最軽量の極薄ソフトシェル|パタゴニア フーディニ


今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。
実にいい!
ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心地が極上のシェルジャケット。ソフトシェル!? な、なるほど…。
ただ、一度着るとその良さがわかりますが使うタイミングがマッチすれば、本当に快適そのものです。アルパインフーディニも登場したのでチェックしてみます!

フーディニ・ジャケット

山でも日常でも着心地抜群!フーディニ・ジャケット

パタゴニアのフーディニジャケット
ソフトシェルなのですが、使いやすくて実にいい!というのが率直な感想。
ウィンドブレイカーという概念をくつがえす一品です。
最新モデルは料金も抑えられました。
わずか113gという驚異的な軽さのソフトシェルジャケットだそうです。
ナイロン生地は透けて見えるほどの極薄素材です。着た感じはサラサラした風合いで、あったかいです。
なのに透湿性が抜群!
パタゴニアのフーディニジャケット
生地はこの薄さにしては丈夫です(引き裂きには注意)。チェストポケットに本体を丸め込んでコンパクトになるので、もっぱら予備装備としてザックに忍ばせています。簡単な日帰りアウトドアなんかにもピッタリです。

 

フーディニとアルパインフーディニの違い

フーディニは、これでもソフトシェルジャケットです。撥水性と防風性をもたせつつ、通気性と動きやすさがピカイチです。
一方、後発のアルパインフーディニジャケットのほうは、準ハードシェルです。ソフトシェル素材の生地を、防水ラミネートしさらに縫い目をシーリングしてあります。ただし、これによって通気性が失われます。よって、万一のサブアイテム的な位置づけで「準」ハードシェルなわけです。
【詳しい比較はブログのほうに掲載しています】

パタゴニア アルパインフーディニとフーディニの違い|今後の雨具のあり方

 

フーディニ・ジャケットとフーディニエア


2019年から、フーディニとエアシェッドをブレンドしたフーディニエア ジャケットも出ました。
こちらは長時間・フル活用するような状況を想定しています。
詳しくはブログの記事に記載していますので参考に!

 

 

パタゴニア

パタゴニアのレインウェアの選び方|トレントシェル・クラウドリッジ・レインシャドー...

パタゴニア,トレントシェル,レインウェア,レインシャドー,クラウドリッジ,ジャケット パタゴニアのレインウェア、トレントシェルの紹介です。2019パタゴニアでは、山用夏用レインウェアとして、トレントシェルジャケットと、ストレッチレインシャドージャケット そしてクラウドリッジジャケットの3種類となっています。※2019年編集

≫続きを読む

レビュー|パタゴニア フーディニジャケット

パタゴニア,フーディニ,フーディニエア,ジャケット 今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。実にいい!ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心...

≫続きを読む

パタゴニアのキャプリーンが新しい|新モデルの違いと選び方

パタゴニア,キャプリーン,おすすめ,アンダー,ベースレイヤー パタゴニアの化繊アンダーウェアであるキャプリーンがリニューアルしました。従来までのキャプリーン1・2・3・4というナンバー表記から、デイリー・ライトウェイト・ミッドウェイト・サーマルウェイトという名前になったんだけど…!

≫続きを読む

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

パタゴニア,R1,R1フーディ,プルオーバー,フリース,ジャケット R1といえば、私個人としては、もういまさら言うまでも無いほどの、基本的なウェアです。山にはR1(あるいはR1フーディ)、至極当然系です♪ パタゴニアのフリースでも一番目に選ぶのはR1でしょう

≫続きを読む

パタゴニアのザック|アセンジョニストパック ナイントレイルズパック

パタゴニアのアセンジョニストパック・アーバーパック パタゴニアのザックを愛用しています。アルパインザックのアセンジョニストパック、そして夏山登山向けのナイントレイルズパックなどを紹介します。

≫続きを読む

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース スタイルに合わせてシェルが決まるジャケットの基本はハードシェルです。山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハ...

≫続きを読む

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェルソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビ...

≫続きを読む

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。ナノパフが出たときは革命的だと感じていたので...

≫続きを読む

ガイドがナノパフを選ぶ理由|パタゴニアの先鋭ウェア

ナノパフ,パタゴニア,フーディ,ジャケット,プルオーバー ナノパフがなぜ高い評価を得ているのか?ナノパフの評価は発売当初から高く、クライマーのみならず、どんなアウトドアでも使いやすいウェアです。化繊インサレーションというカテゴリにはいりますが、ここではあえて、ナノパフにだけクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

パタゴニアR2ジャケット|ハイブリッド化したフリースの底力

パタゴニア,R2,ジャケット,フリース,メンズ,レディース 2014年R2ジャケットフリースはいっそうのハイブリッド構造と、ポーラテックサーマルプロの採用、テクニカルなカットによる着心地、親指用ループ、細身のジッパーなどにより、さらに進化しています。ハイブリッド化したR2ジャケットの底力はじめてR2を買ったときは、冬場はもうずーっと普段から着ていました。それ...

≫続きを読む

パタゴニアのダウンセーター|選び方・使い方

パタゴニア,ダウンセーター,ベスト,インナーダウン パタゴニアのダウンセーターは高い保温力!そして軽量コンパクトナノパフも推奨しておりますが、それは、ダウンセーター(インナーダウン)がダメだというわけではありません。羽毛の持つ保温力とロフト力において、あったかさと携帯性はピカイチです。私がガイディング中は、確実に寒いコンディションが予想された場合は、...

≫続きを読む

究極的|パタゴニアのウルトラライトダウンジャケット

パタゴニア,ウルトラライトダウン,ダウンジャケット,ウルトラライト パタゴニアのダウンジャケットのなかでも究極的ともいえるウルトラライトダウンジャケット。フーディやベストなどウルトラライトダウンのラインナップが揃っています。極めて軽量、薄型のミニマリスト御用達のハイエンドウェアです。インナーダウンという枠を超えてオールラウンドに使えるモデル。ダウンにおいては、その素...

≫続きを読む

着心地満点!パタゴニアの新しいメリノベースレイヤーが気持ちいい!

パタゴニア,メリノ,ウール,ベースレイヤー,アンダーウェア チクチクがイヤなら「メリノ」にしようパタゴニアのメリノウールを使用したアンダーウェアー。私はとにかくウールのチクチクが大キライで、ウール製品の肌着なんか眼中にありませんでした。が、近年の開発技術というのはすごくて、このパタゴニアのメリノウールも、ほとんどチクチク感を感じないスグレモノに仕上がっていま...

≫続きを読む

パタゴニア R3とR4ジャケット!違いと評価

パタゴニア,R3,R4,フリース,ジャケット,評価,口コミ,レビュー R3ジャケット R4ジャケット  (`ー´)R3 R4といったフリースは生地が厚く保温力が高いために、発汗が激しい状況では不向きといえますが、厳冬期の稜線縦走や、停滞時の装備として威力を発揮します。また、釣りやキャンプといったフィールドでは、むしろ、暖かくて重宝するでしょう。ダウンなどのようにモコモ...

≫続きを読む