登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ

ヘッドライトのおすすめと選び方、種類

LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?
従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDのヘッドライトが出回っています。そして高照度化が進み、ものすごく明るくなっています。でも明るいだけが優れたヘッドライトではありません。登山用のヘッドライトはどんなものがよいのか? 種類が多くて分かりにくいという方に、その選び方を紹介します。


正しいヘッドライトの選び方

売れているヘッドライト(ヘッドランプ)をみていましても、どうも高照度というものが人気があるようです。
最近は1000ルーメンを超えるようなシロモノまであります。もう車のライトのような感じですね。
これら高照度ブームは一般的なのですが、登山用ともなると、ちょっと視点が違います。

 

超高照度時代

いまや100ルーメンなんてあたりまえ、200ルーメンですらすごく明るいとはいえず(比較で)、500ルーメン、1000ルーメン、なかには数千ルーメンなんていうLEDヘッドライトが出回っています。
どんだけ明るいんだか…
確かに暗闇で明るければ、それだけ安心感もうまれ、気持ちに余裕ができますよね。

4000ルーメンというフレコミの高輝度のヘッドライト

 

高照度ライトの盲点

それはいいんですけど、ちょっと考えてください。
山とはいえ、他の登山者もいます。
山小屋でトイレにいくのに1000ルーメンの光で照らされた日には…目つぶし攻撃ですよね。
※意識しない人って、かならずヘッドライトで人の顔を照射しませんか?たいてい山小屋の夜のトイレでそんなオジサンオバサンがよくいたりします(笑
テントでも同じで、夜にテントが高照度で照らされたら気持ちがいいとはおもえません。
さらに、視界が10mもないようなガスの中ではどうでしょうか?
いくら300m先が見通せるというハイパワーライトがあったとしても、、、見えるのは10m先の白いモヤモヤです(笑

 

さて、そんなわけで、少なくとも、日本の山では明るさのみに走る必要もないのではないのかな、と思えてなりません。

 

山で使うヘッドライトの条件

高照度であることに越したことはないのですが、その前に、登山装備としてのヘッドライトの条件を私なりにつけてみました。
登山用のヘッドランプは、たとえ小屋泊まりや日帰りでも必ず万一のために持ち歩くという装備です。万一にも役に立つ条件が必要ということです。

ヘッドライト自体が軽量でシンプル

いまさらですが必須条件です。常に登山中に使うかというと、基本的にあまり使わないというほうが多いかもしれません。もっとも夜間の行動を前提としているなら別ですが。

ベルトが細いものはアウト

軽量化のためといって、ヘッドバンドが細いものがあります。これは、ちょっと使い続けるとわかるのですが、装着が不安定です。そして、数年たちますと、ゴムバンドなので必ずヨレてきます。不安定なのでゴムをしっかり引っ張りますのでヨレも早いし、きつく頭を絞めて長時間歩行に適していません。
ヘッドライトのよれたバンドゴム
数年するとベルトゴムの劣化が目立つ

 

3本バンドはやめたほうがいい

ヘッドランプの中でも、とくに大容量・高照度のものは、バンドが頭頂部も含め3本で固定する式になっていることが多いですが、3本締めはイザというときにかなり使いにくいシロモノです。時間に余裕があればいいのですが、ヘルメットの装着⇒頭に直接セットなどの切り替えが時間がかかります。帽子などの下にもつけにくいです。(トレランなどのように固定を重視する場合は別です

バッテリーはライトと一体型が基本

高照度ヘッドライトはたいていバッテリーボックスが後頭部などに分離しています。この場合コードの配線がでてくるので、構造が複雑化して装着もわずらわしくなります。ザックの中に押し込んでいると、コードの接触不良などが起こり壊れることも経験しました。そうなると、ハードケースが必要となりよけいな荷物が増えてしまいます。

 

押しやすいボタン

スイッチが押しやすいヘッドライトを選ぶ
スイッチが小さいと、行動中にスイッチON・OFFの切り替えがスムーズでなくてはなりません。とくにグローブをつけたままでも操作可能かというのも大きいですね。これは経験上ですが、スイッチは上についていたほうが操作性は良いです(左右より)。そして、ダイヤル式のスイッチは接触面を擦るし、壊れやすいと思いますね。

 

バッテリーと乾電池

最近はリチウムイオン系のバッテリーを使用したライトが増えてきました。まだまだ乾電池式のほうが多いですが、高照度化させるには乾電池では限界があるのです。山では乾電池なら山小屋などですぐ手に入ります。なので、乾電池式がよい・・・と言いたい所ですが、
バッテリー式をこれからはおすすめします。
なぜか?それは、容量・高照度はもちろんですが、乾電池では、充電できないために、残り少ない電力も見越して予備のバッテリーが必要になります。しかし、充電式ならフル充電しておけば、そもそも予備が必要なくなります(泊数による)。つまり、結局は軽量化できます。
(※単四電池をニッケル水素充電池などにするという手もあります)
たとえば、ペツルのティカR+、ティカRXP、NAO、といった最新もでるは、USBによる充電が可能でスマホ用の予備バッテリーなどと電力を共有できますし、ティカR+(ティカRXP、NAOも)なら、乾電池も使えるようになっています。
もうお分かりですね。おそらく今後はヘッドライトは充電式バッテリーの高照度化が進むのは間違いありません。

 

ヘッドライトの防水性

基本防水性がよいです。浸水することはまず無いと思いますが、バッテリーや乾電池は湿気を嫌います。濡れたまましばらく放置しておくと、電池から液漏れを起こしてしまいます。

 

ザックの中でスイッチがはいってしまう・キズつく

これは稀ですがあります。荷物を開いたらライトが点灯していたという経験はけっこうあるかもしれません。ケースやパッキングに気を使いつつ、収納するしかないのですが、中には、ボタンのロック機能などがついているヘッドライトもあります。
それからキズがつきやすい形状だと、次第に照度が落ちてきます。
キズだらけのヘッドライトは照度が落ちてくる
キズだらけのヘッドライトは照度が落ちてくる

 

非専門ブランドのチャチなヘッドライト

メジャーなメーカーじゃないものを持ってきて、壊れたり、使いにくかったり、暗かったり、そんなヘッドライトを持っている方をよく見かけます。安かろう⇒悪かろうはヘッドライトでは通用しそうですよ。

 

ライトの種類

ライトには広範囲を照らす電球と、遠くまでピンポイントで照らす照射電球があります。たいていはこの二つを兼ね備えたモデルが主流ですが、

@ハイカー向けには、60〜80ルーメン前後の軽量なライト型
A通常の登山や早朝や万一の夜間行動を想定した100〜150ルーメン程度のスタンダード型
B初めから夜間行動するときやルートファインディングを重要視するランや大会などアスリートむけのハイスペック高照度モデル

大きく3つに分けてよいと思います。

タイプにあったヘッドライトを探す!

@タイプ

日帰り登山、ハイキングの予備装備。山小屋泊の登山・トレッキング。グループ登山の初級者。リーダーではない。

ブラックダイヤモンド ギズモ /初心者には最も無難なモデル。価格も手ごろ。最新式には、現在の照度と最大照度をタップで切替できるパワータップセンサーを搭載。残量メーターもあり。充電式のリボルトもあるが、ニッケル水素電池で電力も弱いので次の開発を期待。

 


ブラックダイヤモンド アイオン /わずか48gという超ウルトラ軽量ライト。単4電池2本でも80ルーメンを実現。低照度で200時間の電池寿命と照射距離38mという性能。とりあえずリュックに入れておくには最適!

 


ペツル ティカ/ペツルのヘッドライトの元祖?! 85gと軽量だが、固定力も作りもしっかりしている。80ルーメンでリチウム電池も使用可能。

 


モンベル コンパクトヘッドランプ/使えるヘッドライトとしてはコレがギリギリ?! ただ軽さが72gでハイカーの予備としては十分。照射距離も26m

 


マムート T-PEAK /60ルーメンで72gの軽量ライト。角度調整が本体前部にあるため、片手で調節しやすい。ただ値段が比較的高価。

 

Aタイプ

テント泊登山、グループのリーダーまたは先頭を歩く人、アルプスなど岩稜を通過する、未明・夜間行動を予定している

ブラックダイヤモンド リボルト スポットに次ぐ最新モデルの多機能ヘッドライト。USB充電が可能になっただけでなく、電池内に水が浸水しても点灯するという理想的なヘッドライト。

 


ブラックダイヤモンド スポット /スポットが新しくなりました。フォルムもボックスタイプに変更。明るさも200ルーメン。防水性もUPしています。これで88g!私も使っています!

最新スポットの特徴
最新のスポット(3個目…)を手にして、かなり改良が加わりました。
ボックス型になったのはちょっと残念ですが、デザイン以外すべてよくなっています。まず明るさ。そして、軽量化。それにくわえ、スイッチにロック機能がつきました。これでザックのなかで点灯…というトラブルもなし。そして、おもしろいのが、右側の側面を軽くポン!っと指で叩くと、高照度と低照度が切り替わります。スイッチないんですけど、けっこう画期的かもしれません。縦揺れには反応しないので、歩く衝撃ではきりかわりません。ほか、赤いREDランプ、バッテリー残量、点滅機能など藻織り沢山でかなり山でつかえます。

 


SUNIX ハイパワーヘッドライト/アマゾンで発見。2000mAhのリチウム充電池内臓でマイクロUSBによる充電が可能。ストロボモードなども搭載し、これで防滴性もあるコスパに優れたヘッドライト。照度時間がすこし短い

 


ペツル ティカRXP/NAOと同様の自動照度調節を備えたハイテクライト。バンドが後頭部で二つに分かれたフィットデザイン。215ルーメンと申し分ない照度。

 


ペツル ティカ+/軽量で多機能なヘッドライト。一定の光量持続する設計。大光量のブーストモードも搭載。110ルーメン(ブーストモード140ルーメン)

 


レッドレンサー(LED LENSER) SEO3 /マグライトの本格メーカーのヘッドライト。90ルーメンで96gと軽量。面白いのが、バンドにカラビナフックがついている。またスイッチの誤作動を防ぐロックがついているのも良い。デザインもなかなか!180ルーメンのSEO5もある。

 

 

Bタイプ

夜行登山、トレラン、ウルトラマラソン、救助捜索、ルートファインディングが必要なルート、初めて歩くエリア

ペツル NAO/照射距離などにあわせ照度が自動で切り替わるハイテクライト。ソフトウェアをダウンロードして使用。USBケーブルより充電。誤作動を防ぐロック機能。斬新なベルトデザイン。最大575ルーメン。など、どれも新しいハイエンドなヘッドライト。

 


レッドレンサー(LED LENSER) SEO7 /マグライトメーカーが本気でつくったヘッドライト。充電式でUSBで充電可能。光センサーで自動的に明るさを調節。93gという軽さを実現して、明るさ220ルーメン。カラビナフック、スイッチロックなど機能的。

足首のサポーターなんて要らない|キネシオテーピングで簡単に捻挫の予防

足首,サポーター,テーピイング,捻挫,予防 足首の捻挫は誰もが経験するところです。私は子供の頃から捻挫がクセになってしまい、今では足首がゆるゆるです。足首のカナメとなっている筋肉は、いったん伸びてしまうと、もとに戻らないそうです。それが原因で、筋力が落ちると、すぐに転んだりするとか・・足首のサポーターは他の部位とちがってちょっと厄介です。なぜ...

≫続きを読む

日本百名山を目指す人が注意したい10の登山スタイル

日本百名山,登山,おすすめ,リスト,一覧 日本百名山は90年〜2000年くらいに入って人気が急浮上しました。いまやTVのおかげで知らない人も少ないと思います。確かに選ばれた100山の一座一座を見てみると、どこも素晴らしい山が勢ぞろいしていて登る価値は絶大に思えます。しかし、です。百名山を目指している登山者というのを、私は登山経験者とはあまり...

≫続きを読む

膝痛を攻略する|スポーツ向け膝サポーター選び方

膝,サポーター,痛,登山 膝が痛い!そんな人はたくさんいることでしょう。私もそうですが…毎日サポーターをつけて仕事をすることも日常となったわけで、そんなサポーター生活者のために、今回は膝のサポーターについてクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

靴底の修理|かかとの修理を自分でやってみた

靴底,かかと,修理 靴底って、まずその多くのケースとしては、ソールのかかとがすり減ってきます。基本的に、かかとが減ってしまったら、他の部分が減っていなくても、張替えが基本です。でも、靴底ソールの張替えってだいたい10000円くらいはします。私の場合歩くのが職業なので、たいていは新しく買っているのですが、一般の方にしてみ...

≫続きを読む

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難,山の事故,遭難ニュース 山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。参考程度に!...

≫続きを読む

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

ヘッドライト,LEDライト,おすすめ,種類,ヘッドランプ,選び方, LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDの...

≫続きを読む

山の救急|登山で必要なファーストエイドの中身とは!?

ファーストエイドキット,登山,救急,装備,アウトドア,エマージェンシー 登山の標準装備としても、山でなくてもアウトドアでは必須のファーストエイド。万一怪我や負傷したときのエマージェンシーの最低限の装備として携行したいものですが、よくよく確認してみると、なんとも中身がお粗末なファーストエイドキットを持っている方が多いように思います。そこで、世のため、アウトドアのため、登山...

≫続きを読む

登山装備軽量化|山を快適に楽しむ8つのやり方

登山,装備,軽量化,中高年,荷物,軽い 登山をはじめたばかりの若者が増えつつある昨今ですが、装備がバッチリ決まっています。そして、その装備を担いでいるんだか、担がれているんだかわからないような重装備をした人もチラホラ。わかります、その気持ち、そしてもうちょっとすると、めっちゃ荷物担ぎすぎている自分に気づくことも…そう、登山と人生は、荷物が...

≫続きを読む

ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

ソフトシェル,選び方,ジャケット,おすすめ ソフトシェルとは?!アウトドアウェアにおいてソフトシェルというのは、いわゆる、ハードシェルの対比語で、ゴアテックスなどの防水素材がライナーされた防水防風のアウターに対し、動きやすさや通気性を重視したウェアのことを言います。おもにヨーロッパなどで広く使われ、日本でも大きなブームとなりました。確かにソフ...

≫続きを読む

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ

ハードシェル,ジャケット,ゴアテックス,H2No,選び方 ハードシェル、そう、多雨多湿の日本のアウトドア・山岳においてはなくてはならない存在です。ソフトシェルのノウハウを言う前に、まずはハードシェルです。撥水ではダメなんです。防水でなきゃ…ということで、ハードシェルの違いについて紹介します。

≫続きを読む

膝が痛い対策|ストック・サポーター・インソール・テーピングを使いこなす

膝,痛い,痛み,膝痛,登山,ストック,サポーター,インソール 膝・腰 予防アイテム膝がいきなりいたくなるもう10年以上まえのことですが、長い沢をワンデイで抜けて、冷え切った体でそのまま下山しはじめたときのことでした。突如、ヒザがピキン!と痛み出しました。それまでは、ヒザが痛いなんてことはなかったのですが。。 山に登って(登りまくって)いると、いつかやります、ヒ...

≫続きを読む

ストックの使い方|膝の衝撃予防とテクニカルな使い方を追及する

ストック,使い方,使用法,ポール,登山,膝 山を初めて20年以上、ガイドとして日々山を歩いている身として、ぶっちゃけた話をすると、膝が痛いです。もうこれは職業病です(私だけかも^^;で、ストックを使い出してからはもう随分とたつのですが、仕事柄、もっぱらダブルではなくシングルストッカーです。全国の膝痛ユーザーの皆様に、膝にかかる負担をいかにして...

≫続きを読む

登山での歩き方|膝が痛い・足が痛いなら裸足で歩け

登山道具,情報,選び方,方法まとめ,ガイド 一時期裸足で走る「裸足ランニング」というものが注目されました。山を登っていると、厚底の登山靴を履きなれてしまっていてそのクッション性に頼りきった歩き方をしている人を多々見かけます。歩き方の効率が悪いと、膝の痛み、かかとの痛み、足の故障などが起きる原因になります。アーチが崩れ、偏平足だったり、甲高であ...

≫続きを読む

山小屋で快適に眠るための10のルール|山小屋快眠法

山小屋,睡眠,眠れない,山,快眠,方法 山小屋において、「眠れない」という経験をする人が多いでしょう。寝る時間も早く、汗をかいたままでの不快な状態ではなかなか眠れません。特に夏季は人も混雑して騒音や暑さなどますます眠れない要素が増えてきます。今回は、山小屋でぐっすりと眠るための私が心がけている方法というかコツを紹介します

≫続きを読む

登山で使うヘルメットの選び方|ヘルメットを買うときのポイント

ヘルメット,選び方,違い,登山,おすすめ,山用 ここ数年で、登山者のヘルメット利用が増えてきました。登山者自体に安全意識が芽生えたこともありますが、県警や山小屋・遭難対策協会などが推奨してきたこともあります。北アルプスの槍・穂高連山や剱岳付近、後立山縦走路などでは危険な岩場が多く、ヘルメット姿の登山者も多いです。ということで、今回は、登山(バリエ...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

登山,登山靴,選び方,おすすめ,メーカー,トレッキングシューズ いろんなタイプ登山靴・トレッキングシューズ靴って、難しいですよね。サイズだけではなく、形やタイプもそれぞれ違うし、何を選んだらいいのでしょうね。ま、正直、「ピン!」ときたやつを選ぶのが、間違いないでしょう。と、言ってしまったら身も蓋もないので、私流の選び方を書きます。

≫続きを読む

登山靴のインソール・中敷きの選び方

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン 登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。

≫続きを読む

足が靴に当たって痛い|登山の靴擦れ・踝が痛い・外反母趾の予防と対策

靴擦れ,かかと,外反母趾,登山靴,痛い,指,踝が痛い 登山中、とくに下山時に、足(指、足の爪、かかと、踝(くるぶし)、外反母趾、脛)が痛くなったことは誰にでもあるはずです。外反母趾や足の幅が広い人だけでなくても、指・かかと・すねなどが硬い登山靴に当たって痛い! 踝が痛い!そんな経験はありますね。私もガイド中によくお客さんから、靴が当たって痛い、と言われ...

≫続きを読む

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ  ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒 山のグローブ・手袋グローブも、難しいですね。選び方が。ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。というのが現状です。当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグ...

≫続きを読む

登山には傘!山カサ〜♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山,傘,カサ,おすすめ,道具,装備, 山に傘は必要でしょうか?必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。でも、私は傘持ちガイドです^^傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します

≫続きを読む

登山で使うロープ|岩場で使うザイルの選び方

ロープ,ザイル,選び方,違い,登山,岩場 穂高縦走したい、剱岳のバリエーションにいってみたい、けれども持っていくロープはどれにしよう?クライミングをするわけではないけど、登山において、縦走や岩場、クサリ場でのちょっとした確保、岩稜のバリエーション、なとに使うロープ(ザイル)についてどのようにチョイスをしたら良いかのヒントになれば幸いです。(...

≫続きを読む

やってはいけなくない単独登山|ソロ登山で意識したいこと

登山,単独,ソロ,独り歩き,単独登山 単独登山に警鐘が鳴らされています。一方でソロ登山者も増えています。ソロ登山は危険なのか?やめたほうがいいのか?個人的に思うこと

≫続きを読む

雪山初心者に多い勘違い、それは…

雪山,冬山,リスク,初心者, 雪山を始める方がますます増えています。ガイドツアーにも問い合わせが多くきます。そこで思ったことを書いてみます。

≫続きを読む

自作の虫避けスプレー!天然ハーブの虫除けアロマの作り方!

虫除け,スプレー,ハーブ,作り方,天然,アロマオイル 虫除けスプレーを天然アロマオイルの精油を使って作ってみました。今までは、パーフェクトポーションという天然ハーブの虫除けスプレーを買っていましたが、特に夏はけっこうな頻度で使うので、すぐになくなります。実際に作ったほうが量産&安上がりです。そして、デング熱も流行ってますし、子供の虫除け対策としても今後...

≫続きを読む

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

登山用品,レンタル,富士山,初心者,おすすめ 登山用品のレンタルショップが富士山を筆頭に全国であちこちにできています。道具を買わずに、レンタルの装備を使って危険な山に登る登山者・・・知識不足、経験不足で入山して・・・事故につながりやすいのでは!?そんな意見もあろうかと思います。私個人としての感想です。 

≫続きを読む

海外登山アレコレ

海外登山を目指す方への提案です。

≫続きを読む

山の安全・何が安全|山に登って思うこと

山岳ガイド,登山,安全,事故,山岳事故,対策 登山の安全について山は1000回登ったら、1000回とも違う経験をします山登りをずっと楽しむためには、事故を起こさないに越したことはありません。しかし、絶対安全などということはありえないでしょう。山に登る以上危険はつきものなのです。では、わざわざそんなリスクを冒してまで行かなければいい。そう思われる...

≫続きを読む

登山・山岳ガイドになる!|その前に知っておきたいこと

登山ブームの煽りを受けて、ガイド需要も高まっています。その中で、ガイドを職業として志望する方々も増えてくるのではないでしょうか。私も山に登っていて、毎日のように「ガイド」という言葉を耳にします(良きも悪きも)それだけ山の世界では目立つ存在なのでしょうか。しかし、職業というものは(ガイドに限らずに)一...

≫続きを読む

山岳ガイドと登山ガイド どう違うの?|ガイド資格とスキル

登山ガイド,山岳ガイド,違い,資格 山岳ガイドと登山ガイド、呼び方は違うけど、実際になにが違うのか?そしてその違いや資格の取得について簡単にご説明します。

≫続きを読む

山ウェアのアレコレ|長持ちする服や修理・メンテナンス

登山ウェア,リペア,長持ち,選び方,修理 登山や私生活で着ているアウトドアウェア。値段はそこそこ高いのですが、以外に長持ちします。これらのウェアを振り返って、使い込んだものは結果どうなのかを書いてみたいと思います

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内