沢登り初心者ツアー 奥秩父ナメラ沢

沢登り初心者ツアー 奥秩父ナメラ沢

沢登り初心者ツアー 奥秩父ナメラ沢

 

 

沢登り初心者ツアー

奥秩父ナメラ沢

 

 

初心者,沢登り,シャワークライミング,ナメラ沢

イメージです

 

 

 

初めての沢登り体験に最適!

日帰りで歩く沢歩きガイドツアー

 

初めての沢登り

沢登りの体験ツアーです。

比較的初心者でも楽しめる

奥秩父の久渡沢・ナメラ沢を歩きます。

沢を抜けませんので時間を気にせず行動します。

ここでは、まず、沢を歩くことに慣れてもらいます。

初めての沢靴を履いて、

滑らないように歩く練習

足裏感覚と沢登りのコツなど。

そのほか、どういうことに注意するかなどを

体験してもらいます。

 

奥秩父 笛吹川 ナメラ沢

場所は山梨県山梨市

広瀬ダムに流れ込む笛吹川の支流です。

西沢渓谷入り口で合流して向かう予定です。

 

 

沢登り初心者ツアー 奥秩父ナメラ沢

6/--(土)・6/--(土) 要問合

 

沢登り 初級 体力  技術 ★★  定員3-5名

コース
西沢渓谷P 集合8:00頃=久渡沢入り口…ナメラ沢…(沢歩きを楽しみます)…久渡沢入り口=西沢渓谷P解散
行動約4-5時間

 

ガイド料金10000円 

 

 

装備

登山靴 沢靴。紐締めがよい。沢用の膝あてや脚絆(ゲイター)も忘れずに。
雨具 防寒用として
ザック容量 日帰り用。中は、完全防水パックや大きなビニールでしっかり防水。
下着(上下) マリンスポーツなどのラッシュガードや登山用の化繊もしくはウールの速乾・保温性のあるアンダー。汚れてもいい服装。下はサポートタイツなども良い。
防寒具 ネオプレーンウェアや登山用フリースなど。ダウンは濡れると保温力が無くなるので不向き
靴下 沢用ネオプレーンもしくは登山用靴下でもOK
手袋 濡れても使い勝手がよいもの。革製がよい。指抜きのグローブが登りやすい。
帽子 ◎:ヘルメット下にかぶれるもの。保温用。
着替え(行動用) △:基本、そのまま入渓地まで下山。防寒着を忘れずに
着替え(入浴用) ◎:下山後温泉入浴用(車内にデポ)
ヘッドランプ

ストック

△ 
サングラス 偏光レンズであれば、水面の反射を防ぎ、水底を見通せて歩きやすいです。
沢用ウェア 沢専用ウェアでなくても、山用ウェアで代用できます。サーフィン用ラッシュガードも良い。ポリエステルシャツも。ただし、水を吸い込んだら重くなるようなものはNG(ジャージなど)。膝やスネなどのサポーターもあったほうがいいでしょう。
行動食 ◎ 
そのほか 保温ポット 水筒 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール 虫よけ など
- -
ギア類

ハーネス ヘルメット 
レンタルあります

沢登りの心得|シャワークライミング初心者の沢講座

シャワークライミング,沢登り,とは,初心者, 沢登りをはじめる春が来ると。。。だんだん暖かくなってきます。でもまだ山の頂は白く、雪解けはもうすこし先でしょうか。GWを過ぎると、梅雨の到来です。いよいよ夏山! を前にして、小休止!?ではありません。沢ですよサワ♪水はまだまだ冷たいですけども、低山であれば問題なく、そして、一足はやく夏気分(場合によ...

≫続きを読む

沢登りの装備と準備@|初心者のためのシャワークライミング講座

シャワークライミング,沢登り装備,服装,靴,モンベル,ファイントラック,キャラバン,渓流 沢の装備沢ではどんな装備が必要か。ここでは、山登りをやっている場合に、沢を始めるにあたって、必要な装備を紹介します。※基本的に日帰り(夜行日帰りなど1日で沢を抜ける)でのものです。夏山登山の道具を代用できると思いますがそれでも最低限必要なものがあります。KGガイドの個人的なラインナップですので、参考...

≫続きを読む

沢登りの装備と準備A|初心者のためのシャワークライミング講座

シャワークライミング,沢登り,装備,初心者,準備,モンベル,ファイントラック,キャラバン,渓流 沢登りの準備沢の時期はいつからいつまででしょう?年に1-2回くらいしか入らないひとは、7-8月が最も多い気がします。しかし、丹沢や奥多摩といった低山であれば、5-6月くらいから入れます。秋は9月から10月くらいでしょうか。私は白山山系で沢デビューしましたが、その年は11月までいっておりました。寒い、...

≫続きを読む

沢登りの装備と準備B|初心者のためのシャワークライミング講座

沢登り,装備,準備,テント,ツエルト,ハーネス,ハンマー,シャワークライミング 沢は基本的に、上流にいけばいくほど急になってきます。水量は入渓点がもっとも多く、上流に行くにしたがって、支流や二股となって水を分け、すくなくなっていきます。何度も歩いていると、その水の量を見ただけで(地形・時期・エリアなど経験則)最上流までどのくらいなものかがなんとなく見えてきたりします。まぁ、中に...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内