八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、

雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。

ガイドツアーとしては、赤岳に続いてご参加をおすすめできます。

 

体力について

雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。

天候や雪のコンディションなどによって左右されます

コース自体はそれほど長いルートではありません。

 

装備について

ハーネスとヘルメットが必要となります。

 

悪天候時などのルート変更

悪天時や雪のコンディションによって、

ルートを大幅に変更、あるいは撤退することもあります。

 

厳冬期 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵!

2021/2/6(土)-7(日)

3/6(土)-7(日)

 

バリエーション 

体力★★ 技術★★★★ 

定員2名

 

 

コース

1日目:茅野駅または小淵沢駅9:30頃…美濃戸口10:30…美濃戸…赤岳鉱泉

2日目:…行者小屋…北峰…阿弥陀岳…文三郎尾根…行者小屋…赤岳鉱泉…美濃戸口…茅野駅(小淵沢駅)16:00頃

宿泊 行者小屋もしくは赤岳鉱泉(1夕1朝)

初日、可能なら赤岳鉱泉でアイスクライミング

美濃戸口から歩きとなる場合があります、ご容赦ください

※コロナの影響により宿泊予約ができないこともあります。

 

ガイド料金38000

費用目安/50000円(2名の時1人あたり)

※参考経費:ガイドの交通費として1000円、美濃戸駐車場料1000円、各自の宿泊10000円(ガイドの宿泊費は無料)

鉱泉での個室利用の場合は個室料(@2000程)が加算されます。

 

ルート

 

装備

雪山用登山靴(4シーズン用でも可。分らなければ相談ください)
オーバーJKT&パンツ

必携。持ち合わせがない場合は、レインウェアでも代用できます。
防風性ソフトシェルでも可能です。腕の動きを妨げないものがいいです。

ザック容量 1泊程度
下着(上下) 朝晩は冷えます。ウールやポリエステルの厚手のタイツとシャツを!
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。
保温ポット 必携です。0.5lくらいがベスト。購入の際は保温力とグローブしてても飲めるもの
手袋 冬季用のオーバーグローブ。ポリエステル製などの予備のグローブも用意します。
目出帽・ネックウォーマー ◎:基本目出帽子です。化繊・フリースやウールなど保温性のあるもの
着替え(行動用) −:
着替え(入浴用) ◎:下山温泉入浴用。宿泊用
ヘッドランプ
ストック ◎ アプローチ用に!
サングラス・ゴーグル 常にあったほうがいいです。偏光ならなお良し。ゴーグルはスキー用でOK
スパッツ ◎:オーバーズボンのゲイターでも代用可能
行動食

◎ 1日分+非常(コンビニ経由
おにぎりなどは凍るのでパンなど水分が少ないものか糖度が多いもの。水筒も外につけてては凍ります。

そのほか 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール、地図コンパスなど
備考 小屋内はあったかですが、廊下は冷たいので、スリッパなどを持参すると快適ですよ
ギア類 アイゼン(12本歯以上ワンタッチ良) ピッケル ハーネス メルメット