奥秩父 雁坂嶺 豆焼沢

奥秩父 雁坂嶺 豆焼沢

2022年 7/9(土)

 

沢登り 

体力★★★ 

技術★★★ 

定員3名程度 

 

コース

塩山駅(6時頃)…出会いの丘駐車場7:00…豆焼沢出会い…豆焼沢…雁坂登山道…雁坂小屋…あせみ峠…出会いの丘駐車場(16時頃)…塩山駅(18時頃)

※前泊される場合、当日早朝に塩山駅付近での合流解散可能
※日帰り入浴(笛吹きの湯)

 

ガイド料金22000円(3名)
費用目安/25000円(3名の時1人あたり)
※費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

奥秩父の美渓谷の一本! 豆焼沢は雁坂嶺を源とする滝川の支流です。雁坂トンネルの北からのアプローチです。少々長めの沢となります。

 

場所
豆焼沢,奥秩父,沢登り,シャワークライミング,ツアー

 

装備

登山靴

沢靴。紐締めがよい。沢用の脚絆(ゲイター)も忘れずに。
下山用に、軽いシューズ(トレラン用など)。

雨具 防水レイン
ザック容量 山小屋1泊。中は、完全防水パックや大きなビニールでしっかり防水。
下着(上下) マリンスポーツなどのラッシュガードや登山用の化繊もしくは速乾・保温性のあるアンダー。汚れてもいい服装。下はサポートタイツなども良い。
防寒具 ネオプレーンウェアや登山用フリースなど。ダウンは濡れると保温力が無くなるので不向き
靴下 沢用ネオプレーンもしくは登山用 
手袋 濡れても使い勝手がよいもの。革製で指抜きのグローブがいい。
帽子 ◎:ヘルメット下にかぶれるもの。保温用。
着替え(行動用) ◎:下山用、タオルなど
着替え(入浴用) ◎:(車内にデポ)
ヘッドランプ
ストック △ ザックに収納可能ならば下山用
サングラス 偏光レンズであれば、水面の反射を防ぎ、水底を見通せて歩きやすいです。
沢用ウェア 沢専用ウェアでなくても、山用ウェアで代用できます。ただし、水を吸い込んだら重くなるようなものはNG(ジャージなど)。膝やスネなどのサポーターもあったほうがいいでしょう。
行動食 ◎ 
そのほか 保温ポット 水筒 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール 虫よけ など
- -
ギア類

ハーネス ヘルメット 環付カラビナ  120pスリング1本
レンタルあります