春の木曽駒ヶ岳

春の木曽駒ヶ岳

 

4月の中央アルプス 木曽駒ヶ岳

 

 

 

雪山 木曽駒ヶ岳登頂ツアーのご案内

 

 

中央アルプスの駒ヶ岳に登頂します。

天候も落ち着いている時期ですが、

3000m近くの高峰の駒ヶ岳は、

雪山スキルをためすにはちょうどよい山。

ロープウェイを利用しての

千畳敷に宿泊します
初日は少々雪上講習を開催します。

 

体力・技術について

 

歩行技術的にはハードではありません

初めての方でも参加OK

しっかりとしたアイゼン歩行が試されます。

 

装備について

基本的な雪山装備で挑みます。

 

 

悪天候時などのルート変更

悪天時や雪のコンディションによって、

内容を適宜変更することもあります。

 

 

中央アルプス 木曽駒ヶ岳登頂!  

4/23(土)~4/24(日)

 

本格登山 体力★★★ 技術★★ 定員3名程度 

コース

 

1日目:菅の台バス停=しらび平=千畳敷 着後雪上講習 ホテル千畳敷宿泊
2日目:千畳敷…宝剣山荘…駒ヶ岳(2956m)…千畳敷=菅の台…温泉入浴…駒ヶ根駅
※行程変更しました。初日に千畳敷にて歩きの練習をします!

 

ガイド料金@35000円 
費用目安/---円(3名の時1人あたり) 
※総費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

 

 

ツアーカレンダーで確認できます

 

装備

雪山用登山靴(4シーズン用でも可。分らなければ相談ください)
オーバーJKT&パンツ

必携。
動きを妨げないものがいいです。ソフトシェルは濡れに注意です。この時期はハードシェルがベスト。

ザック容量 1泊程度
下着(上下) 朝晩は冷えます。ウールやポリエステルの厚手のタイツとシャツを!小屋も寒いです。
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。
保温ポット 必携です。0.5lくらいがベスト。購入の際は保温力とグローブしてても飲めるもの
手袋 冬季用のオーバーグローブ。ポリエステル製などの予備のグローブも用意します。手がきつくならないように。
目出帽・ネックウォーマー ◎:基本目出帽子です。化繊・フリースやウールなど保温性のあるもの
着替え(行動用) △:基本不要
着替え(入浴用) ◎:下山温泉入浴用。宿泊用(車内にデポ)
ヘッドランプ ◎:
ストック △ ピッケルでの標準歩行
サングラス・ゴーグル 風が吹きます。常にあったほうがいいです。偏光ならなお良し。ゴーグルはスキー用でOK
スパッツ ◎:オーバーズボンのゲイターでも代用可能
行動食

◎ 行動食+非常(コンビニ経由します
※2日目は早い出発となりますので朝食は弁当か行動食各自で用意します。

そのほか 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール、地図コンパスなど
備考 小屋内はあったかですが、廊下は冷たいので、スリッパなどを持参すると快適ですよ。大雪渓の下り用にビニールソリなど!?
ギア類 アイゼン(10本歯以上ワンタッチ良) ピッケル ハーネス(レンタル)
 

初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内