登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山トレッキングでおすすめの傘

山に傘は必要でしょうか?

必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。
でも、私は傘持ちガイドです^^
傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します


トレッキング、登山の傘|研究した結果と傘の選び方

快適なレインと傘があれば、
雨の日でも山がより一層楽しくなります。
傘を使うことで、レインフードをかぶる必要がなくなり、視界は開け、
雨音を聞きつつ、潤った山や草木が喜んでいるのを感じれることでしょう。
土砂降りのときでも、ザック背面からの雨の侵入が防げるので、
小屋についても荷物がざっくごとずぶ濡れ、ということはありません。
上着から、裾に流れ落ちる天雫が少なく、シューズの浸水阻止にも効果的。
また逆に、晴れ渡る強い陽射しの中では、日傘として使えば、涼しいアイテムに早変わり。
なんて便利なんでしょう♪
むしろ傘は山で使いたい。。

 

山で傘をさしている様子

さて、そんな山カサ、
ちょっと研究してみましょうbb

 

傘のメリットデメリット

 

山で傘をさすメリット

雨をふせぐ。(風もふせぐ)
ザックカバーでは防げない雨水も防ぐ。
レインフードをかぶらなくていい。
よって、視界がひらけ…
①周囲の変化にも気を配れるため安全
②雨の日の山の潤いをより一層感じられる
傘の集音効果で、足元の音(足音や雨音、虫や鳥の声、せせらぎなど)がよく聞こえて楽しい。
晴天時は日傘になって、涼しい。日焼けしない。

 

 

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

山で傘をさすデメリット

風に弱い。
稜線の強風などのときはむしろ危険。
片手が離せないので岩場などでは不向き。
長く使うと手が疲れる。
荷物が増える。傘ばる♪
狭い道に弱い。

 

 

結論

強風と岩場以外で使えばいい。
デメリットよりもメリットのほうが多く、
なにより、あったほうが、雨の日を楽しめる
というのは、ものすごく大きなポイントではないでしょうか。

 

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山で使う傘の選び方のポイント

基本は折りたたみ傘ですね。例外もあります。
カサ研究家のKGとしては、山カサは以下の点に考慮します。

コンパクトに収納できる
軽量である
カサを広げた時の幅
柄が長い
グリップの形状

 

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

コンパクトに収納できる傘

これは基本でしょう。
ただ、折りたたみ傘ということだけで、
既にコンパクトですね^^;
日帰りデイパックなど小さめのザックなら、
よりコンパクトな傘のほうが

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

かさばらずに済みますが、通常、20l以上のザックなら、
あまり短さを優先しないこと。です
なぜならば。
傘はどこに入れますか?
ザックの底のほうに入れたいところですが、
ホネホネ構造の傘は強度が弱くすぐに折れたりします(何度やったことかヽ(≧Д≦;)ノ
で、入れる場所は、上のあまぶたの中か、
ザック左右の外側のポケットに差し込むか(もしくは内側左右)、でしょう?
まぁ、ほかにもあまぶたの上に縛ったり、ザック背面ポケットに入れたりもできますけど、
サイドポッケが理想かな・・
ザックポケットに差し込む場合は、荷物締めベルトで抜けないように締めますが、
傘が短すぎると、ザックによっては、ベルトまで傘が届かずに、固定できないこともあります。(右写真)
つまり、多少細長いほうが、固定するにはやりやすいです
だから、
「あまり長さは短くなくていい」
と思っています。

むしろ折りたたみじゃなくてもいんじゃない?という感じ。

軽量な傘である

これは必須でしょう。
コンパクトなくせに、ずっしり重い傘があります。
最近は傘の骨組みが、アルミやプラスチック、グラスファイバー製にかわってきてますので、
かなり軽量化されています。
中にはカーボン素材のもありますね。高いけど♪
市販の傘のほとんどは、長さしか表示がなく、たいてい重さは書いていません。
なので、量販店だったら、調理器具コーナーまで走って、計量器で測ってみてください♪
それが不可なら、体重計・・(無理!)持った感じで、重いか軽いかの実感ですね♪

 

カサを広げた時の幅が大事

けっこう重要です。
コンパクトだから幅がせまいのはしょうがない、、、、
というのは決めすぎで、
けっこう探せば幅広でコンパクトな傘はあったりします。
基本は半径55cm以上ですね。
理想は60~70cmクラス
ここまであると、かなり快適感があります
50cm以下はすこし小さいです。
小さな女性ならOK!?
40cmクラスだと、斜め雨に対する防御がしにくく、
背後のザックまでカバーされにくいので、
風ふいてると、頭以外はけっこう濡れます♪
60cm以上だと、広いので、より快適です。
風に弱いのと、樹林の狭い道はアレですけど^^;

 

柄が長い傘は疲れない

これは地味に重要です。
買う時は必ず「柄の長さを確認」しましょう。
小さくてコンパクトなものは、
たいてい柄が短いです。
短いということは、
さした時に、手は!?
心臓くらいの位置でそ?
何十分も何時間も手を上げっぱなしだと、
辛いですよ。
傘イラネーってなる。
目安はさした時に、手がミゾオチあたりよりも下になっているもの。
腰あたりだと理想です。
折畳みではない傘でも柄が伸びるタイプがあります(右上写真)
メーカーさん、作ろうぜ!

 

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

グリップの形状は大きいほど良い

これも柄と同じく地味~に重要
グリップ(持つところ)は大きい方がいいです。
長時間でも持ってて疲れないもの。
「クライミングでも、カチよりガバのほうがいいにきまってるじゃん!」
カサも同じさ。
私としては、
ノーマル傘のようにJ字に曲がっているタイプをおすすめします。
J字タイプは、一見邪魔になりそうですが、

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

持ちやすいだけでなく、
サイドベルトにも引っかかるし、
ザックのウエストベルトについた、カラビナ用のループに引っ掛けることができて
雨が降ったり止んだりのときでも、
歩きながらたたんで引っ掛けたり、また広げたり、
なにかと便利(右写真)

 

そのほか

撥水力とか、帆の張り具合とかありますが、
そのへんは、あれば尚良し、といったところでしょう。

 

傘の小物いろいろ

折りたたみ傘はたいてい、ソフトケースに入っていますが、
別売でベルトに引っ掛けたりできるホルダーや、
濡れた傘を水漏れしないように収納できるケースなんかもあります。
手放しで使える固定アイテムもあるようですけど、アウトドア用には考えられてませんね。
使うのはアウトドアなんだけどww

傘を持って歩くときの注意点

片手が常に奪われます。足元注意しながら歩きましょう。 あまりに悪い道では、すぐに収納して両手フリーかストックで! 傘のツバはすれ違いは他の登山者の迷惑になります。つい濡れるのが嫌でカサをよけようとしない人もいたり、、 狭いところは躊躇なくたたむなどして、相手に危険がないことを動作で示しましょう。 強風のときは、飛ばされやすいです。風があまり強くなってきたら、すぐにたたみます。 あおられた状態ではたためませんから。 傘をたたんで、ボタボタしたまま小屋にはいらない。 入ってから、傘をバダバダさせない! 混雑した乾燥室で開いて乾かしてるんじゃないよw 傘くらいぬれててもきにしないの!

今後の課題|傘業界に提案

手で持っているのが億劫なときもあるでしょう。 そんなときは、たいてい、チェストベルトやカラビナなどを使って、 傘の柄を固定してフリーハンドで歩いたりしています。 とくに横尾~上高地間などの平坦なコースでは有効です。 ただ、仕様ではないので、物によってやりにくいです。 固定できるようなアイテムの登場を待ちたいですね。 そして、重要なのが、 「山カサは使い捨てである」ということ すぐ壊れます。 なので、なるべくは値段の安いやつでいいと思います。 メーカーが競って作らないのはそこにあるとおもいますが、 今のブームならば、 ちょっとカッコイイデザインの丈夫で長持ちする傘があったら、 絶対買うとおもうんだけどなぁ。。 調べてみますと、いろいろな傘ありますね

オススメの軽量折りたたみ傘いろいろ

モンベル トレッキングアンブレラ
おなじみモンベルのよく考えられた山傘です!
グラスファイバー 仕様 軽量 無地 3段式 折りたたみ ミニ傘 60cm 黒
アマゾン人気トップの軽量傘
ユーロシルム スウィングライトフレックスアンブレラ
最近人気の一本背負い傘
ウルトラライト折りたたみ傘 HAVANA
オーストリアdoppler(ドップラー社)の140g折りたたみ傘
丈夫な8本骨 昔ながらの2段式 60cm 折りたたみ傘
地味ですがこういうのが一番使い勝手が良いのだと思います。
BLUNT(ブラント) XS METRO 51 耐風雨傘折りたたみモデル
370gでちょっと重いけど、強度、グリップ、デザインなどがいい!カラーバリエーションも多い ドイツ エスプリの 自動開閉傘自動開閉の折りたたみ傘で288gの軽量化をしているコンパクト傘
PARACHASE  自動開閉折り畳み傘
ウッドのグリップがかっこいい10本骨の強度のある折りたたみ傘
骨増量 無地60cm折りたたみ傘 10本骨
傘の広さと強度を備えた安心傘。降るのか確定のときはいい
マリメッコ コンパクト折りたたみ傘
超コンパクトな傘。意外に柄が長い
 

足首のサポーターなんて要らない|キネシオテーピングで簡単に捻挫の予防

足首,サポーター,テーピイング,捻挫,予防 足首の捻挫は誰もが経験するところです。私は子供の頃から捻挫がクセになってしまい、今では足首がゆるゆるです。足首のカナメとなっている筋肉は、いったん伸びてしまうと、もとに戻らないそうです。それが原因で、筋力が落ちると、すぐに転んだりするとか・・足首のサポーターは他の部位とちがってちょっと厄介です。なぜ...

≫続きを読む

日本百名山を目指す人が注意したい10の登山スタイル

日本百名山,登山,おすすめ,リスト,一覧 日本百名山は90年~2000年くらいに入って人気が急浮上しました。いまやTVのおかげで知らない人も少ないと思います。確かに選ばれた100山の一座一座を見てみると、どこも素晴らしい山が勢ぞろいしていて登る価値は絶大に思えます。しかし、です。百名山を目指している登山者というのを、私は登山経験者とはあまり...

≫続きを読む

膝痛を攻略する|スポーツ向け膝サポーター選び方

膝,サポーター,痛,登山 膝が痛い!そんな人はたくさんいることでしょう。私もそうですが…毎日サポーターをつけて仕事をすることも日常となったわけで、そんなサポーター生活者のために、今回は膝のサポーターについてクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

靴底の修理|かかとの修理を自分でやってみた

靴底,かかと,修理 靴底って、まずその多くのケースとしては、ソールのかかとがすり減ってきます。基本的に、かかとが減ってしまったら、他の部分が減っていなくても、張替えが基本です。でも、靴底ソールの張替えってだいたい10000円くらいはします。私の場合歩くのが職業なので、たいていは新しく買っているのですが、一般の方にしてみ...

≫続きを読む

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難,山の事故,遭難ニュース 山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。参考程度に!...

≫続きを読む

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

ヘッドライト,LEDライト,おすすめ,種類,ヘッドランプ,選び方, LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDの...

≫続きを読む

山の救急|登山で必要なファーストエイドの中身とは!?

ファーストエイドキット,登山,救急,装備,アウトドア,エマージェンシー 登山の標準装備としても、山でなくてもアウトドアでは必須のファーストエイド。万一怪我や負傷したときのエマージェンシーの最低限の装備として携行したいものですが、よくよく確認してみると、なんとも中身がお粗末なファーストエイドキットを持っている方が多いように思います。そこで、世のため、アウトドアのため、登山...

≫続きを読む

登山装備軽量化|山を快適に楽しむ8つのやり方

登山,装備,軽量化,中高年,荷物,軽い 登山をはじめたばかりの若者が増えつつある昨今ですが、装備がバッチリ決まっています。そして、その装備を担いでいるんだか、担がれているんだかわからないような重装備をした人もチラホラ。わかります、その気持ち、そしてもうちょっとすると、めっちゃ荷物担ぎすぎている自分に気づくことも…そう、登山と人生は、荷物が...

≫続きを読む

ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

ソフトシェル,選び方,ジャケット,おすすめ ソフトシェルとは?!アウトドアウェアにおいてソフトシェルというのは、いわゆる、ハードシェルの対比語で、ゴアテックスなどの防水素材がライナーされた防水防風のアウターに対し、動きやすさや通気性を重視したウェアのことを言います。おもにヨーロッパなどで広く使われ、日本でも大きなブームとなりました。確かにソフ...

≫続きを読む

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ

ハードシェル,ジャケット,ゴアテックス,H2No,選び方 ハードシェル、そう、多雨多湿の日本のアウトドア・山岳においてはなくてはならない存在です。ソフトシェルのノウハウを言う前に、まずはハードシェルです。撥水ではダメなんです。防水でなきゃ…ということで、ハードシェルの違いについて紹介します。

≫続きを読む

膝が痛い対策|ストック・サポーター・インソール・テーピングを使いこなす

膝,痛い,痛み,膝痛,登山,ストック,サポーター,インソール 膝・腰 予防アイテム膝がいきなりいたくなるもう10年以上まえのことですが、長い沢をワンデイで抜けて、冷え切った体でそのまま下山しはじめたときのことでした。突如、ヒザがピキン!と痛み出しました。それまでは、ヒザが痛いなんてことはなかったのですが。。 山に登って(登りまくって)いると、いつかやります、ヒ...

≫続きを読む

ストックの使い方|膝の衝撃予防とテクニカルな使い方を追及する

ストック,使い方,使用法,ポール,登山,膝 山を初めて20年以上、ガイドとして日々山を歩いている身として、ぶっちゃけた話をすると、膝が痛いです。もうこれは職業病です(私だけかも^^;で、ストックを使い出してからはもう随分とたつのですが、仕事柄、もっぱらダブルではなくシングルストッカーです。全国の膝痛ユーザーの皆様に、膝にかかる負担をいかにして...

≫続きを読む

登山での歩き方|膝が痛い・足が痛いなら裸足で歩け

登山道具,情報,選び方,方法まとめ,ガイド 一時期裸足で走る「裸足ランニング」というものが注目されました。山を登っていると、厚底の登山靴を履きなれてしまっていてそのクッション性に頼りきった歩き方をしている人を多々見かけます。歩き方の効率が悪いと、膝の痛み、かかとの痛み、足の故障などが起きる原因になります。アーチが崩れ、偏平足だったり、甲高であ...

≫続きを読む

山小屋で快適に眠るための10のルール|山小屋快眠法

山小屋,睡眠,眠れない,山,快眠,方法 山小屋において、「眠れない」という経験をする人が多いでしょう。寝る時間も早く、汗をかいたままでの不快な状態ではなかなか眠れません。特に夏季は人も混雑して騒音や暑さなどますます眠れない要素が増えてきます。今回は、山小屋でぐっすりと眠るための私が心がけている方法というかコツを紹介します

≫続きを読む

登山で使うヘルメットの選び方|ヘルメットを買うときのポイント

ヘルメット,選び方,違い,登山,おすすめ,山用 ここ数年で、登山者のヘルメット利用が増えてきました。登山者自体に安全意識が芽生えたこともありますが、県警や山小屋・遭難対策協会などが推奨してきたこともあります。北アルプスの槍・穂高連山や剱岳付近、後立山縦走路などでは危険な岩場が多く、ヘルメット姿の登山者も多いです。ということで、今回は、登山(バリエ...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

登山,登山靴,選び方,おすすめ,メーカー,トレッキングシューズ いろんなタイプ登山靴・トレッキングシューズ靴って、難しいですよね。サイズだけではなく、形やタイプもそれぞれ違うし、何を選んだらいいのでしょうね。ま、正直、「ピン!」ときたやつを選ぶのが、間違いないでしょう。と、言ってしまったら身も蓋もないので、私流の選び方を書きます。

≫続きを読む

登山靴のインソール・中敷きの選び方

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン 登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。※SIDA...

≫続きを読む

足が靴に当たって痛い|登山の靴擦れ・踝が痛い・外反母趾の予防と対策

靴擦れ,かかと,外反母趾,登山靴,痛い,指,踝が痛い 登山中、とくに下山時に、足(指、足の爪、かかと、踝(くるぶし)、外反母趾、脛)が痛くなったことは誰にでもあるはずです。外反母趾や足の幅が広い人だけでなくても、指・かかと・すねなどが硬い登山靴に当たって痛い! 踝が痛い!そんな経験はありますね。私もガイド中によくお客さんから、靴が当たって痛い、と言われ...

≫続きを読む

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ  ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒 山のグローブ・手袋グローブも、難しいですね。選び方が。ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。というのが現状です。当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグ...

≫続きを読む

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山,傘,カサ,おすすめ,道具,装備, 山に傘は必要でしょうか?必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。でも、私は傘持ちガイドです^^傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します

≫続きを読む

登山で使うロープ|岩場で使うザイルの選び方

ロープ,ザイル,選び方,違い,登山,岩場 穂高縦走したい、剱岳のバリエーションにいってみたい、けれども持っていくロープはどれにしよう?クライミングをするわけではないけど、登山において、縦走や岩場、クサリ場でのちょっとした確保、岩稜のバリエーション、なとに使うロープ(ザイル)についてどのようにチョイスをしたら良いかのヒントになれば幸いです。(...

≫続きを読む

やってはいけなくない単独登山|ソロ登山で意識したいこと

登山,単独,ソロ,独り歩き,単独登山 単独登山に警鐘が鳴らされています。一方でソロ登山者も増えています。ソロ登山は危険なのか?やめたほうがいいのか?個人的に思うこと

≫続きを読む

雪山初心者に多い勘違い、それは…

雪山,冬山,リスク,初心者, 雪山を始める方がますます増えています。ガイドツアーにも問い合わせが多くきます。そこで思ったことを書いてみます。

≫続きを読む

山ウェアのアレコレ|長持ちする服や修理・メンテナンス

登山ウェア,リペア,長持ち,選び方,修理 Worn Wear:着ることについてのストーリー:パタゴニア登山や私生活で着ているアウトドアウェア。値段はそこそこ高いのですが、以外に長持ちします。これらのウェアを振り返って、使い込んだものは結果どうなのかを書いてみたいと思います

≫続きを読む

自作の虫避けスプレー!天然ハーブの虫除けアロマの作り方!

虫除け,スプレー,ハーブ,作り方,天然,アロマオイル 虫除けスプレーを天然アロマオイルの精油を使って作ってみました。今までは、パーフェクトポーションという天然ハーブの虫除けスプレーを買っていましたが、特に夏はけっこうな頻度で使うので、すぐになくなります。実際に作ったほうが量産&安上がりです。そして、デング熱も流行ってますし、子供の虫除け対策としても今後...

≫続きを読む

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

登山用品,レンタル,富士山,初心者,おすすめ 登山用品のレンタルショップが富士山を筆頭に全国であちこちにできています。道具を買わずに、レンタルの装備を使って危険な山に登る登山者・・・知識不足、経験不足で入山して・・・事故につながりやすいのでは!?そんな意見もあろうかと思います。私個人としての感想です。 

≫続きを読む

海外登山アレコレ

海外登山を目指す方への提案です。

≫続きを読む

山の安全・何が安全|山に登って思うこと

山岳ガイド,登山,安全,事故,山岳事故,対策 登山の安全について山は1000回登ったら、1000回とも違う経験をします山登りをずっと楽しむためには、事故を起こさないに越したことはありません。しかし、絶対安全などということはありえないでしょう。山に登る以上危険はつきものなのです。では、わざわざそんなリスクを冒してまで行かなければいい。そう思われる...

≫続きを読む

登山・山岳ガイドになる!|その前に知っておきたいこと

登山ブームの煽りを受けて、ガイド需要も高まっています。その中で、ガイドを職業として志望する方々も増えてくるのではないでしょうか。私も山に登っていて、毎日のように「ガイド」という言葉を耳にします(良きも悪きも)それだけ山の世界では目立つ存在なのでしょうか。しかし、職業というものは(ガイドに限らずに)一...

≫続きを読む

山岳ガイドと登山ガイド どう違うの?|ガイド資格とスキル

登山ガイド,山岳ガイド,違い,資格 山岳ガイドと登山ガイド、呼び方は違うけど、実際になにが違うのか?そしてその違いや資格の取得について簡単にご説明します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内