春の御嶽山 飛騨頂上〜摩利支天山

春の御嶽山 飛騨頂上〜摩利支天山 

2020/4/18(土)〜19(日)

 

本格登山

体力★★★★ 技術★★

3-4名程度 

コース
1日目:茅野駅10:30頃…木曽福島駅12:00頃…濁河温泉(泊) 
2日目:(未明出発)(1780m)…のぞき岩…飛騨頂上(2801m)…摩利支天山(2959m)…濁河温泉…木曾福島駅15:00頃・茅野駅16;30頃

歩行約10時間
宿泊 濁河温泉(1泊夕食、朝弁当)

 

ガイド料金29000円

費用目安/約42000円(3名の時1人あたり)

※総費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

 

木曽の御嶽山を濁河温泉から登ります。標高差1000mを超えるため、濁河温泉に宿泊して、早朝からアタックします。目指すは、規制区域外でも登り応えのある摩利支天山です。
※状況によっては、コースを変更する場合があります。

 

MAP
御嶽山,雪山,春山,4月,ツアー,ガイド,募集,コース
御嶽山入山規制図
御嶽山規制区域

 

装備

雪山用登山靴(4シーズン用でも可。分らなければ相談ください)
オーバーJKT&パンツ

必携。持ち合わせがない場合は、レインウェアでも代用できます。
防風性ソフトシェルでも可能です。ただし麓および気候により雨のことを考慮してください。腕の動きを妨げないものがいいです。

ザック容量 日帰り程度 10-30lくらいが使いやすい
下着(上下) 朝晩は冷えます。ウールやポリエステルのタイツとシャツを!
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。
保温ポット 必携です。0.5lくらいがベスト。購入の際は保温力とグローブしてても飲めるもの
手袋 冬季用のオーバーグローブ。インナーグローブのほかにも、予備のグローブも用意します。スキー用で代用可
目出帽・ネックウォーマー ◎:基本目出帽子です。化繊・フリースやウールなど保温性のあるもの。とにかく地肌が風にさらされないように用意します。
着替え(行動用) −:
着替え(入浴用) ◎:下山温泉入浴用時間あれば。宿泊用(車内にデポ)
ヘッドランプ ◎(未明に出発予定)
ストック ◎ 
サングラス・ゴーグル

常にあったほうがいいです。偏光ならなお良し。
予備ゴーグルはスキー用でOK

スパッツ ◎:インナーゲイターでOK
行動食 ◎ 1日分+非常。
そのほか 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール、地図コンパスなど
備考
ギア類

アイゼン(10本歯以上ワンタッチ良) ピッケル ワカン(あれば)
ハーネス&ヘルメット(御嶽山はヘルメット着用義務)
レンタル有ります