北ア 明神岳東稜

北ア 明神岳東稜

明神岳東稜

山岳ガイド,明神岳東稜,バリエーション,ツアー,募集

 

 

明神岳東稜|Ⅰ峰~Ⅴ峰縦走

 

 

 

明神岳の主峰にダイレクトに突き上げる東稜を登ります。

1日で明神から明神岳を

Ⅰ峰からⅤ峰まで縦走し、

さらに上高地へ下山する長いコース。

すばらしい稜線と明神の迫力を満喫できる

超オススメのルートです。

岩峰のルートグレードは部分3級程度、

それほどテクニカルなルートは続きませんが、

岩場でのスピードが要求される、

経験者向けです。

体力は、前穂北尾根や北鎌尾根、源次郎尾根などと

同等の体力となります。

楽しいよぉ~♪

 


北アルプス 明神岳 東稜 2日間 

9/21(月祝)~9/22(火祝)+1日

 

バリエーション 体力★★★★ 技術★★★★ 定員2名 

コース
1日目:塩尻駅合流…新島々…上高地集合14:00…明神 嘉門次小屋 宿泊
2日目:…東稜…明神岳Ⅰ峰(3931m)…明神岳Ⅴ峰…南西尾根…上高地…(各解散)…新島々駅…塩尻駅
※体力や渋滞考慮して上高地泊で3日目朝に帰るのをおすすめします
※宿泊:嘉門次小屋(夕食・御弁当) 
※不用な荷物は車・もしくは上高地に預けます

 

ガイド料金50000円 
費用目安/70000~円(2名の時1人あたり) 
※総費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

過去の記録

 

 

 

ルート

明神岳の登山ガイドツアー

 

装備

縦走に適した登山靴。岩稜帯を歩きます。
雨具 上下セパレートの防水透湿性のあるレインジャケットとパンツ。
ザック容量 20-30l程度(日帰り分)重さの目安 6-7kg
下着(上下) 朝晩は冷えます。ウールやポリエステルの厚手のタイツとシャツを!小屋も寒いです。
防寒具 フリース、インナー・ダウンなど。ベストなどは腕の動きを妨げませんので、重ね着として活用しましょう。行動中というよりは、小屋などでの使用率が高いかも。
保温ポット 夏でもオススメ。0.3lくらいの軽量なものがベスト。稜線上では風が吹いて寒いことも。水は多めにもっていきます。
手袋 ポリエステル製などの保温グローブを用意します。また、岩稜歩きとしては、指抜きの革グローブが最適。
ウェア 通気性のよい長袖。暑い場合にもアンダーも長袖がいいです。パンツは脚上げのよい伸縮性のあるもの。
着替え(宿泊用) △:縦走中は常に背負いますので、なるべく持たない方向で。
着替え(入浴用) ◎:下山温泉入浴用。宿泊用(初日に上高地西糸屋にデポ)
ヘッドランプ ◎:未明に出発します!電池は新品に入れ替え。
ストック △ 登山口からしばらくは使えます。下山でもほしいです。縦走中は使いませんので、ザックからはみ出るような収納幅が長いストックは不適。
サングラス あったほうがいいです。偏光ならなお良し。
レインスパッツ △:軽量化の観点からいえば不要
行動食

◎ 1日分の動食+非常(コンビニ経由します
※小屋では昼食用として御弁当を頼めますが、各自である程度の行動食を用意します。

そのほか 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール、地図コンパスなど
備考 両日宿泊とも入浴ができます。
ギア類

ハーネス ヘルメット 管付カラビナ スリング120cm

 

※レンタルもあります

 

表妙義山 金洞山|岩場入門

表妙義山縦走 金洞山日帰り表妙義山の金洞山を縦走します。金洞山は、鷹戻しや中之岳など急峻なクサリ場のハイライトを楽しめるエリアです。妙義の迫力ある岩場歩きを楽しみましょう!初めての参加可能です経験などを考慮させていただきます体力・技術について一般の登山体力で歩けますが、高度感があるので、しっかりと岩...

≫続きを読む

表妙義山 星穴岳|★穴探検ツアー!

星穴岳のガイドツアー 表妙義山 星穴探検表妙義山の金洞山からからひときわ目立つ針峰・それが星穴岳です。この峰、懐に大きな穴と小さな穴が空いています。今回はこの星穴岳から懸垂下降して星穴をくぐって見ようという「下降中心」のツアーです。懸垂下降には、なかなか味わえない空中懸垂と、50mのロング下降もありますなかなか楽しいです...

≫続きを読む

北ア 剱岳 源次郎尾根

北アルプス 剱岳 源次郎尾根 2日間 8/18(木)~8/20(土) バリエーション 体力★★★★ 技術★★★★ 定員2名 コース1日目:室道(12:00頃)…別山乗越…剣沢 宿泊(ガイド合流)2日目:…剣沢…源次郎尾根…剱岳(2999m)…別山尾根…剣沢 宿泊(もしくは解散)3日目:別山乗越…室堂...

≫続きを読む

北ア 北穂東稜と前穂北尾根

ガイド,ツアー,北穂高岳東稜,前穂高岳,北尾根,募集 前穂高岳 北尾根と北穂高岳 東稜前穂高北尾根と北穂高東稜のダブル登頂コース。北穂の東稜は北尾根よりもやさしく、そして短いです。北尾根へのステップにちょうど良いコースです。北尾根は未明から出発し、5・6のコルより尾根にとりつきます。ここからロープ・ヘルメットを付けて行動。3峰からが核心であり、楽しくも...

≫続きを読む


初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内