雪山・冬山の服装¦初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山・冬山の服装¦初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山・冬山の装備¦雪山WEB教室 服装編

初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。
基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。
夏山登山の基本の服装に関しては、

登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編

を確認してください。

雪山の服装もやっぱりレイヤリングです

雪山、こと厳冬期ともなると、ウェアもそれなりに保温効果が高いものが要求されます。夏山登山で使う服の多くは、通気性や冷感、冷涼性のアイテムも多く、生地も薄くなっています。
冬物といわれるアウトドアウェアは、保温性・防風性の高いものが要求されます。
雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, ヘルメットに対応したジャケットフード

夏山流用のアンダーウェアは素材を確認すること

やっぱりアンダーウェアが最も重要だと思います。
素早く汗を外に放出するというのは夏のアンダーと同じですが、そのときに蒸発熱を奪われて体温を下げないような素材・ウェアが望ましいのです。
生地も通気性と保温性を両立させます。
アンダーウェアは1枚、もしくは2枚重ねしても良いと思います。
2枚のほうが効率的です。
例えば、肌に地下につけるベースレイヤーは、まず汗を吸い上げると同時に撥水性もあるような下着がベストです。
その上から、さらに外側に蒸気を出すようなアンダーを重ねます。
私は、ファイントラックのスキンメッシュにパタゴニアのキャプリーン3か4を重ねて着ています。キャプリーンだけのときは2と4などです。

 

購入の際は、夏物なのか、冬物なのかを確認しましょう。

 

雪山の服装は重ね着が基本 

ミッドレイヤーも薄く重ねる

中間着は、基本的にフリースになることが多いと思います。
行動中はこのミッドレイヤーで歩くこともあります。なので、通気性とベンチレーションもしっかりできる服装がよいと思います。
フリースも、薄手・中厚・厚手という形でありますが、登山においては、厚手はほぼ不用だと思って良いと思います。
その代わりに、インナーダウンや化繊のインサレーションシェル、ソフトシェルなどを活用します。

 

例えば、行動中のベースとなる薄手のフリースを選びます。さらに、もう一枚、予備で中厚のフリースジャケットがあっても良いでしょう。
それプラス、インナーダウンやソフトシェル、化繊のシェル・パーカーなども用意します。
私の場合、R1フリース(プルオーバー)が中間着のベースです。それに、もう一枚フリースジャケットもしくはダウンベストやナノパフ(化繊シェル)などを用意します。
プルオーバーがベースなのは、ジャケットを何枚も重ねるとジッパーだらけになってしまうからです。間違っても首まであるタートルネックなどは選んではいけません。
ベンチレーションは重要です。

 

外側をキメる!オーバージャケット&パンツ

雪山の服装、アウタージャケット&パンツ 
アウターは冬の低山であれば、夏用の雨具で代用できます。
ただし厳冬期ともなれば、冷えが浸透してきますので、防寒は念入りに!
そして、樹林帯を超えるような山へは、雨具利用は避けたほうが良いでしょう。
レインウェアは表面が撥水性を出すためにツルツルしているので、転倒したときに、なかなか止められなくなります。
雪山用のオーバージャケットが、表面をザラつかせてあるのはそのためです。

ソフトシェルとハードシェル

通気性と動きのよいソフトシェルと完全防水でゴワゴワのハードシェル、どちらがよいでしょう^^?
2着買えるなら、一つづつ揃えればよいでしょうが…
基本的に、まずはじめは、断然、ハードシェルです。
雪山といえども、雨が降らない、とは限りませんし、日本の降雨多湿のエリアでは、ハードシェルが必須ともいえます。

 

なお、ソフトシェル・ハードシェルの選び方についてはこちらの記事に記載しています

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ
ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

 

ハードシェルジャケットのポイント
ハードシェルに関しては、軽量化と操作性のよい止水ファスナーのフラップが無いタイプが使いやすいです。高いけど(笑

 

防水透湿素材には、ゴアテックス、ドライQ、イーベンント、H2NOなどメーカーから様々にでていますが、最も多いのはゴアテックスです。
ゴアには、2層と3層の違い、さらには、耐久性の高いプロシェル、通気性を向上させたアクティブシェルといった上位素材があります。
ジャケットには3層がシンプルで快適ですが、2層のほうがコストパフォーマンスがいいです。

 

インサレーション(中綿)が入っているようなジャケットは、使い方が限定的になりますので、くれぐれも間違いのないように!
それから、フリースと一体型(セット)になっているものも同じです。重ね着にメーカーやブランドが違っても気にすることはありませんが、同じブランドなら、間違い無いでしょう!

 

ソフトシェルジャケットの選ぶポイント
ソフトシェルについて言えば、私も冬場はできるだけソフトシェルを使うようにしています。
ハードシェルだ!と言っておきながら、しかし、使い方が限定的(積雪期)とはいえ、やはり快適なんです。
雨が降らないことが前提ですが、アンダーから通過した蒸気がよく外に抜けてくれて、ジャケットの裏が結露することもありません。
ピッケルを使っての腕上げも楽だし、ハードシェルに比べてストレスがすくなく動けます。
私の場合、(パタゴニアのウェアばかりで申し訳ないですが)厳冬期は厚めのソフトシェルジャケットとパンツ、4月くらいになれば、薄型のハードシェル(スーパーセルジャケット)を使っています。

 

パンツ・ズボンに関してはジャケット以上にハードシェルをおすすめ。
真冬でも日の当たる暖かいときは、雪がザクザク(解けて)になります。アウターパンツが濡れてくることもありますので、ハードのほうが何かと安心です。春山は絶対ハードシェルです。
選び方のポイントは、やはり軽いものが良いですが、サイドジッパーがフルオープン(ブーツを脱がなくても着脱できる)になるものがベストです。
そうでなくても膝下くらいまでファスナーが下げられれば、換気(ベンチレーション)が楽になります。
雪山は寒いというイメージだけが先行しますが、無風快晴の場合、ウェアが保温防風素材だけに真夏なみに暑くなることもよくあります。
このときに、ハードシェル、とくにパンツはすぐに脱ぐということもできないので、ベンチレーションでカバーします。
雨具だとまったくベンチレーションできないので、まさにサウナスーツ状態なのですよ(笑
私の場合、パンツも基本は3レイヤーですが、3枚もパンツが重なるとかなり足上げの負荷がかかります。なので、ハードシェルでもソフトシェルでも、いずれも2レイヤーにしています(厚めアンダーとアウター)
現行のリーシュレスなど通気性のよいものがベターですね。
さらにトリオレットジャケットやスーパーアルパインジャケットなどがあればワンシーズンを1着で過ごせます。

レイヤリングの組み合わせまとめ

ウェアをフルセットで何枚重ねるかにもよりますけど、たいていは4枚か5枚だろうと思います。
え、6枚!? それもありです。
重ね着のパターンを見てみましょう。

 

Ⅰアンダーウェア

雪山冬山の服装 アンダーウェア 雪山冬山のアンダーウェア
肌に地下に着るアンダーはとにかく汗を外に送るウェア。なるべくぴったりしたフィットのもの、撥水性、保温性のあるもの
ポリエステル系素材

 

Ⅱアンダーウェア上/ミッドウェア下

冬山の服装アンダーウェア 冬山の服装フリース
保温性、通気性がよくジップネックやプルオーバーなど換気できるもの
ポリエステル系・ウール混紡素材

 

Ⅲミッドウェア上

雪山の服装フリースジャケット 雪山の服装ミッドウェア
ストレッチ性の高い動きやすいウェア。ハイブリッド構造。保温性の高いフリース素材。
ポリエステル系・ウール混紡素材

 

Ⅳミッドウェア/アウタージャケット

雪山の服装 ダウンジャケット 雪山の服装 インナーダウン
防風性のあるナイロンシェルやソフトシェル。インナーダウン、化繊入りのシェル。強風・極寒の行動時や予備装備的な扱い

 

Ⅴアウターウェア

雪山の服装 ハードシェルジャケット 雪山の服装 ソフトシェルジャケット
ハードシェルジャケット/ソフトシェルジャケット

 

 

ウェアを揃える際に、全部いっきに買う人は少ないと思います
持ち合わせの装備を使いつつ、雪山の服装もそろえていきますが、
気をつけたいのは、インナー・ミッド・アウターの組み合わせを常に考えておくということ。
一着一着気に入ったからといって、重ね着がチグハグだと使えません。
ベンチレーションや重ねたときの着心地、動きやスタイルを考慮します。

 

雪山登山|初心者のための雪山入門教室 基礎知識編

雪山,冬山,初心者,準備,講習,講習会,知識,おすすめ 雪山・冬山は危険というイメージがあります。それは本当です。逆に言えば、危険だからこそ、行くのです。真っ白な厳しい自然の中に身を委ねたときに、そこから得られる感動という体験は、ある意味夏山を凌駕してしまいます。だからこそ、雪山の魅力にはまった人は「雪山こそ本物」と言えるのです。

≫続きを読む

雪山・冬山の服装¦初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, 初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。夏山登山の基本の服装に関しては、登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編を確認してください。

≫続きを読む

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山,登山靴,冬山,選び方,重登山靴,ブーツ,革靴 雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ

≫続きを読む

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山,アイゼン,ピッケル,選び方,種類,冬山,講習,使い方 アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう

≫続きを読む

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山,ゴーグル,グローブ,バラクラバ,目出し帽,選び方, ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。ゴーグルへグローブへバラクラバへ

≫続きを読む

アイゼンの研ぎ方|丸くなった爪を自分で研いで見る

アイゼン,研ぎ方 アイゼンも数年使っているうちに、いつの間にか爪が丸くなってしまいます。丸くなったアイゼンは、雪山では危険です。定期的にチェックして、研いでおきたいもの。しかし、きれいに研いでくれるショップや知人がいない場合、自分で研がなくてはいけません。そこで、アイゼンの研ぎ方を紹介します

≫続きを読む

やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

雪山訓練,滑落停止,雪山,講習,講習会 冬場になるとあちらこちらで雪山の講習会が開かれます。そして、必ず目にする滑落停止訓練。参加者である雪山初心者たちが目指す、雪山講習会というのは滑落停止訓練のことだったの!?

≫続きを読む

富士山 雪山講習|初めての雪山・初心者ツアー

雪山,初心者,ツアー,講習,講習会,ガイド,アイゼン 2016-17初心者向け雪山講習会!富士山冬山初心者講習会のご案内

≫続きを読む

雪山!八ヶ岳 天狗岳登頂|初心者雪山講習

雪山,雪山講習,八ヶ岳,ツアー,天狗岳, 雪山 天狗岳八ヶ岳 雪山講習と天狗岳ツアーのご案内

≫続きを読む

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習 雪山 八ヶ岳 赤岳に登る赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です本格雪山では外せない山です。コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。初日にアイゼンの練習と確認講習をします初めての参加可能です。装備や経験・ご年齢などを考慮させていただき...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

北海道大沼駒ヶ岳の地図 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。体力について雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。天候や雪のコンディションなどによって左右されますコース自体はそれほど長いルートではありません。装備についてハーネスとヘルメットが必要となります...

≫続きを読む

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山!西穂登頂ツアー 冬の穂高へ雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

≫続きを読む

雪山縦走 八ヶ岳 硫黄岳・横岳・赤岳縦走

雪山,八ヶ岳,硫黄岳,横岳,縦走,ツアー, 雪山 厳冬期の八ヶ岳 横岳縦走南八ヶ岳の横岳・赤岳を縦走します。稜線の岩場もあらわれるコースです。当然風の影響をうけますので、総合的な雪山技術が必要です。好展望の硫黄岳望荘に泊まって、硫黄岳から赤岳までつなぎます。雪山の稜線縦走としてアイゼン&ピッケルを駆使して本格登山をたのしみましょう。縦走中はロ...

≫続きを読む

八ヶ岳 大同心稜

2/20(土)~2/21(日)バリエーション 体力★★ 技術★★★★ 定員2名コース1日目:小淵沢駅又は茅野駅10:00くらい…美濃戸口…美濃戸…赤岳鉱泉(着後アイゼンの練習・ロープワーク・アイスクライミングなど)2日目:…大同心稜…(横岳)…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…小淵沢駅または茅野...

≫続きを読む

雪山へのステップ|北アルプス 唐松岳

冬山、雪山の唐松岳登頂ツアー 北アルプスに登ってみたい北アルプスの唐松岳に登頂します。八方ゴンドラを乗りついで、八方尾根から頂上を目指します。初日は八方池山荘に泊まります。八方尾根上部がやや狭い稜線になっていますが、比較的初級者でも目指せるコースです。稜線からは、天候がよければすばらしい雪峰が姿を見せてくれるでしょう。体力・技術...

≫続きを読む

一度は登ってみたい|雪山の富士山登頂ツアー

春山、雪山の富士山登頂ツアーを募集 雪の富士山こそすばらしい!一度は登ってみたい雪の富士山雪山の富士山登頂を目指します。4月のまだ雪が多く残るシーズンに頂上を目指します。この時期は、風も緩んで穏やかになる時期でありますが、5月よりも雪や氷が硬く安定したアイゼン歩行が必須となります。5月は比較的気温も上がり、初心者でも登りやすいですが、...

≫続きを読む

春の木曽駒ヶ岳

4月の中央アルプス 木曽駒ヶ岳 雪山 木曽駒ヶ岳登頂ツアーのご案内中央アルプスの駒ヶ岳に登頂します。天候も落ち着いている時期ですが、3000m近くの高峰の駒ヶ岳は、雪山スキルをためすにはちょうどよい山。ロープウェイを利用しての千畳敷に宿泊します初日は少々雪上講習を開催します。体力・技術について歩行技...

≫続きを読む

北アルプス 槍ヶ岳|めざす春山

北アルプス 槍ヶ岳登頂!3日間 5/-()~-()本格登山 体力★★★ 技術★★★ 定員3名程度 コース1日目:塩尻駅・新島々…沢渡(10:00)…上高地…槍沢ロッジ 宿泊2日目:…槍沢…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 宿泊3日目:…槍沢…上高地…沢渡…温泉入浴…新島々・塩尻駅※宿泊は槍沢ロッジ ...

≫続きを読む

北アルプス 白馬岳主稜|雪山バリエーション

雪山!春の白馬岳主稜のガイドツアー 春の白馬岳主稜へ!雪山バリエーションの殿堂。白馬主稜を目指します。このルートは雪山の経験が試される、とってもエキサイティングなコースです。一度は登って欲しいルートです。2泊3日の日程時間的な配慮から、登頂後に白馬山荘に宿泊して3日間のゆったり日程です。この時期ならではの北アルプスの醍醐味を味わいまし...

≫続きを読む

北アルプス 奥穂高南稜|春山最後のバリエーション

雪山!春の奥穂高岳南稜のガイドツアー 春山ラスト!奥穂高岳南稜春山後期、残雪のいい時期を狙って、奥穂高へ上げる南稜ルートを目指します。下山は天狗のコルまでも、気を抜けないルートガ続きます。すばらしい絶景を眼下に、ダイナミックなスリルある世界を堪能します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内