登山靴のインソールで快適な山歩きを楽しむために

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン

登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?
膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!
ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。


インソールについて知る

登山靴はいい物を買っておきながら、その中敷きを換えていない方がほとんどではないでしょうか?
なにしろ、登山靴だけでも高価だし、店頭に並ぶインソールは高いものばかり…
しかし、もし、膝が痛いとか、登山中に足の裏が痛い、などのトラブルがあるようだったら、中敷きを交換することをオススメします。ストックやサポーターと同様、インソールも重要なサポート道具であることを今一度確認しましょう!

 

ご自身の登山靴に標準装備してあるインソールを出してみてください。
たいていは、薄っぺらいお粗末なものが入っていると思います。
何万歩も歩くのに、衝撃を耐えるとはいい難いシロモノばかりです(いい過ぎ!?)
軽量で履き心地がよく、動きも自在なハイテクな登山靴なのに、
なぜインソールがビミョウなのか!?
そこにお金を掛けても誰も見ないしコストも上がるだけだし…(ボソ
だからこそ必要なのです。

おすすめインソールベスト

ソールの種類がメーカーによって様々ですが、いくつか使えるものをピックアップし、その特徴と対策症状をまとめてみます。

 

モントレイル エンデュロソール|熱成型と肉厚な素材

適応効果
【膝が痛い】【土踏まずを守る】【指先や指の付け根が痛い】【衝撃吸収】
特徴
大きな特徴の一つとして、熱により自分の足の形状にフィットしていくので、どんな足型にも合います。
そのまま使うより、オーブンで暖めて履くとすぐにフィットします
そのため、バランスのない歩き方をしている場合、その崩れたフォームに形成されるという点も考慮にいれなければなりません。
さらに、プラスチック製の土踏まずの深めのアーチがついています。
アーチに関しては高めで、ハイアーチ気味の人におすすめ。
かかとには衝撃吸収のゴム素材
ソールの厚さがかなり厚いので、歩きすぎによる指先や指の付け根にくる痛みの緩和にも有効です
このソールは私が最も愛用しているソールで、歩き方に偏りがないような場合は大いに有効といえます。
ソールは2種類ありますが、厚みが違います。
エンデューロソールは6mm、エンデューロソールLPは5mmとなっています。
エンデューロソールのほうは厚みがあって登山靴向け。エンデューロソールLPのほうは、甲の低い登山靴やライトトレッキングシューズなどに向いています
とはいえ、かなり厚みがあるためにシューズの履き合わせに確認が必要です。
 
エンデュロソールとエンデュロソールLP

 

ソフソールFIT|アーチの高さが選べる!

適応効果
【膝が痛い】【土踏まずを守る】【歩き方が悪い】【フリクション】
特徴
ソフソールにはいくつか種類が出ていますが、アーチをメインにサポートしたソフソールFITがおすすめ。
こちらは、アーチサポートに3種類(ハイアーチ3.3cm・ニュートラル3.0cm・ローアーチ2.8cm)あって、人によって違う土踏まずの深さを選ぶことができます。
クッション性というよりも、適度に調整されたEVAフォームの硬さによって踏み込むときの力の入り方が理想的となっています。
厚みは公表されていませんが、おそらく4mmです。
ヒールから全体に加重がかかるように設計されています。
自分のアーチの高さがわからない場合は、販売店などにテスターがあるのでそれを試してみるのがよいでしょう。
 

 

 

スペンコ インソール|甲高の人向けの薄型も良い!

適応効果
【膝が痛い】【土踏まずを守る】【歩き方が悪い】【衝撃吸収】【かかと矯正】
スペンコといえば、別の記事でセカンドスキンという靴擦れや外反母趾対策のシートを紹介しましたが、インソールもかなり優秀です。
スペンコのインソールの中でも、登山・トレッキング向けのインソールを紹介します。

アースバウンド・インソール(Spenco Earthbound Insole)|登山用

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン
スペンコのインソールの中でも登山・アウトドア仕様なタイプのインソールです。
通気性のよい気泡のある多孔質のベースに、よく見るとアーチサポートとカカトと中心部・側部に衝撃吸収剤がはいっています。
指の付け根部には衝撃を和らげるクラッシュパッド。そして深めのヒールカップがかかとのブレをなくします。
ご自身の足にピッタリと合えばけっこう最強ですよ♪

トータルサポートティンインソール|甲高の人や狭いシューズにはこれ!

 
アースバウンドインソールとデザインは基本同じですが、薄型・軽量・ソフトになっています。
厚みが掲載してないのですが、恐らく2mm以下です。
ヒールカップの部分はアースバウンドに比べ若干柔らかい素材です。甲高の足や、ローカットシューズやトレランシューズなど厚いインソールを入れると窮屈な場合は、最適です。
また、クッション部分がハニカム構造の中空素材になっています。
インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン
カカトの赤いハニカムは硬め、青いハニカムは柔らかめでかなり緻密な構造をしています。

ショックドクター|カカトサポートで歩行の矯正

適応効果
【膝が痛い】【土踏まずを守る】【歩き方が悪い】【衝撃吸収】【かかと矯正】
特徴

ショックドクター SP0991 SP0972

私の場合、上記二つよりも効果が期待できませんでした。しかし、定評があり、歩き方に偏りがあるような方にはおすすめできます。
これも数種類がありますが、上位2種のSP0991とSP0972が良いです。
972は薄型で、トレランシューズなどに使うアスリートモデル登山には972の標準の厚さのモデルが合うと思います。
土踏まずの保護アーチに加え、衝撃吸収サポートが各所についています。
そしてなんといっても、かかとの形状。カップのようにすっぽりとカバーして、かかとを守ると同時に、歩行の矯正ができるというシロモノです。(なるほど!だからドクターなんだ)
エンデュロソールのように熱形状の場合、歩き方が悪いままで形状されますので、歩行により膝痛などが起こる場合はこちらのほうが有効ということになります
ただし、ソール表面にビミョウな凹凸がありますので、しっかりフィットしてないと、かえって違和感があるでしょう。

 
ショックドクターSP0991(左)と SP0972(右)

 

スーパーフィート|医学的に基づく開発で種類豊富

適応効果
【膝が痛い】【歩き方が悪い】【かかと矯正】
特徴
米国生まれの医学的に開発を続ける専門メーカーで、インソールは数十種にのぼる。雪山用のアウトラストを配したレッドボットなど、他ではみないようなオリジナルのインソールも多いです。性能は色分けされています。
登山用はおもにグリーンとワイドグリーン
シリーズ中もっとも衝撃吸収性が高く、また、ヒールカップも深めでかかとを保護しています。専用の衝撃吸収素材はないが、ソール自体が独自の素材でできています。
アーチがいまひとつなのが残念ではあります。
私はレッドホットを雪山靴で使っていましたが、保温効果は格別でした。
アーチサポートは上記ソールほどではないがフィット感は悪くは無いです。

  

スーパーフィート グリーン/ワイドグリーン/レッドホット

 

シダスインソール(SIDAS)|ラインナップが幅広いオールラウンド

適応効果
【膝が痛い】【土踏まずを守る】【歩き方が悪い】【衝撃吸収】【かかと矯正】 
特徴
最近人気急上昇のシダスインソールは、かかとの衝撃吸収とかかとを包み込むようなフィットデザイン、アーチサポートの効果により靴擦れや疲労軽減、骨格の安定感を上げて持久力アップさせるのが主な特徴です。
種類には登山向けには厚みのあるアウトドア3D・クッション3D、もしくはラン3D・ウォークプラスがおすすめ。他ラン・トレラン向けや1.8mm厚の極めて薄いソールも揃う。

アウトドア3D


カカトの衝撃ジェル素材、アーチサポートはノーマルな高さだと思います。表面生地にはソフトなマイクロファイバーを採用。さらに、前足部には、有機オイルから作られたという軽量衝撃吸収素材が張ってあります。4mm厚

ラン3D

 



ランニング用のソールです。厚さは4mm厚。従来のクッション材に40%の反発効果をもたらすオーソライトx40を採用。カカトとアーチ部の立体形状はフォームをしっかりサポートしてくれます。

ウォークプラス

 


こちらは6mmで厚めのインソール。こちらには衝撃ジェルはありませんが、低反発素材を採用しています。後部には熱成形素材、上前面に抗菌防臭素材がはいっています。

雪山登山に最適なインソール

ぺダック ビバ ウィンター

適応効果
【暖かい】【膝が痛い】【土踏まずを守る】【指先や指の付け根が痛い】【衝撃吸収】
特徴
これ、アマゾンで見つけました。すごくいいです!上記のレッドホットより快適でした。
私は足が冷え性で、雪山ではどんなにぶ厚いブーツでも、足先が冷えてきます。このソールを見つけてからは、かなり改善しています。
表面はウールになっていて、他のノーマルなソールよりも暖かく感じます。
しかもそれだけじゃありません。
中には銀色の三層断熱構シールドが張り合わせてあり冷気をシャットアウトします。
そして、最高の形状。土踏まずアーチが絶妙によいです。
かかとには衝撃吸収パッドもあります。
APMA(アメリカ足病学医師協会)認定製品、だそうです。
形もよくて、マムートのシューズにはすっぽりとはまります(取り出すのがたいへん)
※ウールが若干滑りやすいため、登攀系な登りの場合はフリクションが落ちることは注意が必要です。

 


ぺダック ビバ ウィンター

選ぶときの注意点

中敷きをあとから購入する場合、そのサイズや厚さにおいて、シューズのフィットが合わなくなる可能性があります。かならず履き合わせを確認したほうがいいでしょう。
そもそも、登山靴を買うときに、セットで買うというのがベストです。