これがもっとも難しいです。 グローブの良し悪しを言う前に、フィットが不可なら不可、、ですね。 特に冬季用のグローブは、サイズが合うかどうかが勝負です。(指先があたるのはNG) 人により、指の長さや太さ、大きさが変わっています。そのために、とくにアウターグローブに関しては、どれも大きめにつくっていますが、 それにより操作性が格別に悪くなったりします。 スリム化していれば、それだけ指の締め付けがあったりして血行阻害の可能性もあります。また、丈が短すぎると隙間ができてしまいます。 手のひらの補強がなければ、すぐに破れます。オーバーグローブのサイズは、インナーをどうするかによりますが、2重になっているものに関しては、中のインナーを取り替えて使うということもありえますので、その場合のサイズも考えましょう。
私の場合、基本はポーラーテックパワードライ系の手袋を通年を通して装備しています。 フィット感・操作性・保温性にすぐれた素材で、夏は防寒・春秋は常用。冬はインナーとしてつかっています。オーバーグローブに関しては、例えばマウンテンハードウェアのタイフォングローブを使っています。これは革製のソフトシェルアウターウール混紡のフリースグローブがセットされています。中をとりかえてパワードライにしたりしています。これで寒い場合は、ブラックダイヤモンドのソロイストロブスターを使います。こちらは人差し指が独立した3フィンガータイプのミトンで、インナーはプリマロフトの化繊がはいっていて暖かいし、操作性もよい感じです。サイズを大きめにして、さらにアンダー手袋をはめても余裕があるものにしています。春秋やクライミングなどではアイス用の薄めのオーバーグローブも使用します。

夏山ではクライミング用グローブが使いやすい

追加しますが、夏期はクライミング用のビレイグローブも使っています。 手のひら側が革製で、甲のほうがたいていメッシュになっています。ロープを使うことが多いので仕事ガラですが、ちょっとしたクサリや岩場でも使い良く、ボロボロになりにくいです。そして、なんといっても、カラビナを通せるほどの穴があいている(ものが多い)ので、ザックのウエストループ(ワタシのザックはたいていクライミング用なので、ウエストベルトの部分にカラビナをひっかけるループが付いています)にひっかけるだけで、歩きながら着脱ができるという便利さ。

足首のサポーターなんて要らない|キネシオテーピングで簡単に捻挫の予防

足首,サポーター,テーピイング,捻挫,予防 足首の捻挫は誰もが経験するところです。私は子供の頃から捻挫がクセになってしまい、今では足首がゆるゆるです。足首のカナメとなっている筋肉は、いったん伸びてしまうと、もとに戻らないそうです。それが原因で、筋力が落ちると、すぐに転んだりするとか・・足首のサポーターは他の部位とちがってちょっと厄介です。なぜ...

≫続きを読む

日本百名山を目指す人が注意したい10の登山スタイル

日本百名山,登山,おすすめ,リスト,一覧 日本百名山は90年〜2000年くらいに入って人気が急浮上しました。いまやTVのおかげで知らない人も少ないと思います。確かに選ばれた100山の一座一座を見てみると、どこも素晴らしい山が勢ぞろいしていて登る価値は絶大に思えます。しかし、です。百名山を目指している登山者というのを、私は登山経験者とはあまり...

≫続きを読む

膝痛を攻略する|スポーツ向け膝サポーター選び方

膝,サポーター,痛,登山 膝が痛い!そんな人はたくさんいることでしょう。私もそうですが…毎日サポーターをつけて仕事をすることも日常となったわけで、そんなサポーター生活者のために、今回は膝のサポーターについてクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

靴底の修理|かかとの修理を自分でやってみた

靴底,かかと,修理 靴底って、まずその多くのケースとしては、ソールのかかとがすり減ってきます。基本的に、かかとが減ってしまったら、他の部分が減っていなくても、張替えが基本です。でも、靴底ソールの張替えってだいたい10000円くらいはします。私の場合歩くのが職業なので、たいていは新しく買っているのですが、一般の方にしてみ...

≫続きを読む

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難,山の事故,遭難ニュース 山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。参考程度に!...

≫続きを読む

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

ヘッドライト,LEDライト,おすすめ,種類,ヘッドランプ,選び方, LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDの...

≫続きを読む

山の救急|登山で必要なファーストエイドの中身とは!?

ファーストエイドキット,登山,救急,装備,アウトドア,エマージェンシー 登山の標準装備としても、山でなくてもアウトドアでは必須のファーストエイド。万一怪我や負傷したときのエマージェンシーの最低限の装備として携行したいものですが、よくよく確認してみると、なんとも中身がお粗末なファーストエイドキットを持っている方が多いように思います。そこで、世のため、アウトドアのため、登山...

≫続きを読む

登山装備軽量化|山を快適に楽しむ8つのやり方

登山,装備,軽量化,中高年,荷物,軽い 登山をはじめたばかりの若者が増えつつある昨今ですが、装備がバッチリ決まっています。そして、その装備を担いでいるんだか、担がれているんだかわからないような重装備をした人もチラホラ。わかります、その気持ち、そしてもうちょっとすると、めっちゃ荷物担ぎすぎている自分に気づくことも…そう、登山と人生は、荷物が...

≫続きを読む

ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

ソフトシェル,選び方,ジャケット,おすすめ ソフトシェルとは?!アウトドアウェアにおいてソフトシェルというのは、いわゆる、ハードシェルの対比語で、ゴアテックスなどの防水素材がライナーされた防水防風のアウターに対し、動きやすさや通気性を重視したウェアのことを言います。おもにヨーロッパなどで広く使われ、日本でも大きなブームとなりました。確かにソフ...

≫続きを読む

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ

ハードシェル,ジャケット,ゴアテックス,H2No,選び方 ハードシェル、そう、多雨多湿の日本のアウトドア・山岳においてはなくてはならない存在です。ソフトシェルのノウハウを言う前に、まずはハードシェルです。撥水ではダメなんです。防水でなきゃ…ということで、ハードシェルの違いについて紹介します。

≫続きを読む

膝が痛い対策|ストック・サポーター・インソール・テーピングを使いこなす

膝,痛い,痛み,膝痛,登山,ストック,サポーター,インソール 膝・腰 予防アイテム膝がいきなりいたくなるもう10年以上まえのことですが、長い沢をワンデイで抜けて、冷え切った体でそのまま下山しはじめたときのことでした。突如、ヒザがピキン!と痛み出しました。それまでは、ヒザが痛いなんてことはなかったのですが。。 山に登って(登りまくって)いると、いつかやります、ヒ...

≫続きを読む

ストックの使い方|膝の衝撃予防とテクニカルな使い方を追及する

ストック,使い方,使用法,ポール,登山,膝 山を初めて20年以上、ガイドとして日々山を歩いている身として、ぶっちゃけた話をすると、膝が痛いです。もうこれは職業病です(私だけかも^^;で、ストックを使い出してからはもう随分とたつのですが、仕事柄、もっぱらダブルではなくシングルストッカーです。全国の膝痛ユーザーの皆様に、膝にかかる負担をいかにして...

≫続きを読む

登山での歩き方|膝が痛い・足が痛いなら裸足で歩け

登山道具,情報,選び方,方法まとめ,ガイド 一時期裸足で走る「裸足ランニング」というものが注目されました。山を登っていると、厚底の登山靴を履きなれてしまっていてそのクッション性に頼りきった歩き方をしている人を多々見かけます。歩き方の効率が悪いと、膝の痛み、かかとの痛み、足の故障などが起きる原因になります。アーチが崩れ、偏平足だったり、甲高であ...

≫続きを読む

山小屋で快適に眠るための10のルール|山小屋快眠法

山小屋,睡眠,眠れない,山,快眠,方法 山小屋において、「眠れない」という経験をする人が多いでしょう。寝る時間も早く、汗をかいたままでの不快な状態ではなかなか眠れません。特に夏季は人も混雑して騒音や暑さなどますます眠れない要素が増えてきます。今回は、山小屋でぐっすりと眠るための私が心がけている方法というかコツを紹介します

≫続きを読む

登山で使うヘルメットの選び方|ヘルメットを買うときのポイント

ヘルメット,選び方,違い,登山,おすすめ,山用 ここ数年で、登山者のヘルメット利用が増えてきました。登山者自体に安全意識が芽生えたこともありますが、県警や山小屋・遭難対策協会などが推奨してきたこともあります。北アルプスの槍・穂高連山や剱岳付近、後立山縦走路などでは危険な岩場が多く、ヘルメット姿の登山者も多いです。ということで、今回は、登山(バリエ...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

登山,登山靴,選び方,おすすめ,メーカー,トレッキングシューズ いろんなタイプ登山靴・トレッキングシューズ靴って、難しいですよね。サイズだけではなく、形やタイプもそれぞれ違うし、何を選んだらいいのでしょうね。ま、正直、「ピン!」ときたやつを選ぶのが、間違いないでしょう。と、言ってしまったら身も蓋もないので、私流の選び方を書きます。

≫続きを読む

登山靴のインソール・中敷きの選び方

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン 登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。

≫続きを読む

足が靴に当たって痛い|登山の靴擦れ・踝が痛い・外反母趾の予防と対策

靴擦れ,かかと,外反母趾,登山靴,痛い,指,踝が痛い 登山中、とくに下山時に、足(指、足の爪、かかと、踝(くるぶし)、外反母趾、脛)が痛くなったことは誰にでもあるはずです。外反母趾や足の幅が広い人だけでなくても、指・かかと・すねなどが硬い登山靴に当たって痛い! 踝が痛い!そんな経験はありますね。私もガイド中によくお客さんから、靴が当たって痛い、と言われ...

≫続きを読む

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ  ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒 山のグローブ・手袋グローブも、難しいですね。選び方が。ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。というのが現状です。当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグ...

≫続きを読む

登山には傘!山カサ〜♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山,傘,カサ,おすすめ,道具,装備, 山に傘は必要でしょうか?必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。でも、私は傘持ちガイドです^^傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します

≫続きを読む

登山で使うロープ|岩場で使うザイルの選び方

ロープ,ザイル,選び方,違い,登山,岩場 穂高縦走したい、剱岳のバリエーションにいってみたい、けれども持っていくロープはどれにしよう?クライミングをするわけではないけど、登山において、縦走や岩場、クサリ場でのちょっとした確保、岩稜のバリエーション、なとに使うロープ(ザイル)についてどのようにチョイスをしたら良いかのヒントになれば幸いです。(...

≫続きを読む

やってはいけなくない単独登山|ソロ登山で意識したいこと

登山,単独,ソロ,独り歩き,単独登山 単独登山に警鐘が鳴らされています。一方でソロ登山者も増えています。ソロ登山は危険なのか?やめたほうがいいのか?個人的に思うこと

≫続きを読む

雪山初心者に多い勘違い、それは…

雪山,冬山,リスク,初心者, 雪山を始める方がますます増えています。ガイドツアーにも問い合わせが多くきます。そこで思ったことを書いてみます。

≫続きを読む

自作の虫避けスプレー!天然ハーブの虫除けアロマの作り方!

虫除け,スプレー,ハーブ,作り方,天然,アロマオイル 虫除けスプレーを天然アロマオイルの精油を使って作ってみました。今までは、パーフェクトポーションという天然ハーブの虫除けスプレーを買っていましたが、特に夏はけっこうな頻度で使うので、すぐになくなります。実際に作ったほうが量産&安上がりです。そして、デング熱も流行ってますし、子供の虫除け対策としても今後...

≫続きを読む

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

登山用品,レンタル,富士山,初心者,おすすめ 登山用品のレンタルショップが富士山を筆頭に全国であちこちにできています。道具を買わずに、レンタルの装備を使って危険な山に登る登山者・・・知識不足、経験不足で入山して・・・事故につながりやすいのでは!?そんな意見もあろうかと思います。私個人としての感想です。 

≫続きを読む

海外登山アレコレ

海外登山を目指す方への提案です。

≫続きを読む

山の安全・何が安全|山に登って思うこと

山岳ガイド,登山,安全,事故,山岳事故,対策 登山の安全について山は1000回登ったら、1000回とも違う経験をします山登りをずっと楽しむためには、事故を起こさないに越したことはありません。しかし、絶対安全などということはありえないでしょう。山に登る以上危険はつきものなのです。では、わざわざそんなリスクを冒してまで行かなければいい。そう思われる...

≫続きを読む

登山・山岳ガイドになる!|その前に知っておきたいこと

登山ブームの煽りを受けて、ガイド需要も高まっています。その中で、ガイドを職業として志望する方々も増えてくるのではないでしょうか。私も山に登っていて、毎日のように「ガイド」という言葉を耳にします(良きも悪きも)それだけ山の世界では目立つ存在なのでしょうか。しかし、職業というものは(ガイドに限らずに)一...

≫続きを読む

山岳ガイドと登山ガイド どう違うの?|ガイド資格とスキル

登山ガイド,山岳ガイド,違い,資格 山岳ガイドと登山ガイド、呼び方は違うけど、実際になにが違うのか?そしてその違いや資格の取得について簡単にご説明します。

≫続きを読む

山ウェアのアレコレ|長持ちする服や修理・メンテナンス

登山ウェア,リペア,長持ち,選び方,修理 登山や私生活で着ているアウトドアウェア。値段はそこそこ高いのですが、以外に長持ちします。これらのウェアを振り返って、使い込んだものは結果どうなのかを書いてみたいと思います

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内