ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック・ザックの選び方アレコレ|自分に合った最良のリュック

リュックやバッグよりも難しいザック選び バックパックやザックの選ぶポイント
ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・
なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。
今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

ザックは着るもの

ザックについては、もうアマタ登山本が出ていますので、いまさら説明するものも無いのかなぁとも思いますが、一応基本から。
まず、ザックは着るものです。
ウェアと一緒。背面のサイズやウエストの位置、肩パッドの厚さや位置、背中のフィット感など、その少しの違いによって疲れたり痛かったりします。
長いトレイルを歩く場合は、ザックが重しに
なり、疲労してくることを考えると、もうこれは、ウェア以上にサイズやフィットに気をつかわなくてはなりません。
まず、フィットです!これが大事。メーカーによって、ザックのベルトや背面が調節可能なもの、あるいは、S/M/Lとサイズ分けしてあるものもあります。
バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ

軽量化がすすむザック

ザックの軽量化が進んでます。すこし前でしたら、40Lザックだと2kgくらいあるのが当たり前でしたけど、いまや、1kgを切るザックがでています。
KGが使っているザックの中では、グラナイトギアの59Lで900g台というのがあります。
お客さんにはとにかく、ザックは軽く!といっています。しかしそれが、すべての人に共通かといえば違います。
まず「軽い」ということは、背面のパネルなどの部分が割愛されていて、フニャフニャなザックの可能性もあります。
こういうタイプは、容量が30Lを超えてくるものに関しては、パッキングが難しくなります。当然背面フニャフニャなので、パッキングが悪いと荷物がよれたり、背中に荷物が当たって痛いということもあります。そして、生地が薄いので対応年数は減ってきます。メッシュやゴム素材を使用しているものが増えていますので、数年でヨレヨレということもありますね。
また、セルフレスキューという観点からはどうでしょう!?
ザックは、緊急時には、傷病者を背負ったり、緊急用のタンカーを造ったりするのに非常に役に立つのですが、軽量化されすぎたザックはちょっと使い物になりません。もしグループのリーダー的な人が使うザックであれば、ある程度パネルのしっかりしたようなものを選ぶべきでしょう
だってグループリーダーがナップサックで来たら、びびりませんか!?(笑

 

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ

フォルム

ザックの形はさまざまです。
まっすぐスラッと縦長のもの、バナナのようにカーブしたもの、左右に幅広いズングリタイプ、背面にも大型ポケットがあるような分厚いデザイン、反対に大きい割りに容量がすくないぺったんこなもの、、、
どれも一長一短ですが、長時間背負っても疲れないことと、重量のバランスが考えられてあるかをチェックしてみてください。
私はたいていスラットタイプを好んでしまいます。なるべく底部はすぼんでいて、上部が広めにとってあるようなものがバランスがいいと思います。荷物をいれたときにザックの重心が下のほうにくるようなものはNGですね。重心は上のほう&背中に近いほう、です。

3シーズン?4シーズン?

ザックにも夏用とか雪用とかあったりします。まぁ、たいていは、「トレッキング」「アルパイン」「バックカントリー」「バックパック」「テント縦走」などのように分かれていますが、発汗を良くするために背面を背中に付けないタイプのものは、あきらかに夏用です。雪山では使ってはダメです(寒いよ)。一つで通年通して登る予定であれば、
縦走用の大型は別として、アルパインザックがいいでしょう。ある程度軽量化されつつも機能的でシンプルなものが多いです。バックカントリー用は、スキーやスノボを担ぐために、丈夫で少々重くできていたりします。雪山いかないのであれば、トレッキング用でしょうか。

一気室か?それとも二気室?

二気室というのは、ザックが二層になっていて、下部にジッパーが付いていて、荷物が出しやすくされているタイプです。結構前に出回ってはやりましたが、今は少なくなっています。
なぜなのか?多分、軽量化の波に乗ってないからです。二気室にすることで、ジッパーやナイロンなどをよけいに使用するために、たいてい重くなっています。デメリットはそれだけではなく、パッキングが上達しません。逆にメリットといえば、荷物のバランスを楽に調節できます。そして、取出しがスムーズです。
通常、二気室は不用、と思っています。しかし、緊急時にファーストエイドやロープなどたいていザックの底に眠らせているものを、すぐさま取り出せるという意味では有りだともいえます。

 

雨ブタは必要!?

雨ブタがないタイプのザックはどうでしょう?
たいていサイズが20L前後のものが多いですが、30Lクラスでもありますね。ジッパー式になっていて、荷物はすぐに取り出しやすいですが、多くのものをいれるには小さいかとおもいます。
雨ブタは結構重要視しています。よく使うもの、つぶれたら困るもの、具体的には、サングラス・日焼け止めなど・行動食の一部・コーヒーポット・手袋・帽子などをいれます。
雨ブタがあると超便利♪ 歩きながらでもジッパーをあけて取り出せます(落とし注意)。

 

サイドポケット

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ

最近の人、たいていザックの両サイドのメッシュポケットなどに、ペットボトルなどを入れて行動しています。これ、バランス的に不安定で、しかも稜線など手を使うような岩場ではザックが傾いたりあたったりして落とします。すぐに飲めるようにしたいのなら、ハイドレーションか雨ブタに収納するのがベターです。
もちろんサイドポッケはあったほうが便利ですが、その分重くなります。

 

 

防水機能

ほとんどのザックはナイロンの裏地に簡易防水処理が施されています。あるていどの雨なら大丈夫ですが、縫い目までシーリングされていないものがほとんどで、背面からの防御は薄いものです。
なので、夏山ではザックカバーは必須になるわけですが、マックパックなどの一部のメーカーでは、完全防水を唱っているものがありますね。その分重さが増していますのが。
防水に関してはあまり考慮は必要ないかと思います。どのメーカーも大差ないということで。

 

ジッパーとバックル

ザックの開閉手段としてはおもに、ジッパーとバックルがあります。
バックルに関しては、メインパネル(雨ブタ)を1箇所で締める1本締めと2箇所で締める2本締めがあります。その他に、通常本体を絞るヒモと、さらにアイゼンはヘルメット・ウェアなどを間に挟めるようにバックルベルトが取り付けられたりしています。
正直あまりベルトやヒモが多いと、出し入れが大変なだけでなく、悪天候かでは時間もかかってしまいます。なるべくシンプルなほうがいいかと思います。
また、グラナイトギアなどのメーカーは、バックルやベルト自体をスリム化して軽量化していますが、グローブをする季節の使用を考えると、夏向きかな、とおもったりします。
バックルを使わないジッパーだけのザックもチラホラ見かけますね。コチラのほうは、強風によりベルトがバタバタしなかったりしてスッキリしています。ジッパーは同じく小さめなのでグローブをつけての使用が課題でしょうか。また、凍結などするシチュエーションでは開閉がロックしてしまうようなトラブルもあるかもしれません(少ないでしょうが)。

 

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ

ウエストベルト

これがしっかりしているかどうかは意外と重要です。荷物の重さにもよりますが、重くなればなるほど、腰で背負ったほうが楽です。
ウエストベルトが分厚ければ、腰の負荷も少なくすみます。たいていは、ザックの用量に応じて、ウエストベルトも厚さがきまってきますが、モノによって多少の違いはあります。
また、ブラックダイヤモンドやミレーなどの一部のザックにはウエストベルトが可動式になっていて、無理な力を逃がすような設計のものもあったりします。

 

用量はどのくらい必要?

ザックの用量ですが、以下目安です。
日帰り:15l-30l
1泊山小屋泊:30-40l前後
2-3泊(山小屋):30-40l前後
テント泊:60l以上
これは目安です。
幅があるのは、リーダーとなる人は当然ツエルトやロープが必要だったり、あるいはガスコンロを持っていくかどうかなどでも違いますね。
テント泊は60l以下に収めるには、けっこう上手にレイアウトする必要があります。
山小屋ベースでしたら、35l-40lくらいのザックがオールマイティに使えます。
体力が落ちている中高年の方には30L以下をオススメします。
上手な方は20Lくらいで2泊3日の縦走をしています。

 

まとめ

で、これらを自分にあったものにしていこうとしますと、お分かりかとおもいますが、
「そんな理想的なザックはねぇんだよ!」
といってしまいたくなります。
それくらい、理想のザックにはなかなか出会えません^^;
なので、あとは、消去法をつかってどこを妥協するかということになりましょうか。。。
ウェアよりも悩ましいのですよ、ザック選びは。

いろいろなのリュック・バックの紹介記事
※私はこの記事を書いたあとに、2014年に発売になったパタゴニアのアセンジョニストパックをメインで使うようになっています。シンプルかつ軽量で背負い心地もよく、使いやすいザックです。が、初心者むけではありません。 詳細は登山記ブログのほうにもUPしています その他にも名盤ザックはけっこうありますよ!

OSPREY(オスプレー) タロン22

軽量ザックの代名詞ともなったタロン。徐々に改良されて、使い勝手はよくなっています。雨ブタのない22lは中高年や軽量化ハイカーにはおすすめです。これ以上用量が大きいと、パッキングなどの技術が必要ですね。フロントのメッシュパネルも大きく、ウェアなども丸めておけます。容量は少ないですが、意外とそれ以上に入る気がします。

OSPREY(オスプレー) ミュータント38 M/L

ミュータントはアイス&アルパインクライミング向けのシンプルかつハイエンドなザックです。サイズも38lとちょうど良く、使っているガイドも多いです。ビバークマットが標準装備され、ウエストベルトはカラビナループが付いています。アルパイン仕様ではバリアント37とかぶるところもありますが、こちらはスキー想定がなく、じゃっかん軽量にできています。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)スピード40 グラファイト(GR)Lサイズ BD54062

BDの中ではもっともいい!と思えるザックです。シンプルでバランスも良く、必要なものだけが付いていて、使いやすいザックです。サイズは40lのもの以外にも、22l・30l・55lとラインナップも豊富。ハーネス装着を想定して、ウエストベルトのパッドを外すことができるようになっています。カラーの幅が少ないのが惜しいところです。

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ボルト

軽量かつすっきりとしたデザインのパック。1本締めであり通気性抜群の背面パネル。リアクティブサスペンションという腰の動きに合わせて回るウエストベルトシステムを搭載しています。アドベンチャーレースなども用途も想定していて、軽量かつ背負い易い設計です。

GRANITE GEAR(グラナイトギア) レパードAC 58

バックパックに老舗グラナイトギアの新モデルです。ベルトバックルのスリム化などにより軽量化を図った大型パックです。58lなのにものすごく軽い!(1390g)なのに、フレームはしっかりとしています。ベルトハーネスも厚みがあり疲れを軽減してくれます。別売りのクランポンホルダーなどもありオールシーズン対応ですが、バックルが小型化していてグローブをはめての操作はきつそう。

GRANITEGEAR(グラナイトギア) クラウンVC60

ここまできたかグラナイト。このモデルの前のバージョンを使っていますが、とにかく60lとはおもえないほど軽いです(960g)。そしてフニャフニャじゃないのです。クラウンVCはザックサイドをベルトならぬライン(ヒモ)締めにするなどの超軽量化とスリム化を図った理想的な軽量ザックです。唯一、雨ブタがないので、使い道は明確にしておいたほうがいいでしょう。

[ミレー] MILLET MATRIX 30 MBS

ミレーのザックは昔から定評があり、コアなファンも多いところです。そしてまた、コア泣かせなザックが出てきました。マトリックス30.クライマー向けのハイエンドなザックということで、ナナメ一本締めのアルパインン仕様となっています。スキーの装着やクランポン・ヘルメットなどの収納も想定して工夫してあります。

マムート(MAMMUT) Trion Nordwand 35L

マムートのアルパインザックといえば、このトリオンノルワンドがイチオシです。大きさ・フォルム・シンプルかつ機能的。どこをとっても理想的なアルパインパックです。お値段が少々張るのがネックでしょうか。しかし背負ってみる価値はあります!
 

足首のサポーターなんて要らない|キネシオテーピングで簡単に捻挫の予防

足首,サポーター,テーピイング,捻挫,予防 足首の捻挫は誰もが経験するところです。私は子供の頃から捻挫がクセになってしまい、今では足首がゆるゆるです。足首のカナメとなっている筋肉は、いったん伸びてしまうと、もとに戻らないそうです。それが原因で、筋力が落ちると、すぐに転んだりするとか・・足首のサポーターは他の部位とちがってちょっと厄介です。なぜ...

≫続きを読む

日本百名山を目指す人が注意したい10の登山スタイル

日本百名山,登山,おすすめ,リスト,一覧 日本百名山は90年~2000年くらいに入って人気が急浮上しました。いまやTVのおかげで知らない人も少ないと思います。確かに選ばれた100山の一座一座を見てみると、どこも素晴らしい山が勢ぞろいしていて登る価値は絶大に思えます。しかし、です。百名山を目指している登山者というのを、私は登山経験者とはあまり...

≫続きを読む

膝痛を攻略する|スポーツ向け膝サポーター選び方

膝,サポーター,痛,登山 膝が痛い!そんな人はたくさんいることでしょう。私もそうですが…毎日サポーターをつけて仕事をすることも日常となったわけで、そんなサポーター生活者のために、今回は膝のサポーターについてクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

靴底の修理|かかとの修理を自分でやってみた

靴底,かかと,修理 靴底って、まずその多くのケースとしては、ソールのかかとがすり減ってきます。基本的に、かかとが減ってしまったら、他の部分が減っていなくても、張替えが基本です。でも、靴底ソールの張替えってだいたい10000円くらいはします。私の場合歩くのが職業なので、たいていは新しく買っているのですが、一般の方にしてみ...

≫続きを読む

山岳遭難事故に遭わないためにあなたが知っておくべきこと

山岳遭難,山の事故,遭難ニュース 山岳遭難事故は後を絶ちません。毎月のように、遭難のニュースを目にしますし、1年中登山での事故は起こっています。私自身も遭難したことがありますし、今後、山岳事故に遭わないとも限りません。なんとか防ぐことはできないものでしょうか? 私なりに、遭難事故に遭わないために思ったことを書いてみます。参考程度に!...

≫続きを読む

登山用のヘッドライト|明るいだけではダメなのだ!

ヘッドライト,LEDライト,おすすめ,種類,ヘッドランプ,選び方, LEDライトがもっとも先に普及したのがヘッドライトではなかったでしょうか?従来の電球やクリプトン球ではなしえなかった省電力・高照度のライトが登場しました。昔はヘッドライトを付けたままにしてると、こら!早く消せ!と怒られたものです。今は登山ブランドのみならず、あらゆるメーカーから長時間に耐えるLEDの...

≫続きを読む

山の救急|登山で必要なファーストエイドの中身とは!?

ファーストエイドキット,登山,救急,装備,アウトドア,エマージェンシー 登山の標準装備としても、山でなくてもアウトドアでは必須のファーストエイド。万一怪我や負傷したときのエマージェンシーの最低限の装備として携行したいものですが、よくよく確認してみると、なんとも中身がお粗末なファーストエイドキットを持っている方が多いように思います。そこで、世のため、アウトドアのため、登山...

≫続きを読む

登山装備軽量化|山を快適に楽しむ8つのやり方

登山,装備,軽量化,中高年,荷物,軽い 登山をはじめたばかりの若者が増えつつある昨今ですが、装備がバッチリ決まっています。そして、その装備を担いでいるんだか、担がれているんだかわからないような重装備をした人もチラホラ。わかります、その気持ち、そしてもうちょっとすると、めっちゃ荷物担ぎすぎている自分に気づくことも…そう、登山と人生は、荷物が...

≫続きを読む

ソフトシェルジャケット選びとおすすめ

ソフトシェル,選び方,ジャケット,おすすめ ソフトシェルとは?!アウトドアウェアにおいてソフトシェルというのは、いわゆる、ハードシェルの対比語で、ゴアテックスなどの防水素材がライナーされた防水防風のアウターに対し、動きやすさや通気性を重視したウェアのことを言います。おもにヨーロッパなどで広く使われ、日本でも大きなブームとなりました。確かにソフ...

≫続きを読む

ハードシェルジャケットの特徴・選び方アレコレ

ハードシェル,ジャケット,ゴアテックス,H2No,選び方 ハードシェル、そう、多雨多湿の日本のアウトドア・山岳においてはなくてはならない存在です。ソフトシェルのノウハウを言う前に、まずはハードシェルです。撥水ではダメなんです。防水でなきゃ…ということで、ハードシェルの違いについて紹介します。

≫続きを読む

膝が痛い対策|ストック・サポーター・インソール・テーピングを使いこなす

膝,痛い,痛み,膝痛,登山,ストック,サポーター,インソール 膝・腰 予防アイテム膝がいきなりいたくなるもう10年以上まえのことですが、長い沢をワンデイで抜けて、冷え切った体でそのまま下山しはじめたときのことでした。突如、ヒザがピキン!と痛み出しました。それまでは、ヒザが痛いなんてことはなかったのですが。。 山に登って(登りまくって)いると、いつかやります、ヒ...

≫続きを読む

ストックの使い方|膝の衝撃予防とテクニカルな使い方を追及する

ストック,使い方,使用法,ポール,登山,膝 山を初めて20年以上、ガイドとして日々山を歩いている身として、ぶっちゃけた話をすると、膝が痛いです。もうこれは職業病です(私だけかも^^;で、ストックを使い出してからはもう随分とたつのですが、仕事柄、もっぱらダブルではなくシングルストッカーです。全国の膝痛ユーザーの皆様に、膝にかかる負担をいかにして...

≫続きを読む

登山での歩き方|膝が痛い・足が痛いなら裸足で歩け

登山道具,情報,選び方,方法まとめ,ガイド 一時期裸足で走る「裸足ランニング」というものが注目されました。山を登っていると、厚底の登山靴を履きなれてしまっていてそのクッション性に頼りきった歩き方をしている人を多々見かけます。歩き方の効率が悪いと、膝の痛み、かかとの痛み、足の故障などが起きる原因になります。アーチが崩れ、偏平足だったり、甲高であ...

≫続きを読む

山小屋で快適に眠るための10のルール|山小屋快眠法

山小屋,睡眠,眠れない,山,快眠,方法 山小屋において、「眠れない」という経験をする人が多いでしょう。寝る時間も早く、汗をかいたままでの不快な状態ではなかなか眠れません。特に夏季は人も混雑して騒音や暑さなどますます眠れない要素が増えてきます。今回は、山小屋でぐっすりと眠るための私が心がけている方法というかコツを紹介します

≫続きを読む

登山で使うヘルメットの選び方|ヘルメットを買うときのポイント

ヘルメット,選び方,違い,登山,おすすめ,山用 ここ数年で、登山者のヘルメット利用が増えてきました。登山者自体に安全意識が芽生えたこともありますが、県警や山小屋・遭難対策協会などが推奨してきたこともあります。北アルプスの槍・穂高連山や剱岳付近、後立山縦走路などでは危険な岩場が多く、ヘルメット姿の登山者も多いです。ということで、今回は、登山(バリエ...

≫続きを読む

登山靴・トレッキングシューズナニを選ぶ!?|種類と選び方

登山,登山靴,選び方,おすすめ,メーカー,トレッキングシューズ いろんなタイプ登山靴・トレッキングシューズ靴って、難しいですよね。サイズだけではなく、形やタイプもそれぞれ違うし、何を選んだらいいのでしょうね。ま、正直、「ピン!」ときたやつを選ぶのが、間違いないでしょう。と、言ってしまったら身も蓋もないので、私流の選び方を書きます。

≫続きを読む

登山靴のインソール・中敷きの選び方

インソール,登山,中敷き,登山靴,膝痛,サポーター,シダス,ソフソール,スーパーフィート,トレラン 登山靴というのは、ろくなインソールがついていない。そう思うのは私だけでしょうか?膝や足が痛いという悩みを解消・予防するための重要なアイテムであるインソール(中敷き)はもっと注目されていいと断言できます!ガイド業を通して様々に使ってきた経験をもとにオススメのインソールを紹介したいと思います。※SIDA...

≫続きを読む

足が靴に当たって痛い|登山の靴擦れ・踝が痛い・外反母趾の予防と対策

靴擦れ,かかと,外反母趾,登山靴,痛い,指,踝が痛い 登山中、とくに下山時に、足(指、足の爪、かかと、踝(くるぶし)、外反母趾、脛)が痛くなったことは誰にでもあるはずです。外反母趾や足の幅が広い人だけでなくても、指・かかと・すねなどが硬い登山靴に当たって痛い! 踝が痛い!そんな経験はありますね。私もガイド中によくお客さんから、靴が当たって痛い、と言われ...

≫続きを読む

ザックの選び方間違ってない?|自分に合った最良のバックパック

バックパック,ザック,選び方,バック,リュック,おすすめ  ザックはウェア以上に選び方が難しいです。使いやすさ、背負いやすさ、疲れにくさ、軽さ、気に入ったデザイン・・・なかなかすべてを叶えてくれるリュックやザックにめぐり合えません。今回は、私が長年経験して得た、登山用のザックを選ぶポイントをご紹介します。

≫続きを読む

登山のグローブ・手袋|種類と選び方

手袋.グローブ,登山,山用,選び方,ブランド,防寒 山のグローブ・手袋グローブも、難しいですね。選び方が。ザックやシューズ以上にに、理想的なものが、、、、ない。。というのが現状です。当然使うシチュエーションによって、使い分ける必要があり、ALL IN ONEはナイデス。タブンコレカラモ・・・ということで、ここでは、コアなことは抜きにして、一般向けにグ...

≫続きを読む

登山には傘!山カサ~♪|ガイドが教える山の傘活用法

登山,傘,カサ,おすすめ,道具,装備, 山に傘は必要でしょうか?必要か?と言われたら、なくてもいいでしょうね。でも、私は傘持ちガイドです^^傘の快適性・不便性とおすすめの折りたたみ傘をご紹介します

≫続きを読む

登山で使うロープ|岩場で使うザイルの選び方

ロープ,ザイル,選び方,違い,登山,岩場 穂高縦走したい、剱岳のバリエーションにいってみたい、けれども持っていくロープはどれにしよう?クライミングをするわけではないけど、登山において、縦走や岩場、クサリ場でのちょっとした確保、岩稜のバリエーション、なとに使うロープ(ザイル)についてどのようにチョイスをしたら良いかのヒントになれば幸いです。(...

≫続きを読む

やってはいけなくない単独登山|ソロ登山で意識したいこと

登山,単独,ソロ,独り歩き,単独登山 単独登山に警鐘が鳴らされています。一方でソロ登山者も増えています。ソロ登山は危険なのか?やめたほうがいいのか?個人的に思うこと

≫続きを読む

雪山初心者に多い勘違い、それは…

雪山,冬山,リスク,初心者, 雪山を始める方がますます増えています。ガイドツアーにも問い合わせが多くきます。そこで思ったことを書いてみます。

≫続きを読む

山ウェアのアレコレ|長持ちする服や修理・メンテナンス

登山ウェア,リペア,長持ち,選び方,修理 Worn Wear:着ることについてのストーリー:パタゴニア登山や私生活で着ているアウトドアウェア。値段はそこそこ高いのですが、以外に長持ちします。これらのウェアを振り返って、使い込んだものは結果どうなのかを書いてみたいと思います

≫続きを読む

自作の虫避けスプレー!天然ハーブの虫除けアロマの作り方!

虫除け,スプレー,ハーブ,作り方,天然,アロマオイル 虫除けスプレーを天然アロマオイルの精油を使って作ってみました。今までは、パーフェクトポーションという天然ハーブの虫除けスプレーを買っていましたが、特に夏はけっこうな頻度で使うので、すぐになくなります。実際に作ったほうが量産&安上がりです。そして、デング熱も流行ってますし、子供の虫除け対策としても今後...

≫続きを読む

登山用品レンタルに反対なの!?|富士登山もレンタル

登山用品,レンタル,富士山,初心者,おすすめ 登山用品のレンタルショップが富士山を筆頭に全国であちこちにできています。道具を買わずに、レンタルの装備を使って危険な山に登る登山者・・・知識不足、経験不足で入山して・・・事故につながりやすいのでは!?そんな意見もあろうかと思います。私個人としての感想です。 

≫続きを読む

海外登山アレコレ

海外登山を目指す方への提案です。

≫続きを読む

山の安全・何が安全|山に登って思うこと

山岳ガイド,登山,安全,事故,山岳事故,対策 登山の安全について山は1000回登ったら、1000回とも違う経験をします山登りをずっと楽しむためには、事故を起こさないに越したことはありません。しかし、絶対安全などということはありえないでしょう。山に登る以上危険はつきものなのです。では、わざわざそんなリスクを冒してまで行かなければいい。そう思われる...

≫続きを読む

登山・山岳ガイドになる!|その前に知っておきたいこと

登山ブームの煽りを受けて、ガイド需要も高まっています。その中で、ガイドを職業として志望する方々も増えてくるのではないでしょうか。私も山に登っていて、毎日のように「ガイド」という言葉を耳にします(良きも悪きも)それだけ山の世界では目立つ存在なのでしょうか。しかし、職業というものは(ガイドに限らずに)一...

≫続きを読む

山岳ガイドと登山ガイド どう違うの?|ガイド資格とスキル

登山ガイド,山岳ガイド,違い,資格 山岳ガイドと登山ガイド、呼び方は違うけど、実際になにが違うのか?そしてその違いや資格の取得について簡単にご説明します。

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内