すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

パタゴニア・ナノエア|次世代インサレーションソフトシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト

パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。
撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。
ナノパフが出たときは革命的だと感じていたのですが、これはそれを凌駕するウェアになりそうです。

【ブログレビュー記事】ナノパフを凌ぐナノエア|パタゴニアの革命的インサレーション

 


革命的なウェア ナノエアジャケット&フーディ


布団をまとったような感覚。それがナノエアのファーストインプレッションでした(笑
とにかく気持ちいい!そして、他のインサレーションシェルとちがい、パタゴニアのナノエアはなんとなくスーっとして、寒いんだか暖かいんだかという感じがします。実際に雪山などで使えば、汗をかく前に体温が逃げていくので、着たままの行動範囲が広がっているのが分かるはずです。
日常としても使い回しがいいのがジャケット。寒いところで眠るときにあったほうがいいと思えるのがフーディでしょうか(笑

 

執念の国産インサレーションブランド東レの話

ショップ関係者などからもよく聞くのですが、このパタゴニアのナノエアに使われている東レのインサレーションは、通気性では最先端を行く素材です。打倒プ○○○○トを目指して開発された、ジャパンブランドが誇る素材なのです。その通気性を最大限に活かしたナノエアですがら、いきなり着用した瞬間にスーっとした「通気」を感じられるのです。

 

雪山でのレイヤリング経験

ナノエアを雪山で試す
厳冬期の八ヶ岳でレイヤリングしてみました。
ナノエアの特徴としまして、中間着としての保温力に加え、アウターとしての防風撥水性。それに加え、従来のインサレーションではなかった通気性が加味されました。そのおかげで行動が制限されるような雪山では、快適を約束してくれます。とくにハーネスなどを装着するガイドとしては、いちいち着たり脱いだりはわずらわしく思います。ナノエアはフリースのように暖かく、風が吹いてもOK。その反面、ヒートアップにしくいので、常に脱ぎ着の手間がなくなってしまいます。
マイナス20℃下の状況でも中間着として問題なかったです。

 

2016年最新!ナノエアライトフーディ新登場!

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト
ナノエアをさらに軽量化・通気性をUPさせた、中間着インサレーション、ナノエアライトフーディがでました。
冬季の行動用中間着として、春秋のアウター・予備装備としてもすぐれたものに仕上がっています。ナノエアが少々暑いという意見から、さらに薄型・軽量化されています。フーディとプルオーバーの組み合わせが、まさにR1フーディのようないでたちになっています。
同シリーズのナノエアライトパンツも履き心地は最適です!

 

新感覚のウェア!ナノエアジャケット

パタゴニアのナノエアジャケット
ナノエアは、外側のシェルに1.3オンス20デニールというかなり薄い、しかも伸縮性のあるナイロンを採用し、裏地には、若干厚め(といっても薄いのですが)の2.0オンス50デニールのストレッチナイロンで動きと強度を維持しています。
ナノパフは、60グラムのプリマロフト・ワンのインサレーションですが、ナノエアには、60グラム・フルレンジ・インサレーションというのを採用し、パタゴニアのソフトシェルでも随一の優れた通気性(40CFM)を実現しています。
シンプルに見えますが、実際見ると縫い目は部分的に違いがあるのがわかります。
肩まわりは動きを柔軟にするためにキルトフリー、脇下はナノパフのレンガパターンで中綿のヨレを防ぎます。フロントパネルは通気性のある太めのキルトパターンです。

 

行動中も停泊中もいい|ナノエアフーディ

ナノエアのフード付。フード付もすごくおすすめ。上にハードシェルや雨具などを着ることをを考えると、ちょっとジャマな部分もありますが、テントや山小屋で就寝時にこのフカフカのフードをかぶると気持ちがいいです♪

ナノエア・フーディ

 

ベストも出たー!|ナノエア・ベスト

やっぱり出ましたね。ベスト。通気性という意味では、インサレーション系のベストでは最強です。ベストはとにかく両腕の上げやすさなどもあり行動中に着ることが多いので、ナノエアのベストという判断はかなりいい線いっています。重さもMs252gとかなり軽量化できますね!

 

パタゴニア セール
 

ガイドが選ぶハードシェルジャケット|おすすめ!パタゴニア

ハードシェル,ジャケット,スーパーセル,リーシュレス,スーパーアルパイン,メンズ,レディース スタイルに合わせてシェルが決まるジャケットの基本はハードシェルです。山をやるなら、防水・透湿・防風・保温の全ての要素を兼ね備え、雨の多い日本では、必携ともいえます。これなしに、ソフトシェルに走るのは、一部のコアな人か初心者ということになってしまします。とはいえ、ソフトシェルほど着心地や通気性のないハ...

≫続きを読む

パタゴニア ソフトシェルジャケットの選び方|ガイドが選ぶソフトシェル

ソフトシェル,パタゴニア,選び方,ガイド,ジャケット アウトドアの快適性を引き出す革命児 ソフトシェルソフトシェルとは、防水性のフィルム(ゴアテックスなど)がレイヤーされていない、主にアウターウェアーの総称ですが、たいていは撥水性や防風性も兼ねていて、多少の悪天にも対応できるものです。しかし国内の場合、雨天が多いフィールドなので、ハードシェルとのコンビ...

≫続きを読む

フリースの基本|パタゴニア R1・R1フーディ

パタゴニア,R1,R1フーディ,プルオーバー,フリース,ジャケット R1といえば、私個人としては、もういまさら言うまでも無いほどの、基本的なウェアです。山にはR1(あるいはR1フーディ)、至極当然系です♪ パタゴニアのフリースでも一番目に選ぶのはR1でしょう

≫続きを読む

すごかったパタゴニア ナノエア|次世代インサレーションシェル

patagonia,パタゴニア,ナノエア,フーディ,ナノエアライト パタゴニアのナノエアはインサレーションなのに伸縮性がものすごくあり、ついでに通気性が通常のシェルよりも抜群に高い、新しいスタイルのシェルです。撥水性・濡れても暖かい保温力・軽量というナノパフの機能を維持したまま、動きやすさと汗(蒸気)の抜けがすごいのです。ナノパフが出たときは革命的だと感じていたので...

≫続きを読む

ガイドがナノパフを選ぶ理由|パタゴニアの先鋭ウェア

ナノパフ,パタゴニア,フーディ,ジャケット,プルオーバー ナノパフがなぜ高い評価を得ているのか?ナノパフの評価は発売当初から高く、クライマーのみならず、どんなアウトドアでも使いやすいウェアです。化繊インサレーションというカテゴリにはいりますが、ここではあえて、ナノパフにだけクローズアップしてみたいと思います。

≫続きを読む

パタゴニアR2ジャケット|ハイブリッド化したフリースの底力

パタゴニア,R2,ジャケット,フリース,メンズ,レディース 2014年R2ジャケットフリースはいっそうのハイブリッド構造と、ポーラテックサーマルプロの採用、テクニカルなカットによる着心地、親指用ループ、細身のジッパーなどにより、さらに進化しています。ハイブリッド化したR2ジャケットの底力はじめてR2を買ったときは、冬場はもうずーっと普段から着ていました。それ...

≫続きを読む

パタゴニアのダウンセーター|選び方・使い方

パタゴニア,ダウンセーター,ベスト,インナーダウン パタゴニアのダウンセーターは高い保温力!そして軽量コンパクトナノパフも推奨しておりますが、それは、ダウンセーター(インナーダウン)がダメだというわけではありません。羽毛の持つ保温力とロフト力において、あったかさと携帯性はピカイチです。私がガイディング中は、確実に寒いコンディションが予想された場合は、...

≫続きを読む

レビュー|パタゴニア フーディニとアルパインフーディニ

パタゴニア,フーディニ,アルパインフーディニ 今までこの手の薄手のシェルは敬遠していました。薄っぺらいわりには値段も高く、あまり使い道が無いのではと思っていました。しかし、それが反対でした。実にいい!ここ数年フーディニのような超薄型のシェルの人気が高いですが、パタゴニアのフーディニはその先駆的なウェアです。なんといっても薄くて軽くて、かつ、着心...

≫続きを読む

パタゴニアのキャプリーンが新しい|2015年モデルの違いと選び方

パタゴニア,キャプリーン,おすすめ,アンダー,ベースレイヤー パタゴニアの化繊アンダーウェアであるキャプリーンがリニューアルしました。従来までのキャプリーン1・2・3・4というナンバー表記から、デイリー・ライトウェイト・ミッドウェイト・サーマルウェイトという名前になったんだけど…!

≫続きを読む

究極的|パタゴニアのウルトラライトダウンジャケット

パタゴニア,ウルトラライトダウン,ダウンジャケット,ウルトラライト パタゴニアのダウンジャケットのなかでも究極的ともいえるウルトラライトダウンジャケット。フーディやベストなどウルトラライトダウンのラインナップが揃っています。極めて軽量、薄型のミニマリスト御用達のハイエンドウェアです。インナーダウンという枠を超えてオールラウンドに使えるモデル。ダウンにおいては、その素...

≫続きを読む

パタゴニアのザック|アセンジョニストパックの評価

パタゴニアのアセンジョニストパック・アーバーパック パタゴニアから2014年に、新しいザックが登場しました。ザックはブログ記事でも紹介していますが、カラダにフィットし、かつ使いやすいという、自分の理想の形というのがなかなか見つかりません。私にとっては、それはウェアを選ぶよりも難しく、常に新スタイルのモデルを追うものの、結局はシンプルでスリムなデザイン...

≫続きを読む

着心地満点!パタゴニアの新しいメリノベースレイヤーが気持ちいい!

パタゴニア,メリノ,ウール,ベースレイヤー,アンダーウェア チクチクがイヤなら「メリノ」にしようパタゴニアのメリノウールを使用したアンダーウェアー。私はとにかくウールのチクチクが大キライで、ウール製品の肌着なんか眼中にありませんでした。が、近年の開発技術というのはすごくて、このパタゴニアのメリノウールも、ほとんどチクチク感を感じないスグレモノに仕上がっていま...

≫続きを読む

パタゴニアのクライミングザック|クラッグスミスパック・クラッグダディ・リンクドパ...

パタゴニア,おすすめ,ザック,クライミング,クラッグスミス,クラックダディ,リンクドパック 今季に入り、パタゴニアのクライミングウェアに対する質が変わってきつつある気がしています。パタゴニアから、クライミング専用にデザインされたザックが3種類でました。クラッグスミスパック35Lとクラッグダディパック45L,そしてリンクドパックです。

≫続きを読む

パタゴニアのトレントシェル|雨対策にレインウェア

パタゴニア,トレントシェル,レインウェア,ストレッチジャケット,プラスジャケット パタゴニアのレインウェア、トレントシェルの紹介です。パタゴニアでは、山用夏用レインウェアとして2015年現在、トレントシェルジャケットJAPANSPECIAL(ジャパンスペシャル)、トレントシェルストレッチジャケットの2種です。どれもH2NOの防水ハードシェルで、2.5層となっています。ゴアテックス...

≫続きを読む

ベスト!?パック!?|フォアランナーベストとナイントレイルズパック

patagonia,パタゴニア,フォアランナーベスト,ナイントレイルズ,パック 長距離ランナー向けの、フィット感バツグンのパックが2種類登場。最小化・軽量化されたパックですが、ウェアと同じ「ナイントレイルズ」「フォアランナー」のネーミングが付いています。ちょっと期待できるサブウェア!

≫続きを読む

実は使える|パタゴニア トレランウェア

パタゴニアのトレランソフトシェル パタゴニア トレランアイテムが使えるウェアここでは、パタゴニアにおけるトレランに有効なアイテムをご紹介します。近年のトレランブームの高まりで、パタゴニアからもトレラン用に開発されたウェアやシューズが出揃ってきました。トレラン用のものは、とにかく、軽量・シンプル・通気性と発汗製を可能な限り追求したモデ...

≫続きを読む

パタゴニア R3とR4ジャケット!違いと評価

パタゴニア,R3,R4,フリース,ジャケット,評価,口コミ,レビュー R3ジャケット R4ジャケット  (`ー´)R3 R4といったフリースは生地が厚く保温力が高いために、発汗が激しい状況では不向きといえますが、厳冬期の稜線縦走や、停滞時の装備として威力を発揮します。また、釣りやキャンプといったフィールドでは、むしろ、暖かくて重宝するでしょう。ダウンなどのようにモコモ...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内