八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

雪山 八ヶ岳・赤岳登頂ツアー

 

 

雪山 八ヶ岳 赤岳に登る

 

 

 

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習

 

 

 

赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です

本格雪山では外せない山です。

コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して

地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。

初日にアイゼンの練習と確認講習をします

 

 

 

 

初めての参加

 

可能です。

装備や経験・ご年齢などを考慮させていただきます。

 

 

体力について

一般的な夏山縦走などの体力がベースとなりますが、

雪山に関しては、歩き方などの個人差、

天候や雪のコンディションなどによって左右されます

コース自体はそれほど長いルートではありません。

 

 

 

装備について

装備はいたって重要ですが、

もし揃えなければならないものがいくつかある場合は、

とりあえず講習にきてから決めてもよいですし、

購入を検討して迷っているのであれば、

あらかじめメールにてご相談していただけると

参考になるかと思います。

ハーネスやヘルメットなどは、

こちらで貸し出しできるものもあります

 

 

悪天候時などのルート変更

悪天時や雪のコンディションによって、

ルートを大幅に変更、あるいは撤退することもあります。

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習

 

八ヶ岳 赤岳登頂

2017/12/9(土)〜10(日) 12/23(土)〜24(日)

2018/1/20(土)〜21(日) 2/17(土)〜18(日)

 

本格登山 体力★★ 技術★★★ 定員2名程度

 

 

 

八ヶ岳最高峰の赤岳を登頂します。
どんな時期でも楽しめますが、厳冬の厳しさを味わえる雪山ならではの稜線歩きを満喫しましょう。
初日は赤岳鉱泉にてアイゼン歩行の確認・練習とアイスクライミングをします。

 

コース

 

1日目:茅野駅10:00くらい…美濃戸口10:30…美濃戸…行者小屋または赤岳鉱泉(着後アイゼン練習 アイスキャンディにてアイスクライミング体験)
2日目:…行者小屋…地蔵尾根…赤岳…文三郎尾根…行者小屋…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…茅野駅(15:00頃)
宿泊 赤岳鉱泉(1夕1朝)

 

 

ガイド料金

38000円

費用目安/50000円

※総費用(ガイド料を含む)は集合場所や参加人数に応じて増減します

鉱泉での個室利用の場合は個室料が加算されます。

厳冬期は2名限定とさせていただきます。

 

ツアーカレンダーで確認できます


装備

雪山用登山靴(分らなければ相談ください)
オーバーJKT&パンツ 必携。 降雨期以外は防風性ソフトシェルでも可能です。腕の動きを妨げないものがいいです。
ザック容量 1泊程度
下着(上下) 朝晩は冷えます。ウールやポリエステルの厚手のタイツとシャツを!
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。
保温ポット 必携です。0.3-0.5lくらいがベスト。購入の際は保温力とグローブをしてても飲めるものを選びましょう
手袋 冬季用のオーバーグローブ。必ず、予備のグローブも用意します。スキー用で代用可(アンダー手袋も)
目出帽・ネックウォーマー ◎:基本目出帽子です。化繊・フリースやウールなど保温性のあるもの
着替え(行動用) −:
着替え(入浴用) ◎:下山後温泉入浴用。宿泊用(車内にデポ)
ヘッドランプ
ストック ◎ アプローチ用に!
サングラス・ゴーグル 常にあったほうがいいです。偏光ならなお良し。ゴーグルはスキー用でOK
スパッツ ◎:オーバーズボンのゲイターでも代用可能
行動食 ◎ 1日分+非常(コンビニ経由 おにぎりなどは凍るのでパンなど水分が少ないものか糖度が多いもの。水筒も外につけてては凍ります。
そのほか カイロ 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール、地図コンパスなど
備考 小屋内はあったかですが、廊下は冷たいので、室内シューズなどを持参すると快適ですよ
ギア類 アイゼン(12本歯以上ワンタッチ良) ピッケル(リーシュ付) ハーネス   ヘルメット・ハーネスは少数ですがレンタル有ります

初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内