ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース

スタイルに合わせてシェルが決まる

ジャケットの基本はハードシェルです。
山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。
とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハードシェルですので、厚さや着心地、ベンチレーションなどの性能を確認し、自分に合ったラインナップのウェアを探しましょう。
1着ですべてを賄おうとするのは、後々不便になりますので、ひとつ先をみこした視野で選んでいきましょう。
※なお、レインジャケットについては別ページに記載しています


パタゴニア セール

パタゴニアハードシェルのいろいろ

パタゴニアのハードシェルは、自社開発のH2NO素材ゴアテックス採用の2種を使い分けてラインナップされています。
H2NOはコストパフォーマンスと(上位では)伸縮性、ゴアテックスはご存知の通りの安定した性能と肌触り。
総合的な防水性に関しては、ゴア素材が高性能ですが、冬季のオーバージャケットに関しては、(雪なので)それほど問題ない部分です。
H2NOを採用したM10ジャケットなどは軽量で伸縮性があり、ハイエンドモデルですが、(個人的には)むしろ裏地などの肌触りやこすれが、ゴアテックス素材のほうが好きです。
アルパイントップはスーパーアルパインジャケットでしょうね。
好みもありますので、用途や予算に応じてチョイスしましょう。

 

ちなみに私は前シーズンからスーパーセルジャケットをメインにしています。ゴアパックライトという薄型な軽量シェルですが、その軽さと安さ!?において、汎用性が高く、厳冬期を外した秋から初夏まで長く使えるジャケットです。
今期より、それをさらに上回る軽量性と最高の透湿性を誇るリーシュレスジャケットがでました。3層ゴアにもかかわらず、薄さ、軽量性、高機能な特徴はとても広範囲で使えるハイエンドのハードシェルであることは間違いないようです。

 

最新素材ゴアテックスCニット採用|レフュジティブ・ジャケット


リーシュレスジャケットに続く2016シーズンのハイエンドハードシェルといえるレフュジティブジャケット(噛みそう^^;)。
ゴアテックスのCニットという裏地がニット構造になって肌触り、汗の吸い上げと発散(透湿速度)が格段に上がった素材を採用した、テクニカルアルパインジャケットです。現行モデルとしては最軽量のMs425g! 脇下ジッパー、チェストポケットは内と外にもついています。

ブログにレビューUPしました

パタゴニアのゴアテックスCニットのハードシェル|レフュジティブジャケットが軽やかすぎる

 

これ一着でOK雪山スタンダード|トリオレット・ジャケット


3層ゴアテックスを採用したアルパインスタンダードジャケット。
初めのアウターJKTとしてはこれがベストではないでしょうか。
日本の雪山をこれ1着ですべてカバーできます。サイド&チェストポケットが左右2箇づつのほか、内側にもポケットがあります(カメラ保温)。袖口は風の進入を防ぐようにしっかりと閉められます。生地は70デニールナイロンで丈夫。重量の589g(Ms)もまぁまぁといったところでしょう。

 

山岳ジャケット最高峰|スーパーアルパインジャケット


2016-17シーズンも発売されました!ゴアテックスプロシェルという耐久性のある3層防水ハードシェルでわずかMs430gを実現した軽量アルパインジャケットです。

 

ミニマリストの決定版|M10ジャケット


これぞ究極のハイエンドハードシェルジャケット!(Msのみ)
スーパーセルよりもさらに軽量な229g(Ms)。
防水にはH2NOを採用した3層(2層じゃないのにこの軽さ)構造で、13年モデルではクライミングに邪魔になるものをいっさい省きシンプルに仕上がっています。
まず、ハンドウォーマーのポケットがないです。胸の縦ポケットがあるので十分でしょう。ちなみに登山やトレッキングには不便、ということも言えますね。脇下の換気ジッパーも省略されています。他のジャケットにくらべて、コチラはスリムフィットになります。
生地はストレッチ構造で動き安さにも特化。裏生地は従来のH2NOにくらべ、肌触りが良くなっていますね。縫い目も少なくシンプルなデザイン。収納は胸のポケットを裏返して小さくなります。
より特化したジャケット!

 

妥協を許さないデザインでこの軽さは凄い。3.2オンスの生地は、レフュジティブ(4オンス)・トリオレット(4.8オンス)を上回る薄さ。おおむねスノースポーツ全般をカバーするものです。ハーネスやヘルメットの着用もデザイン済みです。
まぁ、もう大は小を兼ねるでして、これ1着あれば何でもこなせます。

 

コスパと性能性ハードシェル|ピオレット・ジャケット


(メンズ&レディース)
2層のゴアテックスを採用したハードシェル。
雪山2000m級くらいまでの、冬季中低山むけのハードシェルってところです。春山なら十分どこでも使えます!
ゴア2層ってのは、内側がゴアテックスライナーが露出していて、メッシュ構造になっています。雨具を超えたオーバージャケットとして、それほど大げさでない、お手軽な位置づけです。といっても、止水ジッパーや、立体裁断構造、ドローコード(ゴム引きの締め)などは使いやすく本格構造です。チェストと両サイドポケット。Ms632g

 

厳冬のクライミング|メンズ・ストレッチ・ナノ・ストーム・ジャケット


H2NOの防水シェルに、インサレーションを組み合わせたジャケットで、アルパインクライミングでのビレイ時の寒さにも対応。薄いナイロンを採用して、581gという軽量性。

コスパと軽量化|スーパーセル・ジャケット(終了)

パタゴニアのハードシェルジャケット スーパーセルジャケット
たった371g(Ws)!
ゴアテックスパックライトシェルを使用した最軽量のハードシェル。
シンプルな作りにもかかわらず機能的でフィット感もよいです。とくにフードのフィットが向上しています。厳冬期の2000mクラスから春山までオールカバー。冬季八ヶ岳などでも使用しましたが、多少の寒さはあります→重ね着でカバー。
とにかく軽くて使いやすいウェアです。
金額もかなり抑えられていて、セカンドジャケットとしてもオススメ!

 

最軽量ゴアテックスハード|リーシュレス・ジャケット(終了)

シンプルでマジかっこいい!!ってのがはじめて着てみた感想。
14年春の最新ハードシェルのリーシュレスジャケットは、過去のハイエンドモデルの真骨頂ともいえますね。
ゴアの中でも、通気性・軽量性により優れたアクティブファブリクスを採用した3層構造は、なんと2層であるスーパーセルジャケットよりさらに軽量化しています。
確かに見た目もペラッとしていて薄い感じですが、生地に強度があるのもわかります。生地の質感もテカテカしてない風合いです。ポケットはシンプルに小さく、チェストもケータイやサングラスが入る程度。ハンドウォーマーポケットは、手首まで収まるかんじで、物を入れるのにもてあそばない感じです。Ws345g(Sセルは371g) 生地も若干薄く30デニール(薄い!)
 この薄さで通気性優先のゴアなので、ハードシェルのなかでもかなり「抜け」のよさが期待できます。このジャケットはかなり広範囲なシーズンで使うことができるでしょう。

 

ちょこっとコラム

ハードシェルのパンツはスリムフィットはダメ?!

オーバーパンツに関してのフィットですが、寒さと同じく考えなければならないのが、フィットです。これは、密着するくらいきついサイズを選んではいけない、ということです。通常、アンダー+パンツ+アウターと3枚重ねでしょうか?私は2枚が多いですが、その理由は足上げに対するパンツの摩擦や重量による不可です。雪山ではブーツやアイゼンなどただでさえ重い足なので、いちいち膝にパンツのツッパリを感じていては、長時間持ちません。なので、フィットはレギュラー。もし、すこしきつく感じるようなら、ワンサイズ緩めを選ぶのも手です。かならず、試着は重ね着をして行いましょう。

 

【関連記事】 ハードシェルジャケットの特徴や選び方はこちら

 

パタゴニアのハードシェルのパンツ

アイス・アルパイン派|リーシュレス・パンツ

最新、リーシュレスジャケットのアンダーパンツ。
ゴアのアクティブファブリクス採用で軽くて抜けがよいハードシェルパンツ。当然軽くてはきやすい。脚上げの負荷もすくないです。従来のオーバーパンツであるインナースパッツなどはなく、裾のサイドジッパーもふくらはぎ部までというシンプルさ。
軽量化を重視したモデル。
Ms292g 希望としては、これのフルレングスのサイドジッパーがついてほしいところです!
リーシュレスパンツ
(メンズ&レディース)

 

山スキー&スノボとアルパインをまとめて|リコネッサンス・パンツ

バックカントリー系で山にも入るし、雪山やアルパインも兼ねるという場合の理想的なパンツがリコネッサンスパンツ。
初めての雪山のハードシェル向けではないですが、春山スキーシーズンなどで兼用として使用するには快適です。

 

完全武装するなら|スーパーアルパイン・ビブ

ハードシェルパンツは、日本の雪山では必須ですが、サスペンダー式のパンツは、初心者からプロまでオススメします。
実際に私も、多くはこのサスペンダー(ビブ)式をつかっていて、ずり下がることも、お尻に雪が入ることもなく、スノボや雪山縦走で、雪と戯れても安心感が違います。ジャケットをわざわざスカート付にする必要もなく、フルレングスオープンのサイドジッパーで春山でも換気抜群なので問題なしです。Ms572g

 

ゴアパックライトシェルでコスパ|スーパーセル・パンツ(終了)

新登場です!スーパーセルのパンツ♪ 
ゴアテックスパックライト採用のMs286gの軽量パンツ。オールシーズン使えるもでるとして、リーズナブルで使いやすいと思います。
これも、できればサイドジッパーがフルレングスあるとうれしいのですが・・・。
ラインナップとして、上を抜けの良いリーシュレス、下をコスパのスーパーセルパンツで合わせてもいいですね!

 

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース スタイルに合わせてシェルが決まるジャケットの基本はハードシェルです。山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハ...

≫続きを読む

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェルソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビ...

≫続きを読む

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

パタゴニア,R1,R1フーディ,プルオーバー,フリース,ジャケット R1といえば、私個人としては、もういまさら言うまでも無いほどの、基本的なウェアです。山にはR1(あるいはR1フーディ)、至極当然系です♪ パタゴニアのフリースでも一番目に選ぶのはR1でしょう

≫続きを読む

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。ナノパフが出たときは革命的だと感じていたので...

≫続きを読む

ガイドがナノパフを選ぶ理由|パタゴニアの先鋭ウェア

ナノパフ,パタゴニア,フーディ,ジャケット,プルオーバー ナノパフがなぜ高い評価を得ているのか?ナノパフの評価は発売当初から高く、クライマーのみならず、どんなアウトドアでも使いやすいウェアです。化繊インサレーションというカテゴリにはいりますが、ここではあえて、ナノパフにだけクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

パタゴニアR2ジャケット|ハイブリッド化したフリースの底力

パタゴニア,R2,ジャケット,フリース,メンズ,レディース 2014年R2ジャケットフリースはいっそうのハイブリッド構造と、ポーラテックサーマルプロの採用、テクニカルなカットによる着心地、親指用ループ、細身のジッパーなどにより、さらに進化しています。ハイブリッド化したR2ジャケットの底力はじめてR2を買ったときは、冬場はもうずーっと普段から着ていました。それ...

≫続きを読む

パタゴニアのダウンセーター|選び方・使い方

パタゴニア,ダウンセーター,ベスト,インナーダウン パタゴニアのダウンセーターは高い保温力!そして軽量コンパクトナノパフも推奨しておりますが、それは、ダウンセーター(インナーダウン)がダメだというわけではありません。羽毛の持つ保温力とロフト力において、あったかさと携帯性はピカイチです。私がガイディング中は、確実に寒いコンディションが予想された場合は、...

≫続きを読む

レビュー|パタゴニア フーディニとアルパインフーディニ

パタゴニア,フーディニ,アルパインフーディニ 今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。実にいい!ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心...

≫続きを読む

パタゴニアのキャプリーンが新しい|2015年モデルの違いと選び方

パタゴニア,キャプリーン,おすすめ,アンダー,ベースレイヤー パタゴニアの化繊アンダーウェアであるキャプリーンがリニューアルしました。従来までのキャプリーン1・2・3・4というナンバー表記から、デイリー・ライトウェイト・ミッドウェイト・サーマルウェイトという名前になったんだけど…!

≫続きを読む

究極的|パタゴニアのウルトラライトダウンジャケット

パタゴニア,ウルトラライトダウン,ダウンジャケット,ウルトラライト パタゴニアのダウンジャケットのなかでも究極的ともいえるウルトラライトダウンジャケット。フーディやベストなどウルトラライトダウンのラインナップが揃っています。極めて軽量、薄型のミニマリスト御用達のハイエンドウェアです。インナーダウンという枠を超えてオールラウンドに使えるモデル。ダウンにおいては、その素...

≫続きを読む

パタゴニアのザック|アセンジョニストパックの評価

パタゴニアのアセンジョニストパック・アーバーパック パタゴニアから2014年に、新しいザックが登場しました。ザックはブログ記事でも紹介していますが、カラダにフィットし、かつ使いやすいという、自分の理想の形というのがなかなか見つかりません。私にとっては、それはウェアを選ぶよりも難しく、常に新スタイルのモデルを追うものの、結局はシンプルでスリムなデザイン...

≫続きを読む

着心地満点!パタゴニアの新しいメリノベースレイヤーが気持ちいい!

パタゴニア,メリノ,ウール,ベースレイヤー,アンダーウェア チクチクがイヤなら「メリノ」にしようパタゴニアのメリノウールを使用したアンダーウェアー。私はとにかくウールのチクチクが大キライで、ウール製品の肌着なんか眼中にありませんでした。が、近年の開発技術というのはすごくて、このパタゴニアのメリノウールも、ほとんどチクチク感を感じないスグレモノに仕上がっていま...

≫続きを読む

パタゴニアのクライミングザック|クラッグスミスパック・クラッグダディ・リンクドパ...

パタゴニア,おすすめ,ザック,クライミング,クラッグスミス,クラックダディ,リンクドパック 今季に入り、パタゴニアのクライミングウェアに対する質が変わってきつつある気がしています。パタゴニアから、クライミング専用にデザインされたザックが3種類でました。クラッグスミスパック35Lとクラッグダディパック45L,そしてリンクドパックです。

≫続きを読む

パタゴニアのトレントシェル|雨対策にレインウェア

パタゴニア,トレントシェル,レインウェア,ストレッチジャケット,プラスジャケット パタゴニアのレインウェア、トレントシェルの紹介です。パタゴニアでは、山用夏用レインウェアとして2015年現在、トレントシェルジャケットJAPANSPECIAL(ジャパンスペシャル)、トレントシェルストレッチジャケットの2種です。どれもH2NOの防水ハードシェルで、2.5層となっています。ゴアテックス...

≫続きを読む

ベスト!?パック!?|フォアランナーベストとナイントレイルズパック

patagonia,パタゴニア,フォアランナーベスト,ナイントレイルズ,パック 長距離ランナー向けの、フィット感バツグンのパックが2種類登場。最小化・軽量化されたパックですが、ウェアと同じ「ナイントレイルズ」「フォアランナー」のネーミングが付いています。ちょっと期待できるサブウェア!

≫続きを読む

実は使える|パタゴニア トレランウェア

パタゴニアのトレランソフトシェル パタゴニア トレランアイテムが使えるウェアここでは、パタゴニアにおけるトレランに有効なアイテムをご紹介します。近年のトレランブームの高まりで、パタゴニアからもトレラン用に開発されたウェアやシューズが出揃ってきました。トレラン用のものは、とにかく、軽量・シンプル・通気性と発汗製を可能な限り追求したモデ...

≫続きを読む

パタゴニア R3とR4ジャケット!違いと評価

パタゴニア,R3,R4,フリース,ジャケット,評価,口コミ,レビュー R3ジャケット R4ジャケット  (`ー´)R3 R4といったフリースは生地が厚く保温力が高いために、発汗が激しい状況では不向きといえますが、厳冬期の稜線縦走や、停滞時の装備として威力を発揮します。また、釣りやキャンプといったフィールドでは、むしろ、暖かくて重宝するでしょう。ダウンなどのようにモコモ...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内