答えるよ!パタゴニアのアンダーウェア キャプリーンについて

答えるよ!パタゴニアのアンダーウェア キャプリーンについて

答えるよ!パタゴニアのアンダーウェア キャプリーンについて

キャプリーン,パタゴニア,ベースレイヤー,アンダーウェア,選び方,

パタゴニアのキャプリーンは2015年夏から刷新されています。
新しい記事はこちらです↓↓↓
パタゴニアのキャプリーンが新しい|2015年モデルの違いと選び方

 

キャプリーンアジアンフィットで日本人サイズに!

※日本人にマッチしたサイズ「アジアフィット」が加わりました!!
※キャプリーンとR1のハイブリッド、キャプリーン4プロ新登場!
パタゴニアの化繊アンダーウェア・キャプリーンは、25年以上の歴史があり、生地の厚さなどにより、1番から4番までの種類があります。
キャプリーン1が最も伸縮性にすぐれ、キャプリーン4が「エクスペディションウェイト」として厚みのある生地で保温性に優れています。素材はポーラテックが使われているものが主流になっています。着心地と保温性がさらにUPしたようだわ♪ 

 

キャプリーン4エクスペディションウェイト
キャプリーンの1~4は単に厚さの違いだけではないです。
キャプリーン1のライトウェイトは薄いですが、織りが密ですこし重さがあります。そして肌触りはシルクのように滑らかでさらっとしています。
軽さではむしろキャプリーン2のほうが軽く、風通しは良いです。肌着のタイプはノーマルなクルー(丸首)とジップネックの2種ですが、その年のラインナップによって、フーディがあります。いわゆるフード付きです。ボトムはブースに干渉しないように丈が短いもの(ブーツトップ)があります。

キャプリーンの違いと選び方

ではどういう風にキャプリーンを選べばよいのでしょう。
それは、基本3レイヤーをベースにします。アンダー・中間・アウター。この3層のうち、キャプはもちろんアンダー部。
通常アンダーは1-2枚です。
中間着を何にするかによって、アンダーの厚みを変えて生きます。
私なら基本R1だったりするので、その下はキャプリーン1か2が多いです(春・秋)。
夏ならR1を防寒と捉え、キャプリーン1、もしくは、キャプリーン2のみとします。
冬は、3か4でその下にメッシュをもう一枚、といった感じです。
ご自分の持っているウェアとの着合わせでチョイスしましょう。
※3レイヤーができたら、4レイヤー・5レイヤーも応用となります
※アジアンフィットの登場で、丈が短めな日本人のカラダにぴったりとフィットするアンダーとなりました。
ということで、パタゴニアをフィットするサイズで着られるのはうれしいですね!また、R1のサイズが合わなかった方は、キャプリーン4をそれに代えるという考えもいいかとおもいます。とくに夏山などは、R1ではあきらかに暑すぎですので、私もよくキャプ4を中間着ととらえて、行動していますよb


一番好き!|キャプリーン4エクスペディションウェイト

パタゴニアのキャプリーン4
3.8オンスのポーラテックパワードライ 
メンズ1/4ジップでたったの190g! 
今シーズンの4はポーラテック使用で非常に軽量で柔らかい感じがします。内側がグリッド構造で保温性と通気性があります。
フーディは胸のタテのジッパーポケット付き(ジップネックやクルーにはついていません)。
1よりも軽いのが不思議ですね。
通常としては、この4番の下にもアンダーを着ることもあると思いますので、クルーよりはジップネックが良いかと思います(春夏はそのまま4番という手も)。
パタゴニアのキャプリーン4
また、R1との相性は悪くないのですが、腕などがぴっちりくるのでちょっときつい気がします。袖に親指ループがついています。R1的な使い方もできるアンダーという位置づけでよいでしょう。けっこう多用しています。

 

先鋭的アンダー|キャプリーン4 1/4ジップフーディ

キャプリーン4のより特化した先鋭的アンダー。
R1フーディと同様の仕様となりますが、より軽量、発汗や放熱を考慮したエクストリームアイテムです。生地の用途から、幅広いシーズンで使えますが、春秋にはそうとうな威力を発揮しそうです。ライト&ファーストマニア向けかな♪

キャプリーンサーマルウェイトジップフーディ(メンズ&レディース)

 

滑らかな肌触り|キャプリーン1シルクウェイト

パタゴニアのキャプリーン1シルクウェイト パタゴニアのキャプリーン1シルクウェイト
14年よりキャプリーン1もアジアサイズになりました。
キャプリーン1シルクウェイトは、他のキャプリーンと違い保温性を重視していないため、ポーラテックを素材にしていません。その点で軽さを2に譲りますが、伸縮性にすぐれ、夏向きのシャツとして機能してくれます。肌触りはつるっとしたシルクのような感じでひんやりします。生地としてはいちばん丈夫なのでヨレずに長持ちします。

 

軽さと涼しさと暖かさ|キャプリーン2ライトウェイト

パタゴニアのキャプリーン2ライトウェイト パタゴニアのキャプリーン2ライトウェイト
キャプリーン1よりも軽く、通気性に優れています。
風通しが良すぎるってことですw 
よく見ると凹凸があり、保温性を考慮していることが分かります。パワードライ素材なので、やはり保温力もあり、おまけにアジア向けフィットなので汗の抜けがよくて暖かいです。着こなしによって年中つかえるアンダーだと思います。軽いので着替えの予備としてもうってつけです。汎用的にいっていちばん使いやすいアンダーです。

 

軽さと暖かさ|キャプリーン3ミッドウェイト

パタゴニアのキャプリーン3ミッドウェイト
メンズ201g 
キャプ3もアジアフィットのサイズがラインナップでました。
このあたりでは、重ね着も考えてジップネックもいい。素材はポーラテックパワードライを織り込み使用。起毛仕上げのダブル編み、防臭加工。R1やピトンフリースとの相性も良いです。
また、ジップネックにして、キャプリーン1などとの組み合わせにするとより快適でしょう。

 

風に強い|キャプリーン4プロ・ジップネック

パタゴニアのキャプリーン4プロジップネック
2014年秋冬シーズンに新登場! 
キャプリーン4とR1のハイブリッドモデル。キャプリーン4には、すでにフーディというアルパイン仕様のデザインがそろっていますが、この「キャプリーン4プロ」は、バックカントリーをベースにしてデザインされています。
よって、ハードないしソフトシェルジャケットを着た上での風のあるコンディションにおいてベストのパフォーマンスがでるようになっています。
肩回りや胸など風の進入がある部分はR1、そして背面、脇、お腹部分をキャプリーン4という組み合わせです。
山でもつかえます。ジップネックですが、ノーマルのジップネックよりも長くあご下まで暖かいです。(タイツもあり)

関連記事

キャプリーン4プロ|パタゴニアの新アンダーフリース

 

キャプリーン4エクスペディションウェイト・ワンピース・スーツ

昨年、発売からすぐに品切れになってしまった、このツナギ♪
ワンピーススーツという名前ですが、どうみてもツナギでしょう。
そして、効率が優先される海外遠征や本チャンの山でのとっておきアイテムでしょう。
Wsで303gのポーラテックパワードライ。
フーディは鼻の部分まで覆います。トイレの時どうするんだー!という突っ込みもご安心。腰の部分は縫い合わせてありませんので用も足せます

 

ボトムはタイツ・ボトムのコーナーに掲載しています

 

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース スタイルに合わせてシェルが決まるジャケットの基本はハードシェルです。山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハ...

≫続きを読む

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェルソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビ...

≫続きを読む

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

パタゴニア,R1,R1フーディ,プルオーバー,フリース,ジャケット R1といえば、私個人としては、もういまさら言うまでも無いほどの、基本的なウェアです。山にはR1(あるいはR1フーディ)、至極当然系です♪ パタゴニアのフリースでも一番目に選ぶのはR1でしょう

≫続きを読む

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。ナノパフが出たときは革命的だと感じていたので...

≫続きを読む

ガイドがナノパフを選ぶ理由|パタゴニアの先鋭ウェア

ナノパフ,パタゴニア,フーディ,ジャケット,プルオーバー ナノパフがなぜ高い評価を得ているのか?ナノパフの評価は発売当初から高く、クライマーのみならず、どんなアウトドアでも使いやすいウェアです。化繊インサレーションというカテゴリにはいりますが、ここではあえて、ナノパフにだけクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

パタゴニアR2ジャケット|ハイブリッド化したフリースの底力

パタゴニア,R2,ジャケット,フリース,メンズ,レディース 2014年R2ジャケットフリースはいっそうのハイブリッド構造と、ポーラテックサーマルプロの採用、テクニカルなカットによる着心地、親指用ループ、細身のジッパーなどにより、さらに進化しています。ハイブリッド化したR2ジャケットの底力はじめてR2を買ったときは、冬場はもうずーっと普段から着ていました。それ...

≫続きを読む

パタゴニアのダウンセーター|選び方・使い方

パタゴニア,ダウンセーター,ベスト,インナーダウン パタゴニアのダウンセーターは高い保温力!そして軽量コンパクトナノパフも推奨しておりますが、それは、ダウンセーター(インナーダウン)がダメだというわけではありません。羽毛の持つ保温力とロフト力において、あったかさと携帯性はピカイチです。私がガイディング中は、確実に寒いコンディションが予想された場合は、...

≫続きを読む

レビュー|パタゴニア フーディニとアルパインフーディニ

パタゴニア,フーディニ,アルパインフーディニ 今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。実にいい!ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心...

≫続きを読む

パタゴニアのキャプリーンが新しい|2015年モデルの違いと選び方

パタゴニア,キャプリーン,おすすめ,アンダー,ベースレイヤー パタゴニアの化繊アンダーウェアであるキャプリーンがリニューアルしました。従来までのキャプリーン1・2・3・4というナンバー表記から、デイリー・ライトウェイト・ミッドウェイト・サーマルウェイトという名前になったんだけど…!

≫続きを読む

究極的|パタゴニアのウルトラライトダウンジャケット

パタゴニア,ウルトラライトダウン,ダウンジャケット,ウルトラライト パタゴニアのダウンジャケットのなかでも究極的ともいえるウルトラライトダウンジャケット。フーディやベストなどウルトラライトダウンのラインナップが揃っています。極めて軽量、薄型のミニマリスト御用達のハイエンドウェアです。インナーダウンという枠を超えてオールラウンドに使えるモデル。ダウンにおいては、その素...

≫続きを読む

パタゴニアのザック|アセンジョニストパックの評価

パタゴニアのアセンジョニストパック・アーバーパック パタゴニアから2014年に、新しいザックが登場しました。ザックはブログ記事でも紹介していますが、カラダにフィットし、かつ使いやすいという、自分の理想の形というのがなかなか見つかりません。私にとっては、それはウェアを選ぶよりも難しく、常に新スタイルのモデルを追うものの、結局はシンプルでスリムなデザイン...

≫続きを読む

着心地満点!パタゴニアの新しいメリノベースレイヤーが気持ちいい!

パタゴニア,メリノ,ウール,ベースレイヤー,アンダーウェア チクチクがイヤなら「メリノ」にしようパタゴニアのメリノウールを使用したアンダーウェアー。私はとにかくウールのチクチクが大キライで、ウール製品の肌着なんか眼中にありませんでした。が、近年の開発技術というのはすごくて、このパタゴニアのメリノウールも、ほとんどチクチク感を感じないスグレモノに仕上がっていま...

≫続きを読む

パタゴニアのトレントシェル|雨対策にレインウェア

パタゴニア,トレントシェル,レインウェア,ストレッチジャケット,プラスジャケット パタゴニアのレインウェア、トレントシェルの紹介です。パタゴニアでは、山用夏用レインウェアとして2015年現在、トレントシェルジャケットJAPANSPECIAL(ジャパンスペシャル)、トレントシェルストレッチジャケットの2種です。どれもH2NOの防水ハードシェルで、2.5層となっています。ゴアテックス...

≫続きを読む

パタゴニア R3とR4ジャケット!違いと評価

パタゴニア,R3,R4,フリース,ジャケット,評価,口コミ,レビュー R3ジャケット R4ジャケット  (`ー´)R3 R4といったフリースは生地が厚く保温力が高いために、発汗が激しい状況では不向きといえますが、厳冬期の稜線縦走や、停滞時の装備として威力を発揮します。また、釣りやキャンプといったフィールドでは、むしろ、暖かくて重宝するでしょう。ダウンなどのようにモコモ...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内