山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難事故に遭わないために

山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。
なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 
私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。
参考程度に!あくまでもすべて自己責任において行動してくださいね


山岳遭難事故の常識と盲点

山岳遭難の登山者に、初心者とベテランの区別は無い

山岳事故のニュースなどをみていますと、「ベテラン登山者がなぜ?!」みたいな見出しをみたりします。
県警などの統計をみたらわかりますが、なぜ?!じゃないです。あれは、記者が初心者心理を煽っているだけです。誰でも事故は起こりえます。
事故は気が緩んだときに起きやすい、というのは、何百年も前に孔子が説いています。
リスクの恒常性という統計からしても、ベテランになれば、より危険な領域に入るので、事故にむしろ遭いやすいのかもしれません。
弘法も筆の誤り。そこに、ベテランも初心者もないのです。
「オレは経験を積んだ」なんて思いは捨てましょう。

事故は思っても見ないことしか起こらない

あーやっぱりねーというふうに、事故が起きてから思う人はいないでしょう。
私がこんなことに遭うなんて・・・・
という言葉を、きっと県警の山岳レスキューの方々は毎回聞いているのかもしれません。
だからここで、自分にもいつかそんなときが来るかもしれない!という風に考えておくことは、けっして損ではありません。
むしろ、潜在意識に警鐘を鳴らせてくれるはずです。

「山に連れて行ってやるよ」という無責任な発言

山岳遭難事故に遭わないために
誰にでもあると思います。あそこなら行ったことがあるから連れて行ってやるよ、とか、今度あそこに行ってみたいけど、あなたも来ない?とか。
その言葉を発したときに、相手の命を守る責任は、可能な限り私が持ちます、と、心のなかででも言えたでしょうか?
気安く人を誘うときの心理の多くは、「私が先導してあげたい」「私より体力が無い人で自分を安心させたい」「いいところを見せたい」などの動機ではないでしょうか。あるいは頭数や交通費削減のためもあるでしょう。
決して、誘うことが悪いということではありません。そうやって、人は山の世界に入っていくものだとおもうのです。
ただ、ガイドをしていてつくづく思うのは、責任感が生まれると、軽はずみでは、ますます行動も発言もできない、ということです。このことを知っているだけでも、いざという時の判断に、慎重さが生まれることもあるかと思います。

「過去に行ったことがある」経験の落とし穴

人は、物理的なもので物事を考えてしまいます。山に登った経験があれば、その山は制覇した、と考えがちです。
しかし、山とは、たんなる日本語という言葉にしか過ぎず、そこにある(山という)存在そのものは、その日、その時に、その人が体感したものが唯一無二であって、たとえその人が何度もそこに行ったとしても、経験した数だけの山(の存在)があるのです。
だから、次に行く山は、未知数であるはずなのです。

 

山の事故を防ぐ大きなタイミング

計画段階で事故を防ぐ

そもそも、計画しなければ事故は存在できません。しかし、「そこに山があるから」という衝動は抑えられ難いものです。
とはいえ、計画の段階で、対策をとることは、十分可能です。出発前の計画というのは、実体験がともなわないので、どうしてもおろそかになりがちですね。
しかし、現地での究極の判断や、事故時の対応と処理の労力を思うと、計画の実行なんて、ささいなことで済むのです。
適切な山、適切な時期、適切なコース、適切なメンバー・・・勢いと思い付きは必要ですが、その下請け(計画)もしっかりとやっておきましょうか。

出発段階で事故を防ぐ

出発をやめれば、これも事故を防ぐことが出来ます。100名山とか、○○ルート制覇とか、なにかこだわっている人は要注意です。
悪天候などでも「仕方が無い」とあきらめることを学びましょう。
さらに、近年の異常気象下では、まったく過去の経験が当てにならないような事象も起こりえます。そのことも意識の隅にいれておくべきでしょう。

現地で事故を防ぐ

現地での判断はもっとも難しいです。それも、奥に進めば進むほど、引き返すのが難しくなる、ということを知っておきましょう。「あるある!」一度でもこういう経験をしたのなら、それを忘れないことです。人間はいつでも忘れることができますので(笑

山岳遭難事故を防ぐ具体的な対策

まぁ当たり前のことを綴っていきます。再確認してください。

天気・気象に注意する

山岳遭難事故に遭わないために
出発前であれば、気象図を見たりして、大方の山の天候を知っておいてください。多くの登山者は、気象状況ではなく、街の天気予報を見ています。最近は山の天気予報もでていますが、可能であれば、「なぜ天気が良い(悪い)のか」を理解しておいたほうがいいでしょう。最終的には自分の判断ということになります。
ここで重要なのは、多少天候が悪くても、休みがこの日しかない・予約を取ってしまった、などという圧力ともいえる見えざる強制力があるということも意識しておいたほうがいいでしょう

軽量化に勤める

軽量化することは、実は安全につながります。
体力温存とスピード、そして、余力ができるからです。常に軽量化を求めてシンプルに登山することに心がけて欲しいと思います。

歩くペースは考えろ

最近は、ガムシャラに歩く人を見かけるのは少なくなり、若者でも山を楽しんでいる風には見えます。しかし、どんな人でも、気にしていないとペースは速くなるものです。歩き出しから、最後まで同じペースで歩くことが理想でしょう。当然なかなかそうななりませんが、後半のことも考えて行動するということも大事です。なぜならば、下山に事故が多いという事実がすべてを説明してくれていますから。

登山届けを必ず出す

山岳遭難事故に遭わないために
これは、事故後の対応ということになりますが、届けを出す癖をつけておく、というのが大事だと思います。
現在、ネットからメールや登山届けフォームなどで、簡単に手続きができるシステムが構築されつつあります。
めんどうがらずに、この流れに便乗してください。

引き返すことをネガティブにとらえない

よく引き返すことを「敗退」といいます。
山と戦をする時代はもう終わりました(笑
なにか引き返すのは恥ずかしいとか、負けとか、ネガティブにとらえる必要はまったくないでしょう。
山に登ったときに、頂に立ったときに、なにが残るのでしょうか?
経験ですよね。
敗退は、偉大な経験だとおいっておきましょう。

軽い気持ちのソロ登山

ソロ登山が流行っています。
私もよくソロやっていますし、本来の山はソロだとおも思います。
しかし、です。そんなときは、真剣に山と向き合ってください。
真剣に、です。そこ、大事ですよ

臆病者が得をする

臆病なことは、生き延びるための重要な防御スキルだと思います。
こわい!と思う気持ちがないと、突っ込んでしまいます。
怖い!と思うことの何がいけないんでしょうか?
腰ぬかしてでも、撤退してください(笑
山岳遭難事故に遭わないために

常に最悪のパターンを考える

なんてネガティブなんでしょう!?とは思わないで。
最悪のケースを想定しておくことは、事故を未然に防ぐことが出来るかもしれません。
「思ってもみなかったこと」しか事故は起こらないのですから、思っておけば、おこらないのです。
ただし、それは、意識の隅において、静観です。
何かあったら、落ち着いて、深呼吸。

 

足首のサポーターなんて要らない|キネシオテーピングで簡単に捻挫の予防

足首,サポーター,テーピイング,捻挫,予防 足首の捻挫は誰もが経験するところです。私は子供の頃から捻挫がクセになってしまい、今では足首がゆるゆるです。足首のカナメとなっている筋肉は、いったん伸びてしまうと、もとに戻らないそうです。それが原因で、筋力が落ちると、すぐに転んだりするとか・・足首のサポーターは他の部位とちがってちょっと厄介です。なぜ...

≫続きを読む

日本百名山を目指す人が注意したい10の登山スタイル

日本百名山,登山,おすすめ,リスト,一覧 日本百名山は90年~2000年くらいに入って人気が急浮上しました。いまやTVのおかげで知らない人も少ないと思います。確かに選ばれた100山の一座一座を見てみると、どこも素晴らしい山が勢ぞろいしていて登る価値は絶大に思えます。しかし、です。百名山を目指している登山者というのを、私は登山経験者とはあまり...

≫続きを読む

膝痛を攻略する|スポーツ向け膝サポーター選び方

膝,サポーター,痛,登山 膝が痛い!そんな人はたくさんいることでしょう。私もそうですが…毎日サポーターをつけて仕事をすることも日常となったわけで、そんなサポーター生活者のために、今回は膝のサポーターについてクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

靴底の修理|かかとの修理を自分でやってみた

靴底,かかと,修理 靴底って、まずその多くのケースとしては、ソールのかかとがすり減ってきます。基本的に、かかとが減ってしまったら、他の部分が減っていなくても、張替えが基本です。でも、靴底ソールの張替えってだいたい10000円くらいはします。私の場合歩くのが職業なので、たいていは新しく買っているのですが、一般の方にしてみ...

≫続きを読む

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難,山の事故,遭難ニュース 山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。参考程度に!...

≫続きを読む

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

ヘッドライト,LEDライト,おすすめ,種類,ヘッドランプ,選び方, LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDの...

≫続きを読む

山の救急|登山で必要なファーストエイドの中身とは!?

ファーストエイドキット,登山,救急,装備,アウトドア,エマージェンシー 登山の標準装備としても、山でなくてもアウトドアでは必須のファーストエイド。万一怪我や負傷したときのエマージェンシーの最低限の装備として携行したいものですが、よくよく確認してみると、なんとも中身がお粗末なファーストエイドキットを持っている方が多いように思います。そこで、世のため、アウトドアのため、登山...

≫続きを読む

登山装備軽量化|山を快適に楽しむ8つのやり方

登山,装備,軽量化,中高年,荷物,軽い 登山をはじめたばかりの若者が増えつつある昨今ですが、装備がバッチリ決まっています。そして、その装備を担いでいるんだか、担がれているんだかわからないような重装備をした人もチラホラ。わかります、その気持ち、そしてもうちょっとすると、めっちゃ荷物担ぎすぎている自分に気づくことも…そう、登山と人生は、荷物が...

≫続きを読む

ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

ソフトシェル,選び方,ジャケット,おすすめ ソフトシェルとは?!アウトドアウェアにおいてソフトシェルというのは、いわゆる、ハードシェルの対比語で、ゴアテックスなどの防水素材がライナーされた防水防風のアウターに対し、動きやすさや通気性を重視したウェアのことを言います。おもにヨーロッパなどで広く使われ、日本でも大きなブームとなりました。確かにソフ...

≫続きを読む

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ

ハードシェル,ジャケット,ゴアテックス,H2No,選び方 ハードシェル、そう、多雨多湿の日本のアウトドア・山岳においてはなくてはならない存在です。ソフトシェルのノウハウを言う前に、まずはハードシェルです。撥水ではダメなんです。防水でなきゃ…ということで、ハードシェルの違いについて紹介します。

≫続きを読む

膝が痛い対策|ストック・サポーター・インソール・テーピングを使いこなす

膝,痛い,痛み,膝痛,登山,ストック,サポーター,インソール 膝・腰 予防アイテム膝がいきなりいたくなるもう10年以上まえのことですが、長い沢をワンデイで抜けて、冷え切った体でそのまま下山しはじめたときのことでした。突如、ヒザがピキン!と痛み出しました。それまでは、ヒザが痛いなんてことはなかったのですが。。 山に登って(登りまくって)いると、いつかやります、ヒ...

≫続きを読む

ストックの使い方|膝の衝撃予防とテクニカルな使い方を追及する

ストック,使い方,使用法,ポール,登山,膝 山を初めて20年以上、ガイドとして日々山を歩いている身として、ぶっちゃけた話をすると、膝が痛いです。もうこれは職業病です(私だけかも^^;で、ストックを使い出してからはもう随分とたつのですが、仕事柄、もっぱらダブルではなくシングルストッカーです。全国の膝痛ユーザーの皆様に、膝にかかる負担をいかにして...

≫続きを読む

登山での歩き方|膝が痛い・足が痛いなら裸足で歩け

登山道具,情報,選び方,方法まとめ,ガイド 一時期裸足で走る「裸足ランニング」というものが注目されました。山を登っていると、厚底の登山靴を履きなれてしまっていてそのクッション性に頼りきった歩き方をしている人を多々見かけます。歩き方の効率が悪いと、膝の痛み、かかとの痛み、足の故障などが起きる原因になります。アーチが崩れ、偏平足だったり、甲高であ...

≫続きを読む

山小屋で快適に眠るための10のルール|山小屋快眠法

山小屋,睡眠,眠れない,山,快眠,方法 山小屋において、「眠れない」という経験をする人が多いでしょう。寝る時間も早く、汗をかいたままでの不快な状態ではなかなか眠れません。特に夏季は人も混雑して騒音や暑さなどますます眠れない要素が増えてきます。今回は、山小屋でぐっすりと眠るための私が心がけている方法というかコツを紹介します

≫続きを読む

登山で使うヘルメットの選び方|ヘルメットを買うときのポイント

ヘルメット,選び方,違い,登山,おすすめ,山用 ここ数年で、登山者のヘルメット利用が増えてきました。登山者自体に安全意識が芽生えたこともありますが、県警や山小屋・遭難対策協会などが推奨してきたこともあります。北アルプスの槍・穂高連山や剱岳付近、後立山縦走路などでは危険な岩場が多く、ヘルメット姿の登山者も多いです。ということで、今回は、登山(バリエ...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

登山,登山靴,選び方,おすすめ,メーカー,トレッキングシューズ いろんなタイプ登山靴・トレッキングシューズ靴って、難しいですよね。サイズだけではなく、形やタイプもそれぞれ違うし、何を選んだらいいのでしょうね。ま、正直、「ピン!」ときたやつを選ぶのが、間違いないでしょう。と、言ってしまったら身も蓋もないので、私流の選び方を書きます。

≫続きを読む

登山靴のインソール・中敷きの選び方

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン 登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。※SIDA...

≫続きを読む

足が靴に当たって痛い|登山の靴擦れ・踝が痛い・外反母趾の予防と対策

靴擦れ,かかと,外反母趾,登山靴,痛い,指,踝が痛い 登山中、とくに下山時に、足(指、足の爪、かかと、踝(くるぶし)、外反母趾、脛)が痛くなったことは誰にでもあるはずです。外反母趾や足の幅が広い人だけでなくても、指・かかと・すねなどが硬い登山靴に当たって痛い! 踝が痛い!そんな経験はありますね。私もガイド中によくお客さんから、靴が当たって痛い、と言われ...

≫続きを読む

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ  ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒 山のグローブ・手袋グローブも、難しいですね。選び方が。ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。というのが現状です。当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグ...

≫続きを読む

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山,傘,カサ,おすすめ,道具,装備, 山に傘は必要でしょうか?必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。でも、私は傘持ちガイドです^^傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します

≫続きを読む

登山で使うロープ|岩場で使うザイルの選び方

ロープ,ザイル,選び方,違い,登山,岩場 穂高縦走したい、剱岳のバリエーションにいってみたい、けれども持っていくロープはどれにしよう?クライミングをするわけではないけど、登山において、縦走や岩場、クサリ場でのちょっとした確保、岩稜のバリエーション、なとに使うロープ(ザイル)についてどのようにチョイスをしたら良いかのヒントになれば幸いです。(...

≫続きを読む

やってはいけなくない単独登山|ソロ登山で意識したいこと

登山,単独,ソロ,独り歩き,単独登山 単独登山に警鐘が鳴らされています。一方でソロ登山者も増えています。ソロ登山は危険なのか?やめたほうがいいのか?個人的に思うこと

≫続きを読む

雪山初心者に多い勘違い、それは…

雪山,冬山,リスク,初心者, 雪山を始める方がますます増えています。ガイドツアーにも問い合わせが多くきます。そこで思ったことを書いてみます。

≫続きを読む

山ウェアのアレコレ|長持ちする服や修理・メンテナンス

登山ウェア,リペア,長持ち,選び方,修理 Worn Wear:着ることについてのストーリー:パタゴニア登山や私生活で着ているアウトドアウェア。値段はそこそこ高いのですが、以外に長持ちします。これらのウェアを振り返って、使い込んだものは結果どうなのかを書いてみたいと思います

≫続きを読む

自作の虫避けスプレー!天然ハーブの虫除けアロマの作り方!

虫除け,スプレー,ハーブ,作り方,天然,アロマオイル 虫除けスプレーを天然アロマオイルの精油を使って作ってみました。今までは、パーフェクトポーションという天然ハーブの虫除けスプレーを買っていましたが、特に夏はけっこうな頻度で使うので、すぐになくなります。実際に作ったほうが量産&安上がりです。そして、デング熱も流行ってますし、子供の虫除け対策としても今後...

≫続きを読む

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

登山用品,レンタル,富士山,初心者,おすすめ 登山用品のレンタルショップが富士山を筆頭に全国であちこちにできています。道具を買わずに、レンタルの装備を使って危険な山に登る登山者・・・知識不足、経験不足で入山して・・・事故につながりやすいのでは!?そんな意見もあろうかと思います。私個人としての感想です。 

≫続きを読む

海外登山アレコレ

海外登山を目指す方への提案です。

≫続きを読む

山の安全・何が安全|山に登って思うこと

山岳ガイド,登山,安全,事故,山岳事故,対策 登山の安全について山は1000回登ったら、1000回とも違う経験をします山登りをずっと楽しむためには、事故を起こさないに越したことはありません。しかし、絶対安全などということはありえないでしょう。山に登る以上危険はつきものなのです。では、わざわざそんなリスクを冒してまで行かなければいい。そう思われる...

≫続きを読む

登山・山岳ガイドになる!|その前に知っておきたいこと

登山ブームの煽りを受けて、ガイド需要も高まっています。その中で、ガイドを職業として志望する方々も増えてくるのではないでしょうか。私も山に登っていて、毎日のように「ガイド」という言葉を耳にします(良きも悪きも)それだけ山の世界では目立つ存在なのでしょうか。しかし、職業というものは(ガイドに限らずに)一...

≫続きを読む

山岳ガイドと登山ガイド どう違うの?|ガイド資格とスキル

登山ガイド,山岳ガイド,違い,資格 山岳ガイドと登山ガイド、呼び方は違うけど、実際になにが違うのか?そしてその違いや資格の取得について簡単にご説明します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内