冬山・雪山の登山靴を選ぶ、買うためのポイント。

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山・冬山の登山靴|登山靴の選び方

雪山用の登山靴、重登山靴

雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。
これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。
万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ


冬山・雪山用登山靴とはいったいどんなものか?

まず登山靴の違いについては、山のアレコレのほうで掲載していますので、確認をお願いします。

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

 

雪山を歩くにあたっての登山靴ですが、ここで大前提というものがあります。
それは、
 
雪の上を歩いても暖かい

 

ということでしょう。
といいましても、厳冬期などはほんとに足先が冷たくなったりしてしまいますが・・・

 

よくありがちなのが、持っているナイロン靴で雪山に向かう、ということです。
それも一つの経験でしょうが、おすすめはできません。
(地域や標高などにもよりますし、最近は新しいナイロン素材も開発されていますので一概にはいえませんが…)

 

最低でも革製、もしくは保温効果の高い(冬季用)ナイロンブーツを用意する必要があります。

 

とにかく、「寒い」というのが雪山の永遠のテーマなわけですが、寒くなるポイントというのは、体の心臓から一番遠い末端、つまり足先や手先が最も早く寒くなってきます。
なので、ここだけはオーバーなくらいな装備が欲しいのです。

夏用登山靴よりも難しい雪山用登山靴のフィット

末端を冷やさないようにするというのは、靴の保温性のみならず、登山靴でむくんだ足を締め付けないということも重要です。
雪山用のブーツ、登山靴というのは、(木型)デザインが夏用トレッキングシューズよりも広め、ゆったりサイズに仕立ててあります。
これは、足がむくんでも締め付けない、血流を悪くしないということもあります。靴下も厚めになりますし、靴の柔軟性も低いので、夏の登山靴ほど足に馴染んでこないということもあるでしょう。
一箇所でも狭くて当たるところがあれば、ちょっと歩くのがつらくなります。
私も以前スポルティバのトランゴアイスという軽いブーツを買いましたが、右足の小指の付け根が当たって、何度も苦痛を我慢して歩いたこともあります。
(トランゴは非常に優れたブーツです。単に足が合ってなかっただけ)
メーカーやショップなどでは、万力などを使って若干広げたりすることができるようですが、そもそも選ぶ際にしっかりゆとりのあるブーツを選ぶことがとても重要です。
多少広がっても、長時間歩行では痛みがでるかもしれません。
痛いときはこちらの記事で解決するかも

 

デザインと動きやすさ

雪山ブーツは当然、トレキングシューズなどと比べてものすごく硬くて、歩きにくいものです。しかし、最近は足首周りの構造や素材などが追及され、柔軟性があるものが増えてきているのも事実。同じグレードの登山靴でもメーカーによって軽さや履き心地もちがってくるので入念にチェックは必要ですね!

 

登山ショップで登山靴を選ぶときのポイント

ショップの店員さんにアドバイスもらった上で、実際に履いて比べてください。最終的に自分で納得して決めましょう。
決め方は、WEB登山教室記事
登山靴・トレッキングシューズ|おすすめメーカーで選んではいけない
で紹介していますが、
まず、インソールを抜いて足の幅などが合っているか確かめます。もちろん長さもですが、長さに関しては、ちょっと長すぎるくらいでもOK
靴下は厚手です。持参するか目当てのものを買ってしまってそれを履いて試すというのがベスト。
雪山登山靴に関しては、午後に買う。でないと足のむくみがわかりませんからね。
良さそうな感じだったら、20-30分くらいは履いたままでいるとベター。
しばらく履いて、違和感がないことを確かめます。履いたときはなにも感じなくても、だんだん圧迫を感じたりします。

 

雪山用の冬用インソール・中敷き
インソールは大事!
寒さ対策にインソールも購入。雪山用の登山靴なのに、雪山仕様になっていないインソールが多いです。
いろいろ探しましたが、暖かさでいえば、銀色のアルミ系断熱素材がつかってあるものがベストです。

このインソールがいまのところ私の雪山インソールNO1です。表がウール、裏が三層断熱構シールド、しかもかかとに衝撃吸収剤と、土踏まずに高めのアーチがはいっています。こんな4拍子も揃ったインソールはそうありません。
難点はウールが靴下で若干滑りやすいので、きわどい登攀には向いてませんが、通常の雪山登山では問題ないです。
とにかく、このインソールで靴底からの冷えがなくなりました。

 

流行のゲイター付ブーツについて

ゲイター(雪山用スパッツ)と一体型になった厳冬季用ブーツというのが徐々に出回ってきています。
これはより保温力があり、無駄な隙間やゲイターを着ける手間が省けるといった便利な仕様です。
このチョイスも良いのですが、絶対いいかといえば、デメリットもあります。
まず、ゲイターが破れたり劣化したら面倒だということ。なので初級者には向いていません。
けっこうアイゼンでゲイターを引っ掛けて破いてしまいますので。
逆に私は、ゲイター(スパッツ)を一度つけたら、山小屋やテントに入るときも、靴につけたままにしています。
ゲイターをつけたまま、靴紐だけを緩めて靴を脱ぐだけ。履くときも、そのままスポっと足をいれて、紐を締めてゲイターを整えれば終わります。
朝の、スパッツ装着にモタモタしてる人たちに教えてあげたいくらい楽です。なんでみんなやらないんだろう?って思っちゃいます(笑
しかも、山小屋の靴箱は雪でビショビショです。ゲイターを絞っておけば、上の段から滴り落ちる雪解けの雫で靴の中が濡れることもありませんから♪
雪山用の登山靴ゲイタースパッツ

アイゼンとの相性はとっても重要!

雪山用重登山靴はアイゼンとの相性があります。
良いブーツでも、買ったアイゼンがぜんぜん合わなかったりします。
なので、アイゼンもセットで買うか、持っていれば買う靴と合わせるためにお店に持っていってください。
※お店の人に調節してもらうと便利ですが、ずれたり緩んだときのために、やり方や原理をを知っておきましょう。
アイゼンとブーツが合ってない場合は、ソールの横からアイゼンの爪がはみ出していたり、あきらかに爪の並びが偏っていたりするのでわかります。

 

アッパー素材の良し悪し

一時期プラスチックブーツが全盛時代というのがありました。
たいてい二重靴になっていて、ガシガシ歩く重たい靴です。でも寒いと思ったことは無く、今だに復活してもいいんじゃないかとも思っています。
今は革靴とナイロン系の靴がメインです。革靴は長年履き続けて来られている通り、定評のある素材です。内側はとうぜん化繊の保温素材や断熱素材が入っているはずです。
最近の主流としては、足首回りなどの動きやすさ、柔軟性を重視する靴が増えてきました。当然裁断や素材の使い方がハイブリッド化して、設計も複雑ですが、より、軽量化され、以前の重登山靴の重いというイメージを払拭しています。
私は革靴にこだわる必要も無いと思いますが、べつにこだわっても良いとも思います(寒くなくて歩ければどっちだっていい)

 

雪山は夏よりも体力を使います。なので、足上げも軽いほうが楽で楽しめます。
軽さと暖かさは、反比例しそうですが、できるだけ、軽量で暖かいものが理想ですね。

 

4シーズン登山靴か!?雪山専用登山靴か!?

通年使える登山靴と雪山にしか使えない登山靴とで迷うことも考えられます。
安心は雪山専用の厳冬期登山靴ですが、春山などになると、4シーズンブーツのほうが軽くてよかったりします。
なので、初めての場合は4シーズンで様子見というのでもOKだと思います。
4シーズン系のブーツは、アイゼン装着のコバが前には無く、カカトだけについていますので、アイゼンもフロントはカップイン、カカトはワンタッチ式のセミワンタッチアイゼンとなるでしょう。
靴の値段はだいたい4-5万円といったところでしょうか。
厳冬期用は5-8万円・・・_| ̄|○ ガクッ
人にもよりますが、厳冬期の相当に冷え込んだ時以外はなんとかなります(笑
高い山は3月以降、気温が緩んだらどこへでもいけると思います。
しかし、春山のアルプス狙いで4シーズンを選ぶなら、どうせ厳冬の八ヶ岳あたりを経験する必要があるので、厳冬期用がベターですね。
私などは、足が超冷え性なので、12月-3月までは厳冬季登山靴、4月以降は4シーズンブーツにしています。

 

雪山登山|初心者のための雪山入門教室 基礎知識編

雪山,冬山,初心者,準備,講習,講習会,知識,おすすめ 雪山・冬山は危険というイメージがあります。それは本当です。逆に言えば、危険だからこそ、行くのです。真っ白な厳しい自然の中に身を委ねたときに、そこから得られる感動という体験は、ある意味夏山を凌駕してしまいます。だからこそ、雪山の魅力にはまった人は「雪山こそ本物」と言えるのです。

≫続きを読む

雪山・冬山の服装¦初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, 初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。夏山登山の基本の服装に関しては、登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編を確認してください。

≫続きを読む

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山,登山靴,冬山,選び方,重登山靴,ブーツ,革靴 雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ

≫続きを読む

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山,アイゼン,ピッケル,選び方,種類,冬山,講習,使い方 アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう

≫続きを読む

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山,ゴーグル,グローブ,バラクラバ,目出し帽,選び方, ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。ゴーグルへグローブへバラクラバへ

≫続きを読む

アイゼンの研ぎ方|丸くなった爪を自分で研いで見る

アイゼン,研ぎ方 アイゼンも数年使っているうちに、いつの間にか爪が丸くなってしまいます。丸くなったアイゼンは、雪山では危険です。定期的にチェックして、研いでおきたいもの。しかし、きれいに研いでくれるショップや知人がいない場合、自分で研がなくてはいけません。そこで、アイゼンの研ぎ方を紹介します

≫続きを読む

やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

雪山訓練,滑落停止,雪山,講習,講習会 冬場になるとあちらこちらで雪山の講習会が開かれます。そして、必ず目にする滑落停止訓練。参加者である雪山初心者たちが目指す、雪山講習会というのは滑落停止訓練のことだったの!?

≫続きを読む

富士山 雪山講習|初めての雪山・初心者ツアー

雪山,初心者,ツアー,講習,講習会,ガイド,アイゼン 2016-17初心者向け雪山講習会!富士山冬山初心者講習会のご案内

≫続きを読む

雪山!八ヶ岳 天狗岳登頂|初心者雪山講習

雪山,雪山講習,八ヶ岳,ツアー,天狗岳, 雪山 天狗岳八ヶ岳 雪山講習と天狗岳ツアーのご案内

≫続きを読む

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習 雪山 八ヶ岳 赤岳に登る赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です本格雪山では外せない山です。コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。初日にアイゼンの練習と確認講習をします初めての参加可能です。装備や経験・ご年齢などを考慮させていただき...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

北海道大沼駒ヶ岳の地図 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。体力について雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。天候や雪のコンディションなどによって左右されますコース自体はそれほど長いルートではありません。装備についてハーネスとヘルメットが必要となります...

≫続きを読む

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山!西穂登頂ツアー 冬の穂高へ雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

≫続きを読む

雪山縦走 八ヶ岳 硫黄岳・横岳・赤岳縦走

雪山,八ヶ岳,硫黄岳,横岳,縦走,ツアー, 雪山 厳冬期の八ヶ岳 横岳縦走南八ヶ岳の横岳・赤岳を縦走します。稜線の岩場もあらわれるコースです。当然風の影響をうけますので、総合的な雪山技術が必要です。好展望の硫黄岳望荘に泊まって、硫黄岳から赤岳までつなぎます。雪山の稜線縦走としてアイゼン&ピッケルを駆使して本格登山をたのしみましょう。縦走中はロ...

≫続きを読む

八ヶ岳 大同心稜

2/20(土)~2/21(日)バリエーション 体力★★ 技術★★★★ 定員2名コース1日目:小淵沢駅又は茅野駅10:00くらい…美濃戸口…美濃戸…赤岳鉱泉(着後アイゼンの練習・ロープワーク・アイスクライミングなど)2日目:…大同心稜…(横岳)…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…小淵沢駅または茅野...

≫続きを読む

雪山へのステップ|北アルプス 唐松岳

冬山、雪山の唐松岳登頂ツアー 北アルプスに登ってみたい北アルプスの唐松岳に登頂します。八方ゴンドラを乗りついで、八方尾根から頂上を目指します。初日は八方池山荘に泊まります。八方尾根上部がやや狭い稜線になっていますが、比較的初級者でも目指せるコースです。稜線からは、天候がよければすばらしい雪峰が姿を見せてくれるでしょう。体力・技術...

≫続きを読む

一度は登ってみたい|雪山の富士山登頂ツアー

春山、雪山の富士山登頂ツアーを募集 雪の富士山こそすばらしい!一度は登ってみたい雪の富士山雪山の富士山登頂を目指します。4月のまだ雪が多く残るシーズンに頂上を目指します。この時期は、風も緩んで穏やかになる時期でありますが、5月よりも雪や氷が硬く安定したアイゼン歩行が必須となります。5月は比較的気温も上がり、初心者でも登りやすいですが、...

≫続きを読む

春の木曽駒ヶ岳

4月の中央アルプス 木曽駒ヶ岳 雪山 木曽駒ヶ岳登頂ツアーのご案内中央アルプスの駒ヶ岳に登頂します。天候も落ち着いている時期ですが、3000m近くの高峰の駒ヶ岳は、雪山スキルをためすにはちょうどよい山。ロープウェイを利用しての千畳敷に宿泊します初日は少々雪上講習を開催します。体力・技術について歩行技...

≫続きを読む

北アルプス 槍ヶ岳|めざす春山

北アルプス 槍ヶ岳登頂!3日間 5/-()~-()本格登山 体力★★★ 技術★★★ 定員3名程度 コース1日目:塩尻駅・新島々…沢渡(10:00)…上高地…槍沢ロッジ 宿泊2日目:…槍沢…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 宿泊3日目:…槍沢…上高地…沢渡…温泉入浴…新島々・塩尻駅※宿泊は槍沢ロッジ ...

≫続きを読む

北アルプス 白馬岳主稜|雪山バリエーション

雪山!春の白馬岳主稜のガイドツアー 春の白馬岳主稜へ!雪山バリエーションの殿堂。白馬主稜を目指します。このルートは雪山の経験が試される、とってもエキサイティングなコースです。一度は登って欲しいルートです。2泊3日の日程時間的な配慮から、登頂後に白馬山荘に宿泊して3日間のゆったり日程です。この時期ならではの北アルプスの醍醐味を味わいまし...

≫続きを読む

北アルプス 奥穂高南稜|春山最後のバリエーション

雪山!春の奥穂高岳南稜のガイドツアー 春山ラスト!奥穂高岳南稜春山後期、残雪のいい時期を狙って、奥穂高へ上げる南稜ルートを目指します。下山は天狗のコルまでも、気を抜けないルートガ続きます。すばらしい絶景を眼下に、ダイナミックなスリルある世界を堪能します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内