雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

 

冬の穂高へ

 

山岳ガイド,ツアー,雪山,冬山,西穂高岳,北アルプス

 

 

雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

冬山の穂高へ登れます

西穂高岳は1泊2日で登る雪山です

思い切って北アルプスの頂を目指して見ましょう

 

山岳ガイド,ツアー,雪山,冬山,西穂高岳,北アルプス

 

 

1泊2日の行程です

新穂高ロープウェイから入ります。

西穂山荘に泊まって頂上を往復します

 

 

必要なのは体力より技術

距離自体はそれほど長くはありません

体力よりも歩く技術が必要です

西穂独標より先は狭いピークをいくつも通過します

クライムアップ&ダウン・トラバースなどの

基本動作がしっかりと行えなければなりません

 

 

コンディション

厳冬期につき、

風が強いエリアでもあります

それゆえに敗退するかもしれません

しかしコンディションが許せば

最高な経験を味わうことができます

 

 

ロープ確保をして歩きます

雪は風に飛ばされ、岩場も露出しています

経験の有無にかかわらず、ザイルを組んで行動します

 

 

 

 

 

北アルプス!西穂高岳登頂ツアー 2日間

2018/3/10(土)〜11(日) 3/24(土)〜25(日)

 

バリエーション 体力 ★★技術 ★★★★ 定員2名

 

 

コース

 

1日目:塩尻駅10:30…新島々駅(11:30)…新穂高温泉〜ロープウェイ〜西穂高山荘宿泊
2日目:…独立標高…西穂高岳…新穂高ロープウェイ〜新穂高温泉…新島々駅…塩尻16:00頃
※宿泊は西穂高山荘(1泊1夕食)
※関東方面からの場合、高速バス停のある中央道原PAやみどり湖PAで解散可能です
 
 

ガイド料金

40000円 

費用目安/65000円(2名の時1人あたり)

※総費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

 

装備

雪山用登山靴(分らなければ相談ください)
オーバーJKT&パンツ

必携。雨具不可です
防風性ソフトシェルでも可能です。腕の動きを妨げないものがいいです。

ザック容量 1泊程度
下着(上下) 未明出発。朝晩は冷えます。ウールやポリエステルの厚手のタイツとシャツを!
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。
保温ポット 必携です。0.5lくらいがベスト。購入の際は保温力とグローブしてても飲めるもの
手袋 冬季用のオーバーグローブ。必ず予備のグローブも用意します。アンダー手袋も!
目出帽・ネックウォーマー ◎:基本目出帽子です。化繊・フリースやウールなど保温性のあるもの
着替え(行動用) −:
着替え(入浴用) ◎:下山温泉入浴用。宿泊用(車内・山小屋にデポ)
ヘッドランプ ◎:未明に出発します!
ストック ◎ アプローチ用に!
サングラス・ゴーグル 風が吹きます。サングラスは常にあったほうがいいです。偏光ならなお良し。ゴーグルはスキー用でOK
スパッツ ◎(稜線にでると雪はそれほど深くないです。
行動食

◎ 1日分+非常
おにぎりなどは凍るのでパンなど水分が少ないものか糖度が多いもの。水筒も外につけてては凍ります。※2日目、朝食は宿でとらずに出発します。宿のお弁当か持参で!

そのほか 常備薬 日焼け止&リップ 保険証コピー ペーパー・ビニール、地図コンパス・カイロなど
備考 小屋内はあったかですが、廊下は冷たいので、室内シューズなどを持参すると快適ですよ
ギア類

アイゼン(12本歯ワンタッチ良) ピッケル ハーネス ヘルメット
120cmスリング 安全環付カラビナ2個 確保器(あれば)


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内