パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット

アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェル

ソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。
しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビネーションも考えてしっかりと着こなすことが大事です。


いきなりですが、
まず、ジャケット1着目を検討しているのなら、ハードシェルに軍配が上がります。
ソフトシェルだけでは日本の山は通用しません。
着心地と通気性がウリのパタゴニアのソフトシェルは、ハードなアルパインクライミングから街着まで、幅広くカバーしてくれますが最終的な悪天には、ハードシェルに譲らねばなりません。
しかし、時期とタイミングやレイヤリングを組み合わせれば、フィールドでの行動が、ハードシェルより快適になることは間違いありません。
 

最高の仕上がり!パタゴニアのソフトシェルジャケット

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット
パタゴニアのソフトシェルはラインナップも多く、何を選べばいいのかを迷ってしまうほどです。
正直、どのソフトシェルジャケットも満足いく仕上がりです。
あとは、使用目的に合わせて、生地の厚さや素材、サイズを選びぬきましょう。
初めはオールインワンを目指す人も多いでしょうが、どうせすぐに用途別に分けなくてはならなくなりますよ(笑)。
そして、ハードとの兼ね合いもしっかり考慮して、自分にあったレイヤリングを考えてソフトシェルもうまくチョイスしましょう!

おすすめのアルパイン用ソフトシェルジャケット

 

高い防水性を可能にした|ナイフリッジジャケット


2015年秋から登場したナイフリッジジャケット。
先代のハイエンドソフトシェルであるナイフブラードジャケットのモデルチェンジ版
耐水圧6000mmというポーラテックパワーシルドプロの3層構造に、縫い目をシーリングして防水性を高めたソフトシェルジャケット。
ジッパーは止水で、見た目はほぼハードシェル!

レビュー記事↓↓↓

【登山記ブログ】ハードなソフトシェル!?|パタゴニア ナイフリッジジャケット

 

冬に使いやすい!|アズハイブリッドジャケット&フーディ


私は厳冬期にこれを使っています。可もなく不可もなく、のソフトシェルの定番アズジャケットが、ハイブリッド化して雪山にはすごく使いやすくなった安定のソフトシェルジャケットです。
裏打ちされたフリース生地とウインドフロックに加え、脇下から袖までの軽量でしなやかな生地のミックスで動きやすさと通気性を実現しています。
はじめての雪山用ソフトシェルにおすすめ!

レビュー記事書きました!↓↓↓

【登山記ブログ】ソフトシェルの定番パタゴニアのアズハイブリッドジャケット着てみる

 

薄い!軽い! レビテーション・フーディ


出ましたアルパインアイス用の薄型軽量ソフトシェル!
アルパイン用としては、シンプルガイドジャケットを抜いて、もっとも軽量で薄いソフトシェルジャケット。
他のジャケットとの違いは、軽さだけではなく、「動き」を意識したデザインであること。袖のベルクロをなくし、アイスアックスの振りやすさも快適に。生地は2WAYストレッチでスリムフィットなのに、自由度が高いジャケットです。現在Msのみ><

レビュー記事書きました↓↓↓

【登山記ブログ】新感覚!アルパインソフトシェル|レビテーションフーディ

 

クライミング特化ジャケット|オールフリージャケット


レビテーションに次ぐ最新ソフトシェルジャケット。
オールフリージャケットは、先発のレビテーションフーディとほぼ同じデザインで、素材をさらに薄く、フードをなくした、比較的涼しい時期に適したクライマー用のソフトシェルジャケットです。レビテーションはすでに日常着となってしまうほど着心地も使い心地も最適ですので、暖かい時期にはこの、オールフリージャケットがいかに快適化は納得できます。すごくオススメですよ!

 

スキー&アルパインを両立|リコネッサンス・ジャケット


ソフトシェル生地をベースに、3層構造の防水透湿素材で仕立て上げられたジャケット。
チェストポケットが二つに内型にゴーグルも収納できる大型ポケットも装備。グローブの上にも下にもフィットする袖。脇下にはベンチレーションはありません。Ms572g

 

ディメンションズ・ジャケット(終了)

2014年のオーバージャケットとして登場。
ウインドストッパーをラミネートした3層構造のソフトシェル。
従来のガイドジャケットなどと比べて改良されている点は、腕・肩のデザインが手を上げたときに妨げにならない(Yジョイント)になっています。生地は8.8オンスとかなり厚めでMs637gは冬季のアルパインクライミングに最適です。

 

シンプルガイド・フーディ(終了)

ウインドブロックほどではないですが、耐風性を備えた6.2オンスダブル織りの生地採用のソフトシェル。
軽量化を目指すアイテムとして活躍。私は旧ガイドジャケットをつかっていますが、裏地のソフト感や柔らかさは、山でなくても日常でも着たくなるシロモノです。
フードはぜひ欲しいところで、ちょい軽めの春秋ハイキングなどでもかなりいい感じです。Ms549g

 

ミックスガイド・フーディ(終了)

ハードシェルとソフトシェルのハイブリッドジャケットがミックスガイドです。
したたる雫にびしょ濡れになった経験はありますか?上部を3層H2NOのハードシェル、そして動きと通気にポーラテックパワーシールドを下部に配しています。特殊な構造なので、初心者や通年使用の雪山登山には向きません。コアな部分を求めている方向け!Ms561g

 

関連記事

ソフトシェルジャケットの選び方についてはこちらです
トレラン用のソフトシェルページはこちら

 

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース スタイルに合わせてシェルが決まるジャケットの基本はハードシェルです。山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハ...

≫続きを読む

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェルソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビ...

≫続きを読む

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

パタゴニア,R1,R1フーディ,プルオーバー,フリース,ジャケット R1といえば、私個人としては、もういまさら言うまでも無いほどの、基本的なウェアです。山にはR1(あるいはR1フーディ)、至極当然系です♪ パタゴニアのフリースでも一番目に選ぶのはR1でしょう

≫続きを読む

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。ナノパフが出たときは革命的だと感じていたので...

≫続きを読む

ガイドがナノパフを選ぶ理由|パタゴニアの先鋭ウェア

ナノパフ,パタゴニア,フーディ,ジャケット,プルオーバー ナノパフがなぜ高い評価を得ているのか?ナノパフの評価は発売当初から高く、クライマーのみならず、どんなアウトドアでも使いやすいウェアです。化繊インサレーションというカテゴリにはいりますが、ここではあえて、ナノパフにだけクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

パタゴニアR2ジャケット|ハイブリッド化したフリースの底力

パタゴニア,R2,ジャケット,フリース,メンズ,レディース 2014年R2ジャケットフリースはいっそうのハイブリッド構造と、ポーラテックサーマルプロの採用、テクニカルなカットによる着心地、親指用ループ、細身のジッパーなどにより、さらに進化しています。ハイブリッド化したR2ジャケットの底力はじめてR2を買ったときは、冬場はもうずーっと普段から着ていました。それ...

≫続きを読む

パタゴニアのダウンセーター|選び方・使い方

パタゴニア,ダウンセーター,ベスト,インナーダウン パタゴニアのダウンセーターは高い保温力!そして軽量コンパクトナノパフも推奨しておりますが、それは、ダウンセーター(インナーダウン)がダメだというわけではありません。羽毛の持つ保温力とロフト力において、あったかさと携帯性はピカイチです。私がガイディング中は、確実に寒いコンディションが予想された場合は、...

≫続きを読む

レビュー|パタゴニア フーディニとアルパインフーディニ

パタゴニア,フーディニ,アルパインフーディニ 今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。実にいい!ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心...

≫続きを読む

パタゴニアのキャプリーンが新しい|2015年モデルの違いと選び方

パタゴニア,キャプリーン,おすすめ,アンダー,ベースレイヤー パタゴニアの化繊アンダーウェアであるキャプリーンがリニューアルしました。従来までのキャプリーン1・2・3・4というナンバー表記から、デイリー・ライトウェイト・ミッドウェイト・サーマルウェイトという名前になったんだけど…!

≫続きを読む

究極的|パタゴニアのウルトラライトダウンジャケット

パタゴニア,ウルトラライトダウン,ダウンジャケット,ウルトラライト パタゴニアのダウンジャケットのなかでも究極的ともいえるウルトラライトダウンジャケット。フーディやベストなどウルトラライトダウンのラインナップが揃っています。極めて軽量、薄型のミニマリスト御用達のハイエンドウェアです。インナーダウンという枠を超えてオールラウンドに使えるモデル。ダウンにおいては、その素...

≫続きを読む

パタゴニアのザック|アセンジョニストパックの評価

パタゴニアのアセンジョニストパック・アーバーパック パタゴニアから2014年に、新しいザックが登場しました。ザックはブログ記事でも紹介していますが、カラダにフィットし、かつ使いやすいという、自分の理想の形というのがなかなか見つかりません。私にとっては、それはウェアを選ぶよりも難しく、常に新スタイルのモデルを追うものの、結局はシンプルでスリムなデザイン...

≫続きを読む

着心地満点!パタゴニアの新しいメリノベースレイヤーが気持ちいい!

パタゴニア,メリノ,ウール,ベースレイヤー,アンダーウェア チクチクがイヤなら「メリノ」にしようパタゴニアのメリノウールを使用したアンダーウェアー。私はとにかくウールのチクチクが大キライで、ウール製品の肌着なんか眼中にありませんでした。が、近年の開発技術というのはすごくて、このパタゴニアのメリノウールも、ほとんどチクチク感を感じないスグレモノに仕上がっていま...

≫続きを読む

パタゴニアのクライミングザック|クラッグスミスパック・クラッグダディ・リンクドパ...

パタゴニア,おすすめ,ザック,クライミング,クラッグスミス,クラックダディ,リンクドパック 今季に入り、パタゴニアのクライミングウェアに対する質が変わってきつつある気がしています。パタゴニアから、クライミング専用にデザインされたザックが3種類でました。クラッグスミスパック35Lとクラッグダディパック45L,そしてリンクドパックです。

≫続きを読む

パタゴニアのトレントシェル|雨対策にレインウェア

パタゴニア,トレントシェル,レインウェア,ストレッチジャケット,プラスジャケット パタゴニアのレインウェア、トレントシェルの紹介です。パタゴニアでは、山用夏用レインウェアとして2015年現在、トレントシェルジャケットJAPANSPECIAL(ジャパンスペシャル)、トレントシェルストレッチジャケットの2種です。どれもH2NOの防水ハードシェルで、2.5層となっています。ゴアテックス...

≫続きを読む

ベスト!?パック!?|フォアランナーベストとナイントレイルズパック

patagonia,パタゴニア,フォアランナーベスト,ナイントレイルズ,パック 長距離ランナー向けの、フィット感バツグンのパックが2種類登場。最小化・軽量化されたパックですが、ウェアと同じ「ナイントレイルズ」「フォアランナー」のネーミングが付いています。ちょっと期待できるサブウェア!

≫続きを読む

実は使える|パタゴニア トレランウェア

パタゴニアのトレランソフトシェル パタゴニア トレランアイテムが使えるウェアここでは、パタゴニアにおけるトレランに有効なアイテムをご紹介します。近年のトレランブームの高まりで、パタゴニアからもトレラン用に開発されたウェアやシューズが出揃ってきました。トレラン用のものは、とにかく、軽量・シンプル・通気性と発汗製を可能な限り追求したモデ...

≫続きを読む

パタゴニア R3とR4ジャケット!違いと評価

パタゴニア,R3,R4,フリース,ジャケット,評価,口コミ,レビュー R3ジャケット R4ジャケット  (`ー´)R3 R4といったフリースは生地が厚く保温力が高いために、発汗が激しい状況では不向きといえますが、厳冬期の稜線縦走や、停滞時の装備として威力を発揮します。また、釣りやキャンプといったフィールドでは、むしろ、暖かくて重宝するでしょう。ダウンなどのようにモコモ...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内