奥多摩 大雲取谷

奥多摩 大雲取谷

奥多摩 大雲取谷

山岳ガイド,登山ガイド,沢登,大雲取谷,奥多摩,日原川,初心者,沢登り,募集奥多摩 日原川 大雲取谷

月 日( )

 

沢登り 初級 体力★★★ 技術★★ 

定員3-4名


コース

奥多摩駅6:30…日原林道…大ダワ林道入り口…大雲取谷…終了点…大ダワ林道…入り口…温泉…奥多摩駅17:00頃
※集合時間間に合わない場合は、御岳駅・奥多摩駅などに前泊ピックアップ。相談ください。
遡行距離4300m 標高差700m

ガイド料金18000円 15000円(3名)
費用目安/20000円(2名の時1人あたり)
※費用(ガイド料を含む)は参加人数に応じて増減します

 

奥多摩の代表的な沢であり、雲取山に突き上げる沢です。比較的遡行距離がありますが、登攀要素は少なめで、水量の多い釜が主体となります。体力は必要です。スケールの大きさをじっくりと楽しみます。

 

場所

580

 

装備

登山靴 沢靴。紐締めがよい。沢用の膝あてや脚絆(ゲイター)も忘れずに下山用に軽量シューズを持っていってもOK。
雨具 防水レインウェア
ザック容量 日帰り用。中は、完全防水パックや大きなビニールでしっかり防水。
下着(上下) マリンスポーツなどのラッシュガードや登山用の化繊もしくはウールの速乾・保温性のあるアンダー。汚れてもいい服装。下はサポートタイツなども良い。
防寒具 ネオプレーンウェアや登山用フリースなど。ダウンは濡れると保温力が無くなるので不向き
靴下 沢用ネオプレーンもしくは登山用 
手袋 濡れても使い勝手がよいもの。革製がよい。指抜きのグローブが登りやすい。
帽子 ◎:ヘルメット下にかぶれるもの。保温用。
着替え(行動用) △:基本、そのまま入渓地まで下山。防寒着を忘れずに
着替え(入浴用) ◎:下山後温泉入浴を予定しています(車内にデポ)
ヘッドランプ
ストック △ ザックに収納可能ならば下山用に1本
サングラス 偏光レンズであれば、水面の反射を防ぎ、水底を見通せて歩きやすいです。
沢用ウェア 沢専用ウェアでなくても、山用ウェアで代用できます。ただし、水を吸い込んだら重くなるようなものはNG(ジャージなど)。膝やスネなどのサポーターもあったほうがいいでしょう。
行動食 ◎ 
そのほか 保温ポット 水筒 常備薬 日焼け止&リップ 保険証 ペーパー・ビニール 虫よけ など
-

-

ギア類 ハーネス ヘルメット 
レンタルあります
 

初心者入門 山のアレコレ情報 クライミング・ボルダリング 雪山情報 山のウェア ガイドツアー ガイド案内