間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

雪山,初心者,入門,あるある,

最近は山の経験も浅いのに、雪山を始める方も増えています。
いきなり厳冬の八ヶ岳・赤岳なんかに登るかたも多いことでしょう。でも、登る前に、技術や全体的なことを身に着けておくことのほうがよっぽど大切だとは思いませんか?
ガイドツアーでは、山に登る前に、富士山の講習会に来てもらうほうがすごくあとあと役に立つことをつけたしておきます。
今回、ちょっと辛口ですが、情報だけが先歩きして、陥ってしまいがちな点を確認してもらえればと思います。


リスクがわかっていない平和な日本人の雪山事情

まず雪山を始めるのにわかってもらいたいことは、日常生活の便利スイッチをオフにして挑まなくてはならないということでしょうか。
日ごろのストレス発散の雪山であってもかまいませんが、趣味娯楽とおもっていたら、アウトです!
何度も登っていれば、いつかは、だいたい事故・遭難・トラブルには、遭遇します。長年やっていれば、経験してない人のほうが少ないかもしれません。
それくらいの危険度の高い遊びであるということ。
それくらいの経験は甘んじて受け入れなければならないのです。
うまく自分だけは大丈夫、とか思っていたら、きっと当たりますよ。

 

雪山装備は20万円以上かける覚悟もない諸君

登山道具をもっていたとしても、雪山に行くためには、さらに最低20万円くらいの追加装備が必要です。
そこまでしてかけたくない、かけられないという方は、覚悟が無い方ですので、やめておいたほうがいいでしょう。
まったくそういうことを知らないでツアーに申し込んでくる方も最近はいらっしゃいます。

 

いやね、そこまでリスクのある雪山には登らないよ、という甘さ

そこまで危険な山には登らないでおこう、、、、とか思っていたら、軽アイゼンとストックの装備以上にはしないほうがいいでしょう。そういう山に登ってください。
中途半端な装備と心構えは、いつかは切り替えなければならなくなる可能性があります。
だいたい、そこまで危険、というそこがわかっているのか、危険とは何なのか、それすらもわからないはずなんですが・・・
ニュースに出る雪山の遭難は、必ずしもグレードの高い雪山とは限りません

 

厳冬期用登山靴を買わずに4シーズン登山靴を買ってしまう

上記の理由もあって、4シーズンシューズで雪山を済まそうとしている人が後を絶ちません。
安全な北八ヶ岳ですら冬は-20℃くらいになることもあります。
これは勝手な予想ですが、4シーズンを買ってしまう人は、厳しい山は寒い山、易しい山はそれほど寒くない山、と思い込んでいるのではないでしょうか?
誰が、バリエーションや岩の山が寒くて、体力さえあれば簡単に登頂できる山は寒くないと定義しているのでしょうか。妄想ですね。
12月~3月も山に登るなら、最初から4シーズン靴を買わないことです。
もちろん寒さに強い方もいらっしゃいますが、ガイドの立場としたら、同伴者の装備が甘いというのは、早めの撤退の理由にしかならないのですね。
で、4シーズンを買っておいて、寒さの心配をしているわけですね(笑)

バラクラバでサングラスやゴーグルが曇る

これは、確かに難しい問題です。誰しも経験することです。息や汗でゴーグルやバラクラバが曇って、まったく見えなくなり、歩けなくなるというケースはよくありえます。
けっきょくつけてられなくて、顔丸出しで吹雪の中を歩いて、下山すると顔がはれて黒ずんだり皮がむけたり…
どうしたらいいのでしょうか?
まず、バラクラバについてですが、チョイスはアルパイン用(厚手のスキー用とかでなく)であり、息が外に通過しやすい構造・素材のものであったほうがいいです
そして、ゴーグルであれば2重になっている曇りにくいものがおすすめです。
それから、曇る原因ですが、内側が曇る、あるいは凍ってしまうのは顔の汗です。外側が曇るのは自分の息です。
内側が曇る場合は、そもそも、大汗をかくような消耗する歩き方をしているというのがポイントにあります。
さらには、ゴーグルを風も無いような登りのときからつけていると、それは曇ってきます。ゴーグルはどうしても風が強い時や下山などで使うのがいいでしょう。
バラクラバで息が外に通過しにくいと、目元の隙間から湯気が上がってきます。なので、外側が曇る対策は、そいういうアイテムを選ぶこと。そして、呼吸を、ハァハァしながら歩かずに、ふぅふぅしながら歩くといいと思います(笑) それには、余力のある歩き方、力を抜いた、疲れない歩行技術が必要だと言えます。
何度も雪山を歩いて経験しましょう。

 

ゴム手袋のグローブで雪山にきてしまう


これも最近ネットで流行しているのか、内側がボアになったゴム手袋を購入してくる方がいらっしゃいます。
※確かにこれは、アマゾンでも人気NO1商品なだけあって、自宅の作業用とかには使えそうで欲しいです(笑)
雪山で使える理由が、①操作がしやすい、②濡れない、③あたたかい、だそうです。
ツアー参加者にも見受けられまして、一応、ちゃんとしたオーバーグローブも持ってこられていましたが、そうでなければ、ガイドとしては、下山してもらうしかないでしょう。
まず、だれか経験者がネットで書いているのだとおもいますが、初心者の方はマネしてはいけません。
その理由ですが、
オーバーグローブやアンダーグローブでのアイゼン装着・ジッパー操作などがそもそもできない時点でアウトです。それを練習して経験することが雪山のステップアップでしょ?安易・便利に取りつくと、雪山本来の自然の厳しさに身を置くことになりません。挑む前から甘々な考えは捨てましょう。
②おそらく、春山ならなんとかなるときもあります。ただ、そのゴム手でラッセルできないでしょう。袖が絞れませんので、濡れてきます。風も侵入します。そもそもオーバーグローブも防水であれば問題なしです。
③なんの根拠で温かいといっているのでしょうか?町の現場作業用ですから、-20で、風速20m(体感-40℃)の状況とか、想像もつかないのだと思います。
安価なのはわかりますが、意識が低いとしか見ません。

 

丁寧で準備が遅いもたつくのは雪山登山者べからず

多いです。きれいに袋にいれて、しっかり荷物整理。
荷物なんか適当に放り込んでさっさとしろぉ!!! っては言わないですけどね^^;
雪山では出発や行動中、とにかく寒いので、止まっている時間を作らないようにするというのがポイントです。
その感覚というのは、夏山ではあまりないので、意識を切り替える必要があります。
ザックのパッキングやスパッツの装着、アイゼンの装着、身支度、休憩、なんでも自分でテキパキとする必要があります。
慣れない人をみていると、生活習慣を感じます。そこの枠から抜けていないことに気付きましょう。
もちろん性格上、あるいは年齢によりもたついてしまうこともあるでしょう。自覚も必要です。それが出来ない場合は、危険度の低いレベルに応じた山に行くべきだと思います。
厳しい山にもたもたは命取りです。

 

アイゼンをつけても滑りそうな不安がある歩き方

歩き方の進歩がままならない、という人は、とかく、雪・氷は滑るという観念があります。
いつまでも滑りそうな思いがあるのでしょうか。
これじゃあ、うまくなりません。
滑るか、滑らないか、をはっきりさせるまで、練習するのです。
滑るかどうかわからない・不安→歩けない、わけです。
滑ったってどうってことない場所で、何十回でも滑ればいいんです。
滑らないという感触を身につけましょう。

 

歩けもしないのに滑落停止・・・だと!?

これは先の記事にも書きましたが、とにかく滑落停止をしてみたくなるという心理があるようです。
ちょっとでもやって、すっきりしたいようですね(笑)
講習会でもやりますけどね(やらないと満足しないですし)
やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

 

雪山登山|初心者のための雪山入門教室 基礎知識編

雪山,冬山,初心者,準備,講習,講習会,知識,おすすめ 雪山・冬山は危険というイメージがあります。それは本当です。逆に言えば、危険だからこそ、行くのです。真っ白な厳しい自然の中に身を委ねたときに、そこから得られる感動という体験は、ある意味夏山を凌駕してしまいます。だからこそ、雪山の魅力にはまった人は「雪山こそ本物」と言えるのです。

≫続きを読む

雪山・冬山の服装¦初心者のための雪山入門教室 ウェア編

雪山,登山,服装,ウェア,冬山,冬,初心者, 初心者のための雪山WEB教室第二話としまして、冬の時期の服装についてまとめます。基本的には夏山と同じくレイヤリング(重ね着)が基本です。夏山登山の基本の服装に関しては、登山・トレッキングの服装|初心者の登山教室 ウェア編を確認してください。

≫続きを読む

雪山・冬山の登山靴|初心者のための雪山入門教室 選ぶときのポイント

雪山,登山靴,冬山,選び方,重登山靴,ブーツ,革靴 雪山を始めるにあたって、必須ともいえるものが雪山用の登山靴。これなくしては、本格的には雪山に入るのは厳しいです。万全な装備をすることで、より楽しく深みへとはまっていけるのですよ

≫続きを読む

雪山・冬山のアイゼン・ピッケル選び|初心者のための雪山入門教室

雪山,アイゼン,ピッケル,選び方,種類,冬山,講習,使い方 アイゼンとピッケルを使って雪山を歩いてみたいと思いませんか?なんとなく楽しそう、と思えるかもしれませんが、なんとなく、ではなく、ホント、面白いです(笑さて、アイゼンとピッケルを買うまえに、どんなことに注意したらいいのでしょうか。考えて見ましょう

≫続きを読む

雪山登山装備|ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)

雪山,ゴーグル,グローブ,バラクラバ,目出し帽,選び方, ゴーグル・グローブ・バラクラバ(目出帽)じつは一番悩ましい雪山装備はこの3つではないでしょうか?なかなかうまく使えなかったり、選び方を間違ってしまったりして失敗してしまうのもこれです。ゴーグルへグローブへバラクラバへ

≫続きを読む

雪山でゴーグル・サングラスが曇る!傾向と対策

登山,雪山,ゴーグル,サングラス,曇る,凍る,方法 サングラスやゴーグルが曇ったり凍ったりして、もうどうにもこうにも着けていられない!っていう経験はありますか?雪山初心者ならずとも、この問題は切実ですので、ちょっと込み入った話を書いてみたいと思います。

≫続きを読む

間違いだらけの雪山入門者|初心者あるある!?

雪山,初心者,入門,あるある, 最近は山の経験も浅いのに、雪山を始める方も増えています。いきなり厳冬の八ヶ岳・赤岳なんかに登るかたも多いことでしょう。でも、登る前に、技術や全体的なことを身に着けておくことのほうがよっぽど大切だとは思いませんか?ガイドツアーでは、山に登る前に、富士山の講習会に来てもらうほうがすごくあとあと役に立つこ...

≫続きを読む

アイゼンの研ぎ方|丸くなった爪を自分で研いで見る

アイゼン,研ぎ方 アイゼンも数年使っているうちに、いつの間にか爪が丸くなってしまいます。丸くなったアイゼンは、雪山では危険です。定期的にチェックして、研いでおきたいもの。しかし、きれいに研いでくれるショップや知人がいない場合、自分で研がなくてはいけません。そこで、アイゼンの研ぎ方を紹介します

≫続きを読む

やってみたい滑落停止|雪山講習の目的はそれじゃない

雪山訓練,滑落停止,雪山,講習,講習会 冬場になるとあちらこちらで雪山の講習会が開かれます。そして、必ず目にする滑落停止訓練。参加者である雪山初心者たちが目指す、雪山講習会というのは滑落停止訓練のことだったの!?

≫続きを読む

富士山 雪山講習|初めての雪山・初心者ツアー

雪山,初心者,ツアー,講習,講習会,ガイド,アイゼン 2016-17初心者向け雪山講習会!富士山冬山初心者講習会のご案内

≫続きを読む

雪山!八ヶ岳 天狗岳登頂|初心者雪山講習

雪山,雪山講習,八ヶ岳,ツアー,天狗岳, 雪山 天狗岳八ヶ岳 雪山講習と天狗岳ツアーのご案内

≫続きを読む

八ヶ岳 赤岳登頂とアイゼン講習

八ヶ岳,赤岳,ツアー,雪山,講習 雪山 八ヶ岳 赤岳に登る赤岳は雪山八ヶ岳のなかでも最高峰であり最も人気のある山です本格雪山では外せない山です。コースは美濃戸から赤岳鉱泉または行者小屋に1泊して地蔵尾根・文三郎尾根を使って登ります。初日にアイゼンの練習と確認講習をします初めての参加可能です。装備や経験・ご年齢などを考慮させていただき...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵

北海道大沼駒ヶ岳の地図 八ヶ岳 阿弥陀岳北陵阿弥陀岳北陵は比較的やさしいバリエーションで、雪山ならではの雪稜登りを楽しめます。体力について雪山歩行ができていれば、問題ないレベルです。天候や雪のコンディションなどによって左右されますコース自体はそれほど長いルートではありません。装備についてハーネスとヘルメットが必要となります...

≫続きを読む

雪山登山 北アルプス 西穂高岳登頂ツアー

雪山!西穂登頂ツアー 冬の穂高へ雪山 西穂高岳登頂ツアーのご案内

≫続きを読む

雪山縦走 八ヶ岳 硫黄岳・横岳・赤岳縦走

雪山,八ヶ岳,硫黄岳,横岳,縦走,ツアー, 雪山 南八ヶ岳 横岳縦走南八ヶ岳の横岳・赤岳を縦走します。稜線の岩場もあらわれるコースです。3月以降は快適ですが、1-2月は当然風の影響をうけますので、総合的な雪山技術が必要です。硫黄岳から赤岳までつなぎます。雪山の稜線縦走としてアイゼン&ピッケルを駆使して本格登山をたのしみましょう。縦走中はロープ...

≫続きを読む

雪山 八ヶ岳 大同心稜

4/1(土)~4/2(日)バリエーション 体力★★ 技術★★★★ 定員2名コース1日目:小淵沢駅又は茅野駅10:00くらい…美濃戸口…美濃戸…赤岳鉱泉2日目:…大同心稜…(横岳)…硫黄岳…赤岳鉱泉…美濃戸口…温泉入浴…小淵沢駅または茅野駅15:00くらい宿泊 赤岳鉱泉(1夕1朝)ガイド料金40000...

≫続きを読む

雪山へのステップ|北アルプス 唐松岳

冬山、雪山の唐松岳登頂ツアー 北アルプスに登ってみたい北アルプスの唐松岳に登頂します。八方ゴンドラを乗りついで、八方尾根から頂上を目指します。初日は八方池山荘に泊まります。八方尾根上部がやや狭い稜線になっていますが、比較的初級者でも目指せるコースです。稜線からは、天候がよければすばらしい雪峰が姿を見せてくれるでしょう。体力・技術...

≫続きを読む

一度は登ってみたい|雪山の富士山登頂ツアー

春山、雪山の富士山登頂ツアーを募集 雪の富士山こそすばらしい!一度は登ってみたい雪の富士山雪山の富士山登頂を目指します。4月のまだ雪が多く残るシーズンに頂上を目指します。この時期は、風も緩んで穏やかになる時期でありますが、5月よりも雪や氷が硬く安定したアイゼン歩行が必須となります。5月は比較的気温も上がり、初心者でも登りやすいですが、...

≫続きを読む

春の木曽駒ヶ岳

4月の中央アルプス 木曽駒ヶ岳 雪山 木曽駒ヶ岳登頂ツアーのご案内中央アルプスの駒ヶ岳に登頂します。天候も落ち着いている時期ですが、3000m近くの高峰の駒ヶ岳は、雪山スキルをためすにはちょうどよい山。ロープウェイを利用しての千畳敷に宿泊します初日は少々雪上講習を開催します。体力・技術について歩行技...

≫続きを読む

北アルプス 槍ヶ岳|めざす春山

北アルプス 槍ヶ岳登頂!3日間 5/-()~-()本格登山 体力★★★ 技術★★★ 定員3名程度 コース1日目:塩尻駅・新島々…沢渡(10:00)…上高地…槍沢ロッジ 宿泊2日目:…槍沢…槍ヶ岳(3180m)…槍ヶ岳山荘 宿泊3日目:…槍沢…上高地…沢渡…温泉入浴…新島々・塩尻駅※宿泊は槍沢ロッジ ...

≫続きを読む

北アルプス 白馬岳主稜|雪山バリエーション

雪山!春の白馬岳主稜のガイドツアー 春の白馬岳主稜へ!雪山バリエーションの殿堂。白馬主稜を目指します。このルートは雪山の経験が試される、とってもエキサイティングなコースです。一度は登って欲しいルートです。2泊3日の日程時間的な配慮から、登頂後に白馬山荘に宿泊して3日間のゆったり日程です。この時期ならではの北アルプスの醍醐味を味わいまし...

≫続きを読む

北アルプス 奥穂高南稜|春山最後のバリエーション

雪山!春の奥穂高岳南稜のガイドツアー 春山ラスト!奥穂高岳南稜春山後期、残雪のいい時期を狙って、奥穂高へ上げる南稜ルートを目指します。下山は天狗のコルまでも、気を抜けないルートガ続きます。すばらしい絶景を眼下に、ダイナミックなスリルある世界を堪能します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内