雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル|初心者のための入門講座

雪山初心者入門講座ピッケルアイゼン選び方

アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?
なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑
さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう


雪山のメイン武器、アイゼンとピッケル

アイゼンの種類

アイゼンには爪がついていますが、この爪の数はモノによって異なります。
縦走用、アイスクライミング用、アイスミックス用。
大きく分けて3種類です。
一般的に利用がおおいのは縦走用です。通常10本から12本の爪がついていますが、10本歯のアイゼンはあらかじめ、却下させていただきます。
10本爪というのは前爪があまり有用でないし、2本違うだけなので、安全を取りたいからです。

 

12本爪アイゼン、縦爪 12本爪アイゼン、平爪
アイスクライミング用というのは、前爪が1本(モノポイント)あるいは2本(デュアルポイント)が、縦爪になっているという特徴があります。
これは、氷を蹴りこんだ時に氷が壊れにくく、食い込みやすくするためです。
また、かかと(ヒール)部分に爪が飛び出していたり(ヒールフック)爪の数が極端に少なくして軽量化しているものなどあります。
雪山縦走にはあまり向いていません。

 

アイスミックス用というのは、アルパインクライミングなど、氷も雪も岩もあるというような時に利用価値があがります。
靴の先端の爪は、アイス用と同じように縦爪ですが、他の部分はしっかり縦走用モデルです。少々重くなるタイプもありますが、もっとも使用範囲が広いアイゼンといえます。

 

アイゼンには相性がある

まずは縦走用アイゼン、といいたいところですが、最近は八ヶ岳の赤岳鉱泉などアイスクライミングが手軽に楽しめる環境もととのっていますので、はじめからアイスミックス用のアイゼンを選ぶのもよいとおもいます。
ただし、お持ちの登山靴との相性がありますので、実際にはめ合わせを行ってください。
前爪の出っ張り具合が極端に短いのは使いにくいですし、ブーツから爪が極端にあみだしていたり、最悪は、まったく取り付けられないということもあります。
アイゼンの素材
クロモリ合金というのがもっとも無難です。
最近は、アルミの軽量化されたものや、ステンレス製、高価なチタン製もありますが、アルミアイゼンはバックカントリースキーなどにはつかえますが、氷のある山岳では不向きです。なぜならば、アルミは強度がないために、太めにつくられています。つまり爪がシャープじゃないので、固い氷に食い込みにくかったりするわけです。クロモリでいいです。お願い♪

 

ワンタッチアイゼンと1本締め

アイゼンのタイプには、登山靴の前と後のコバ(溝)にはめ込むワンタッチ式、前はカップ(ラバーなど)で後がワンタッチのセミワンタッチ式、前も後もカップとベルトで締める一本締め式のアイゼンがあります。
アイゼンはスピードと手間を考えて、ワンタッチかセミワンタッチがよいです。
一本締めは緩みやすい特徴があります。
ワンタッチアイゼンは何かの衝撃で外れやすいです。
セミワンタッチアイゼンはつま先に溝がない4シーズンブーツでも取り付けられます。
私は最近セミワンタッチをつかっていますが、たいていの靴との相性もよいです。
アイゼンのスノープレート

アンチスノープレート

アイゼンにはたいて、プラスチックかゴムのラバーが張ってあり、雪がアイゼンにくっつかないようになっています。これは標準装備してあれば良いのですが、ついていなければ、取り付けてください。かなり影響がでますので。

 

アイゼンのブランド

ペツルシャルレ、グリベル、シモン、カンプなどなどヨーロッパが多いですね。
どこも名品を残していますが、よく売れているのはグリベルとペツルではないでしょうか。
実際にこの二つのアイゼンは非常によくできていると思います。
アメリカのブラックダイヤモンドも良心的な値段でおすすめです。重さがちょっときになります。
日本にはカジタックスというオリジナルのブランドがあったのですが、現在モンベル傘下で売られています。1本締めは昔から定評がありました。

 

グリベルのエアーテックピッケルは使いやすい

ピッケルの種類

ピッケルにも縦走用、アイス用、アイスミックス用とあります。アイゼンと同じですね。
アイス用はたいてい両手に持って(ダブルアックスといいます)登るスタイルですが、アルパインではダブルのときとシングルのときとあります。
まずはじめは、シングルアックスを使いこなしましょう。

 

ピッケルのデザイン

最近はフォルムが光るデザインのピッケルが多いですね。シャフト(手にもつところ)がまっすぐのストレートと、カーブ(あるいは折れ曲がったようなかたち)しているベントがあります。ストレートでも十分に使えますが、やや曲がっているほうが使いやすいでしょう(ややですよ)。ピック(つるはしの先)の形はそのピッケルの用途を示す大事な部分です。やたらにギザギザしているのは氷に打ち込んだときに抜けにくくしているもので、より登攀的といえます。
また、ヘッドがハンマーになっているものがありますが、これは1本目のときは必要ありません。(支点などを打ち込むときに使います)

 

ピッケルの長さ

これが一番相談が多いです。50cm〜55cmくらいがつかいやすいです。
人の身長にもよりますが、170cmの方なら55cmで良いと思います。
私は172cmで、雪稜にむかうので45cmくらいのをつかっています。
お店では、立って手に持ったときにピッケルの石突が地面に当たらない程度などといってすすめるところがまだあるかもしれません。今の時代、雪山は、ストックという優れた魔法の杖があるわけですから、ピッケルを杖として使う必要はないでしょう。

 

ピッケルのリーシュ

ピッケルは山で落とさないようにシーリュ(流れ止め)を使います。肩掛けタイプと手首に回すタイプとありますが、主流は手首に回すタイプです。スリングなどで作れますが、はじめは専用のものが使いやすいと思います。

 

ピッケルの重さ

ピッケルの素材も、アルミやカーボンといった軽量のものが増えてきました。なるべく軽量のものが良いのですが、明らかにスカスカのサブピッケルのようなものでないように。ヘッドのピックは多少重さがないと雪に食い込みにくいですし、バランスが必要です。

おすすめのピッケルとアイゼン

(アマゾンリンクです)


ブラックダイヤモンド ベノム
縦走から雪稜までつかえるピッケル


ブラックダイヤモンド レイブン
クラシックなストレートピッケル。フォルムが美しい

 



ペツルシャルレ サミット
縦走用に使いやすいオーソドックスタイプ。若干ベントしているのがよい


ペツルシャルレ サミテック
バリエーションもめざしたいならこれ。アクスとしても威力を発揮


 


グリベル エアーテックシリーズ
エアーテックのピッケルは使いやすい。とくにカーボンはおすすめ

 


ペツルシャルレ バサック
縦走用のアイゼンではバサックは良品!


ペツルシャルレ サルケン
アイスも雪山もこなす万能アイゼン。使いやすい。


 


グリベル エアーテック
縦走用には軽くて使いやすい


グリベル G12
アイスミックスにはG12がいい。キックステップも問題ない


 


ブラックダイヤモンド セラック
ステンレス製のアイゼン。改良を重ねて出来上がった定番モデル

 


雪山登山|初心者のための雪山入門教室 基礎知識編

雪山,冬山,初心者,準備,講習,講習会,知識,おすすめ 雪山・冬山は危険というイメージがあります。それは本当です。逆に言えば、危険だからこそ、行くのです。真っ白な厳しい自然の中に身を委ねたときに、そこから得られる感動という体験は、ある意味夏山を凌駕してしまいます。だからこそ、雪山の魅力にはまった人は「雪山こそ本物」と言えるのです。

≫続きを読む

雪山・冬山の服装U初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, 初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。夏山登山の基本の服装に関しては、登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編を確認してください。

≫続きを読む

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山,登山靴,冬山,選び方,重登山靴,ブーツ,革靴 雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ

≫続きを読む

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山,アイゼン,ピッケル,選び方,種類,冬山,講習,使い方 アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう

≫続きを読む

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山,ゴーグル,グローブ,バラクラバ,目出し帽,選び方, ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。ゴーグルへグローブへバラクラバへ

≫続きを読む

雪山でゴーグル・サングラスが曇る!傾向と対策

登山,雪山,ゴーグル,サングラス,曇る,凍る,方法 サングラスやゴーグルが曇ったり凍ったりして、もうどうにもこうにも着けていられない!っていう経験はありますか?雪山初心者ならずとも、この問題は切実ですので、ちょっと込み入った話を書いてみたいと思います。

≫続きを読む

間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

雪山,初心者,入門,あるある, 最近は山の経験も浅いのに、雪山を始める方も増えています。いきなり厳冬の八ヶ岳・赤岳なんかに登るかたも多いことでしょう。でも、登る前に、技術や全体的なことを身に着けておくことのほうがよっぽど大切だとは思いませんか?ガイドツアーでは、山に登る前に、富士山の講習会に来てもらうほうがすごくあとあと役に立つこ...

≫続きを読む

アイゼンの研ぎ方|丸くなった爪を自分で研いで見る

アイゼン,研ぎ方 アイゼンも数年使っているうちに、いつの間にか爪が丸くなってしまいます。丸くなったアイゼンは、雪山では危険です。定期的にチェックして、研いでおきたいもの。しかし、きれいに研いでくれるショップや知人がいない場合、自分で研がなくてはいけません。そこで、アイゼンの研ぎ方を紹介します

≫続きを読む

やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

雪山訓練,滑落停止,雪山,講習,講習会 冬場になるとあちらこちらで雪山の講習会が開かれます。そして、必ず目にする滑落停止訓練。参加者である雪山初心者たちが目指す、雪山講習会というのは滑落停止訓練のことだったの!?

≫続きを読む

富士山 雪山講習|初めての雪山・初心者ツアー

雪山,初心者,ツアー,講習,講習会,ガイド,アイゼン 2017-18初心者向け雪山講習会!富士山冬山初心者講習会のご案内

≫続きを読む

雪山!八ヶ岳 天狗岳登頂|初心者雪山講習

雪山,雪山講習,八ヶ岳,ツアー,天狗岳, 雪山 天狗岳八ヶ岳 雪山講習と天狗岳ツアーのご案内

≫続きを読む

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習 雪山 八ヶ岳 赤岳に登る赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です本格雪山では外せない山です。コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。初日にアイゼンの練習と確認講習をします初めての参加可能です。装備や経験・ご年齢などを考慮させていただき...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

北海道大沼駒ヶ岳の地図 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。体力について雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。天候や雪のコンディションなどによって左右されますコース自体はそれほど長いルートではありません。装備についてハーネスとヘルメットが必要となります...

≫続きを読む

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山!西穂登頂ツアー 冬の穂高へ雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 大同心稜

4/1(土)〜4/2(日)バリエーション 体力★★ 技術★★★★ 定員2名コース1日目:小淵沢駅又は茅野駅10:00くらい…美濃戸口…美濃戸…赤岳鉱泉2日目:…大同心稜…(横岳)…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…小淵沢駅または茅野駅15:00くらい宿泊 赤岳鉱泉(1夕1朝)ガイド料金40000...

≫続きを読む

雪山へのステップ|北アルプス 唐松岳

冬山、雪山の唐松岳登頂ツアー 北アルプスに登ってみたい北アルプスの唐松岳に登頂します。八方ゴンドラを乗りついで、八方尾根から頂上を目指します。初日は八方池山荘に泊まります。八方尾根上部がやや狭い稜線になっていますが、比較的初級者でも目指せるコースです。稜線からは、天候がよければすばらしい雪峰が姿を見せてくれるでしょう。体力・技術...

≫続きを読む

北アルプス 槍ヶ岳|めざす春山

北アルプス 槍ヶ岳登頂!3日間 2018/4/27(金)〜4/29(日)本格登山 体力★★★ 技術★★★ 定員3名程度 コース1日目:塩尻駅・新島々…沢渡(10:00)…上高地…槍沢ロッジ 宿泊2日目:…槍沢…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 宿泊3日目:…槍沢…上高地…沢渡…温泉入浴…新島々・塩尻...

≫続きを読む

北アルプス 白馬岳主稜|雪山バリエーション

雪山!春の白馬岳主稜のガイドツアー 春の白馬岳主稜へ!雪山バリエーションの殿堂。白馬主稜を目指します。このルートは雪山の経験が試される、とってもエキサイティングなコースです。一度は登って欲しいルートです。2泊3日の日程時間的な配慮から、登頂後に白馬山荘に宿泊して3日間のゆったり日程です。この時期ならではの北アルプスの醍醐味を味わいまし...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内